アメリカと日本の歯に対する意識の違い

アメリカと日本の歯に対する意識の違い

アメリカと日本の歯に対する意識の違い

アメリカでは歯科矯正に保険が効く

アメリカでは歯科矯正に保険が効く

日本では、八重歯ガタガタ歯(叢生)出っ歯受け口ガミースマイルなどで悩まれる方がとても多いのが実情です。しかし、欧米では歯並びが悪い方をあまり見かけないのはなぜでしょう。それは、保険制度と文化の違いからくるようです。

アメリカでは、歯並びを治す歯科矯正に保険が適応され、日本よりも安く歯科矯正を受けることができます。それはアメリカの歴史に関係しているようです。

多国籍の方々から成り立つアメリカは、コミュニケーション力が最も重要視されます。自信のあるスマイル(笑顔)は、恋愛、就職、仕事など対人関係において、ステータスの一つとして重要な役割を果たしています。同様に、肥満や喫煙も、ステータスを下げる要因とみられているようです。そのため、幼いうちから親が子供にしてあげる教育の一つとして歯科矯正は位置づけられています。

日本人の歯並びに対する理解力

日本人の歯並びに対する理解力

同じように矯正先進国であるはずの日本。
価値は十分に理解しているものの、病気ではない歯並びは保険が効かず、患者負担100%の自費治療となります。したがって、矯正歯科によって治療代はさまざまです。その治療代や歯科医師の技術力などの違いを、患者側が理解することはとても難しいでしょう。

また、アメリカとは違い、日本の歯科医師もすすめるにあたり、見た目、審美面を改善することではなく、歯並びの悪さから、磨きずらく虫歯や歯周病になりやすい、発音がしにくい、顎関節症を引き起こす恐れなど、機能面、医学的理由で親にすすめることがほとんどかと思います。

さらに、保険が効かないため、強くすすめることも難しいのが現状かと思います。文化としても、日本の気質といいますか、「女性は清楚に口を隠して笑うほうがよい」とか「男性はむやみに歯を出して笑うものではない」などの習慣がまだまだあるように思います。

20歳からでも歯科矯正はできる

20歳からでも歯科矯正はできる

現状もすでにそうなりつつありますが、日本人もグローバル化する現代において諸外国の方々と関わっていくうえでも、コミュニケーション能力は必須です。つつましく笑うことが、逆にビジネスシーンにおいてチャンスを逃す可能性もあるのです。歯並びを治したい理由の多くが下記ではないでしょうか。

  • 就職活動で有利にすすめたい。
  • 接客業のため仕事でもっと自信を持ちたい。
  • 結婚式で最高の笑顔を残したい。

しかし矯正は子供のうちにしておくもの「器具が目立つ」「治療代が高い」「治療期間が年単位」などと諦めている方も多いと思います。こうした悩みを持つ20代から40代の方々は、もう歯科矯正ができないのか?
そんなことはありません。20歳を過ぎてからでも矯正治療は受けられるのです。

歯並びが良くなるとメリットがいっぱい

歯並びが良くなるとメリットがいっぱい

歯並びが良くなることで、さまざまなメリットがあります。

歯磨きがしやすくなり虫歯歯周病口臭のリスクが減ります。発音もしやすくなります。またよく噛めることで消化器への負担が減り、たとえば顎や食道の炎症が減るなどの効果も得られたりします。

こうした機能的な医学的部分だけではなく、頑張ってきれいに治したことで歯に自信が持て、フェイスラインも変わり、笑い方が変わります。すると顔全体の印象が明るくなり、写真撮影などに応じる際も、口元を気にせず全力で応えることができるようになります。

歯がきれいになることで表情筋の使い方が変わり、スマイルラインが美しくなったり、口元に自信が持てることで、髪型やおしゃれに影響が出てきて、ますます美しくなっていく女性もおられます。病気と認定されないものであっても、コンプレックスとして内面にかかえる自信のなさは、それ以外の人生にとても影響を与えるものであります。

どこの歯科医院で治療を受ければいいのか

どこの歯科医院で治療を受ければいいのか

男女問わず歯並びをきれいにすることで、社会進出に有利であることは諸外国ではもはや当たり前なのです。日本でもすでに女性のキャリアアップ、日本における女性の地位向上がせまってきており、審美歯科治療に来られる8割は女性ともいわれております。

しかし、どこの歯科医院に行けばよいのかわからないというのも事実。いまや歯科医院はコンビニよりも多く、自由診療であるため、治療代もさまざまなのが実情です。また最も見えずらい部分として、歯科医師の技術力があげられます。おそらく歯科医師の技術力までは歯科医院を訪ね話を聞いただけではわからないでしょう。こうした理由もあって、諦めてしまっていた方も多いようです。

歯科医院と歯科医師の見極め方

歯科医院と歯科医師の見極め方

歯科矯正の一番のネックであった「適正年齢」「治療機期間の長さ」「高い治療代」これらは、近年の歯科矯正の進歩によって、少しづつ改善されつつあります。歯を支える骨がしっかりしていれば50代、60代でも治療が可能です。

さまざまな技術や器具の開発が進んだことで、目立ちにくく矯正治療を受けることも可能です。多くの歯科医院で普及することで、価格も下がってきました。矯正方法もただ金具をつけるだけの矯正以外にも、さまざまな種類の矯正方法が生まれました。従来のワイヤー矯正のなかでも、少し割高にはなりますが、歯の裏側に器具をつけるタイプ、矯正力はワイヤー矯正より劣りますが、透明のマウスピースを装着することで、周囲からバレずらく、ご自身のタイミングで着脱可能なマウスピース矯正。歯を削るなど自分の歯をいじることになりますが、3週間から6か月で治療代を他の矯正方法よりも安くでき、必要な部分だけの歯並びを治し、色、形、までもきれいにできるセラミック矯正

どの矯正方法においても、メリットデメリットが必ず存在します。これらを明確に提示し、料金、治療期間を治療開始前にはっきりと伝えてくれる歯科医院を選ぶのが失敗しないポイントです。ゴールは同じでも、そこまでのプロセスが異なる場合、患者が治療内容を理解し、納得がいっていないとトラブルの原因になります。高い費用、痛み、長い治療期間を費やすのですから、明確なゴールを、患者、歯科医師、双方が一致する形で納得できるよう治療の説明を受けましょう。

医療は人対人です。気持ちよく歯科治療を受けられるよう、相談しやすく、話しやすい信頼関係のもてる歯科医師を選びましょう。また症例写真を多く載せている、歯科医師も信頼の証になると思います。症例写真=歯科医師の技術力です。医療は患者が主役です。昔ながらの先生が仰け反った医療は終わりなのです。みなさんが治療前に歯科医師を診てください。

歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方


大人からはじめる歯科矯正

大人からはじめる歯科矯正

矮小歯(わいしょうし)とは

矮小歯(わいしょうし)とは

子供でも簡単にできるマウスピース矯正とは

子供でも簡単にできるマウスピース矯正とは

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

歯科治療における保険診療と自費診療の違い

歯科治療における保険診療と自費診療の違い

歯を失った時に受けるべき治療方法とは

歯を失った時に受けるべき治療方法とは

関連記事

オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックで受け口は治るの?

ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

オールセラミックの特徴と治療の種類

オールセラミックの特徴と治療の種類

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

空隙歯列(くうげきしれつ) - すきっ歯

空隙歯列(くうげきしれつ) – すきっ歯

インビザライン

  1. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  2. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  3. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?