キスをすると虫歯や歯周病がうつる!?

歯科_ハート

虫歯や歯周病はうつる?

意外と知られていないかもしれませんが、虫歯や歯周病はうつるんです。

口の中には60億個の細菌がいる

人間の体は、一本の管のようなものだという考え方があります。その管は、口と肛門を介して外へと繋がっています。そして入口である口は出口である肛門より、菌の種類も量も多く、口には60億個の菌がいると言われています。そのため菌の種類は違いますが、菌の数だけで考えると、肛門より口の方が汚いといえるかもしれません。

口の中にいる細菌は、口腔常在菌、日和見菌、歯周病菌、虫歯菌などに分けられ、口腔常在菌は口の中に常にいる菌、日和見菌は免疫がしっかりついている人の口にはいませんが、例えば子供や、免疫力の落ちている高齢者、病気を患っている方のお口の中にもいます。

歯周病菌は同じく体に害を及ぼす細菌で、全身にさまざまな影響をもたらし、心臓病や、流産などにも関係するといわれています。う蝕菌は虫歯の原因菌のことで、歯の表面に多糖体のバイオフィルムを作り、その内部で増殖して乳酸を作りだし、その乳酸を歯の表面に貯め、歯のエナメル質を溶かしてしまう細菌です。

口の中にいる細菌の数は、唾液1ミリリットルあたり1億個といわれています。またバイオフィルムには、1グラムあたり1000億個も細菌がいます。口の中の細菌数は常にほぼ一定で、イス取りゲームのように、決まった数のイスを取り合っています。問題は良い細菌が多くイスを取るか、悪い細菌が多く取るかによって、健康が左右されてしまうということです。

母親から赤ちゃんに虫歯がうつっている!?

前述の病原菌たちは、生まれたときには存在しません。

ではどこから発生するのでしょう。

一番確率が高いものとして上げられるのが、母親または家族からうつされる菌が多いと言われています。食事を口移しで食べさせたり、同じスプーンを使うことで、菌が赤ちゃんにうつります。

虫歯や歯周病は、感染症と言われています。ウィルスに感染すると風邪になるのと同じです。もちろん恋人同士や夫婦などのキスでも感染ます。大切な家族やパートナーのために、口の中をきれいに保つことは重要です。

虫歯や歯周病がうつらない方法

虫歯や歯周病にならないためにはどうしたらいいか。

唾液のなかには、抗菌物質が入っています。つまり、唾液がでなくなると虫歯や歯周病のリスクが上がるのです。口が乾きやすい人の原因はさまざまですが、加齢、ストレス、緊張、薬の副作用、蓄膿症、鼻炎などが原因で口の乾燥を引き起こしていることが多いです。原因を取り除くことが一番ですが、難しい場合にはできるだけ口が潤うよう、水分補給をまめに行ったり、ガムやあめなどを口に含んで唾液の分泌を促す方法もあります。

もうひとつの虫歯予防歯周病予防は、ご自宅での正しい歯ブラシと歯科医院で受けられる定期的な歯のクリーニングでしょう。なかには歯ブラシの回数や時間はかけているのに、虫歯になりやすくお悩みの方もいます。そういった方の場合、歯ブラシの毛先が正しく汚れに当たっていない場合が多いです。

正しくブラッシングをするためには、ブラシの種類や動かし方にコツがあります。例えばブラシヘッドは小さめ〜大きめにする。歯ブラシの毛はふつう?かため、ボディー(持ちて)はカーブを描くように磨く。歯ブラシの動かし方は左右上下に小刻みにする。強さは25g程度など、口の状態によって変わることもありますので、詳しくは一度、歯科医院に相談することをおすすめいたします。

どんなに自分で歯磨きをがんばっていても、歯石は取りきれません。歯石は専用器具を使って歯科医院で取り除いてもらうことが大切です。歯石が溜まる期間は状態によりますが、おおよそ3〜6か月といわれています。大袈裟にいうと虫歯や歯周病は「感染症」です。まずはうつさない予防が大切ですが、きちんとケアすることで、ご自身にうつった菌をコントロールすることも可能なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 虫歯

    痛くない虫歯治療「カリソルブ」ってなに?

  2. マリリンモンロー風女性

    美容整形せずにプルプル唇に!ラシャスリップの効果とは

  3. ボロボロな歯

    歯がボロボロになってしまう食習慣とは

  4. 審美歯科の教科書ロゴ

    上下顎前突(じょうかがくぜんとつ) | 歯並びの症例

  5. 空隙歯列(くうげきしれつ)-すきっ歯_20160701

    空隙歯列(くうげきしれつ) – すきっ歯 | 歯並びの症例

  6. 笑顔の女性の画像

    なぜ唾液は一日1リットルも分泌されるのか?

  7. 知覚過敏の原因

    歯がしみる!知覚過敏の原因って?

  8. 歯科医師_日本人_女性_20160522

    歯医者が絶対やらない歯のこと

  9. 歯のクリーニングの画像

    予防歯科のススメ

特集記事

  1. 歯のブリッジ治療
  2. 虫歯
  3. 失った歯
  4. 歯_コーヒー_20160629
  5. 口元を隠す

記事一覧

人気記事ランキング

  1. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  2. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正
  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる
  4. 費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正
  5. 歯茎が黒くならない差し歯 セラミック
  6. 出っ歯はセラミック矯正で治せる
  7. セラミック矯正のデメリットとメリット
  8. 高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット
  9. 虫歯でもセラミック矯正はできる
  10. 受け口はセラミック矯正で治せる

当サイトおすすめの記事

  1. ガミースマイル_20160522 ガミースマイルを治すための8つの方法
  2. 審美歯科の教科書ロゴ 上下顎前突(じょうかがくぜんとつ) | 歯並びの症…
  3. 歯科医師が爪楊枝(つまようじ)を使わない理由 歯科医師が爪楊枝(つまようじ)を使わない理由
  4. オーラルケアの正しい基礎知識 オーラルケアの正しい基礎知識
  5. インプラント治療とは
PAGE TOP