ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

ワイヤー矯正中は歯垢が溜まりやすい状態

ワイヤー矯正中は歯垢が溜まりやすい状態

ワイヤー矯正治療中は歯に装置が24時間装着したままになります。そのため、矯正装置をつけていない時に比べてプラーク(細菌のかたまり)や食物残渣が多く付きやすくなるので丁寧なブラッシングが必要になります。

ブラッシングを怠ると虫歯や歯周炎・歯肉炎になり、それらの治療で矯正治療期間が延びてしまったり、矯正治療が中断になってしまうこともあります。

丁寧で正しいブラッシングはとても重要です。汚れが溜まりやすいのはブラケット(歯に接着した四角い装置)の周りやワイヤーの下、歯と歯茎の間です。いつものブラッシング中に鏡を見ながら磨くとそれらの部分にブラシがきちんと当たっているか確認できるので、鏡をみる癖をつけましょう。

ワイヤー矯正時のブラッシングは専用の歯ブラシを使う

ワイヤー矯正時のブラッシングは専用の歯ブラシを使う

矯正治療中のブラッシング時の道具ですが、いつもの歯ブラシの他にワンタフトブラシ歯間ブラシを用意してください。硬さや形、ブラシのヘッドの大きさなどはたくさんの種類があるので、担当の矯正歯科医師に選んでもらってもいいと思います。

そして、具体的なブラッシングの仕方ですが、ブラケットの周りは歯ブラシの毛先を斜め45度に当てるように磨き、ブラシが入らないワイヤーの下はワンタフトブラシや歯間ブラシを使って磨きましょう。また、歯と歯の間の汚れはデンタルフロスを使うのですが、ワイヤーが邪魔になり通せない場所もあります。

そういった場合はワイヤーの下を通すようにして使いましょう。そして、歯と歯ぐきの間もしっかりとブラシを当てて磨きます。この時、歯は奥から1本ずつ順番に磨くと磨き残しがなくなります。プラークは白いため、どこについているのか分かりにくい場合には歯垢染め出し液を使うこともおすすめです。

ブラッシング時の力加減は「シャカシャカ」と軽く音が鳴るくらいで磨くようにしてください。あまりに力をかけすぎると歯や歯ぐきが削れてしまいますし、白いワイヤーを使用している場合は白いコーティングが剥がれてしまいます。

また、歯の表側のワイヤー矯正の場合は汚れが自分の目で見やすいのでブラッシングしやすいですが、歯の裏側のワイヤー矯正の場合は見えにくいので、より丁寧なブラッシングが必要になります。この場合、歯ブラシを使う時はブラシの先の方だけを使い、それがやりにくい場合はワンタフトブラシを使いましょう。

ワンタフトブラシの方が歯ブラシよりも細かい所まで磨けるので適していると思います。また、ブラッシングに加えてフッ素を併用するのもいいと思います。フッ素は脱灰しかけた歯質の再石灰化を促し、健康な歯を虫歯に強く丈夫にします。ただし、フッ素は汚れがついたままの部分には取り込まれないため、しっかりとブラッシングしたあとに使用しましょう。

ガム・キャラメルは矯正装置の破損の原因になることも

ガム・キャラメルは矯正装置の破損の原因になることも

矯正装置がついていると、食事のたびに食べ物が装置にからまります。それを取り除くのも歯ブラシやワンタフトブラシを使うのが望ましいので、常に携帯するようにしてください。爪楊枝や割り箸で取ろうとすると、器具が破損したり取れてしまったりするので気を付けましょう。また、ガムやキャラメルなどの粘着性が強いものは歯ブラシでも取り除くのが困難なため、矯正治療中は食べないようにしましょう。

矯正治療中はどうしてもブラッシングが難しくなるため、ご自分のブラッシング技術に不安を持たれる方は多いと思います。そんな時は担当の矯正医や歯科衛生士のサポートを受け、矯正装置が外れた時に歯並びだけでなく歯面、歯ぐきまで美しいお口を目指しましょう。


歯を失った時に受けるべき治療方法とは

歯を失った時に受けるべき治療方法とは

歯科治療における保険診療と自費診療の違い

歯科治療における保険診療と自費診療の違い

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

歯列矯正中の痛み対策

歯列矯正中の痛み対策

空隙歯列(くうげきしれつ) - すきっ歯

空隙歯列(くうげきしれつ) – すきっ歯

叢生(そうせい) - 八重歯・鬼っ歯

叢生(そうせい) – 八重歯・鬼っ歯

関連記事

アメリカと日本の歯に対する意識の違い

アメリカと日本の歯に対する意識の違い

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

歯科矯正する時の矯正歯科医院と歯科医師の選び方

歯科矯正する時の矯正歯科医院と歯科医師の選び方

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

大人からはじめる歯科矯正

大人からはじめる歯科矯正

インビザライン

  1. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  2. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと