セラミッククラウンとは?治療のメリットとデメリットについて

セラミッククラウンとは?治療のメリットとデメリットについて

セラミッククラウンとは?治療のメリットとデメリットについて

セラミッククラウンの治療を受けるのを迷っている人はいませんか? 費用が高額になるだけでなく、将来、長きに渡って使うクラウンであることから、しっかりと慎重に検討したいものですよね。どのような治療でも、メリットとデメリットが両方あります。よくメリットばかりが言及されていますが、同時にデメリットについてもしっかり理解しておくことが、満足の行く治療を受けるために重要です。

そこで今回は、セラミッククラウン、つまりセラミックの差し歯の治療のメリットとデメリットをご紹介します。

セラミッククラウンとは

セラミッククラウンとは

セラミッククラウンとは、セラミック(せともの)のクラウン(被せ物、差し歯)のことを言います。セラミッククラウン法とも呼びます。歯科医院で次のようなシーンにおける歯の治療の際の選択肢の一つです。

  • スポートや事故などで歯が欠けてしまった
  • 大きな虫歯ができてしまった
  • 神経を取ることで歯が黒くなってしまった
  • 古い差し歯が徐々に劣化し黄ばんできた
  • 歯が小さい、大きいのを改善したい
  • 生まれつき歯がグレー
  • 歯が縞模様となるテトラサイクリン歯である
  • 嘔吐癖がある、もしくは柑橘類が好きで歯が溶けてしまった

これらの状況が起きた場合、被せ物の治療が必要になってきます。

保険治療の差し歯の場合、費用を抑えられる反面、金属を使用するためにアレルギーの心配やどうしても偽物のように見える不自然さや金属による歯茎の黒ずみを引き起こしたりします。この欠点をカバーするのがセラミッククラウンによる差し歯です。保険が効かないため、費用の心配から、なかなか第一選択とならないかもしれませんが、それだけ価値があります。

セラミッククラウンの特徴や、メリット・デメリットについて正しく理解し、自分のベストとなる治療を選択しましょう。

セラミッククラウンのメリット

セラミッククラウンのメリット

まずは、セラミッククラウンのメリットについてみていきましょう。セラミッククラウンには次のような利点があります。

自然な仕上がりと高い審美性

セラミッククラウンは、白く透明感のある見た目をしており、天然歯に近しい高い審美性を持ちます。

セラミック自体はほとんど劣化をしないため、きちんと定期健診に通うことで、ずっと美しい状態を維持できます。何千年も前のせとものが、発掘されても汚れを落とせばきれいなままであることがそれを証明していますね。

適合といって歯とのフィット感に優れており、隙間ができにくいため、精度が高く10年の間に作り直す確率は10%以下といわれています。隙間ができると虫歯になりやすいため、隙間ができにくいセラミックは虫歯になりにくい材質といえます。

保険の差し歯のように変色しないため黄ばみの心配がない

セラミッククラウンは、保険の差し歯のようにそれ自体、変色の恐れもありません。

保険の差し歯といえば、レジンがありますが、これはプラスチックなので水分を吸収しやすく、長年使っているとどうしても黄ばみが出てきてしまいます。

セラミッククラウンはせとものをイメージすればわかる通り、水分を吸収することはなく、変色もありません。差し歯も同じようにきちんと磨いてきれいにしていれば、いつもきれいな歯を保てます。

また、金属を使用していないことから、銀歯のように金属が歯茎に溶け出して黒ずみとなる、歯茎の変色のリスクもありません。つまり歯茎も美しく保つことができるということです。

金属アレルギーでも安心して使える

金属不使用のため、アレルギーのリスクが低いのもセラミッククラウンのメリットです。

セラミックは生体親和性の高い材質の一つです。生体親和性とは、生体に異物が入り込んできたときに起きる体の反応の起きにくさの度合いです。生体親和性が高いほど、体になじみ、無害ということです。金属は金属イオンが溶け出し、体内に侵入すると、異物と認識し、体がアレルギー反応を起こすことがあります。これが金属アレルギーです。しかしセラミックという材質は、生体親和性が高く、アレルギーの心配もありません。そのため、金属アレルギーの方でも安心して利用することができます。

セラミッククラウンのデメリット

セラミッククラウンのデメリット

一方、セラミッククラウンには、デメリットもあります。その欠点やリスクを知っておくことも重要です。

欠けるリスクがある

セラミッククラウンは、昔から強度に劣り、欠けやすいといわれてきました。もちろん、今でもそうした欠けるリスクはゼロではありませんが、昔よりもセラミックは随分進化しており、セラミッククラウン自体の質も挙がり、割れたり欠けたりするリスクが少なくなりました。

とはいえセラミッククラウンの中でも、金属などのフレームを使わず、セラミック100%の材質のオールセラミッククラウンになると、他の差し歯の素材と比べると強度は落ちてしまいます。

金属のクラウンと比べると歯を削る量が多くなる

セラミッククラウンは、金属のクラウンと比べると、歯を削る量が多くなりがちです。なぜなら、セラミッククラウンは先にも述べた通り、強度に劣るため、その分厚みが必要になるためです。

クラウン自体に厚みがあると、どうしても被せる側の歯の土台のほうを小さくしなければなりません。つまり健康な歯を多く削ることになるのです。健康な歯を削ることは、すなわち歯の寿命を縮めることになり、将来の神経の除去、歯の欠損のリスクも高まることになります。

近年では、歯をできるだけ削らない方針を示している歯科医院も増えており、セラミッククラウン治療でも慎重に行われているのが一般的です。削る量はセラミッククラウンの材質の種類によっても変わってきますので、どのくらい削るのか、歯科医師にカウンセリング時などに事前に確認しておきましょう。

噛み合う歯を研磨する可能性がある

セラミッククラウンは、天然の歯よりも硬いことから、噛み合わせる歯に対して研磨してしまい、傷をつけてしまう可能性があります。

保険の差し歯と比べると値段が高い

セラミッククラウンは保険が適用されません。そのため、保険適用の銀歯などの差し歯と比べて、値段が高いというデメリットがあります。

クリニックによってセラミッククラウンの値段にはバラつきがありますが、おおむね一本当たり9~15万円が多いです。材料代も高く手間もかかる治療なのですが、歯科医院の見積が安すぎたり、高すぎたりする場合には、きちんとその理由を歯科医院に尋ねるようにしましょう。

セラミッククラウンの治療期間と通院回数

セラミッククラウンの治療期間と通院回数

セラミッククラウンの治療回数は26回程度です。

歯の状態によっては神経治療が必要だったり、歯茎を整えたり、虫歯の治療を併用したりホワイトニングなどの別の審美治療を併用したり、一本では治療が困難なことがあり、回数が多くなり、治療期間も延びることもあります。多くの場合、およそ4回程度で治療が終了する場合が多いです。期間でいえば、1ヶ月~2ヶ月くらいになるでしょう。

治療期間は、後ほど説明する治療の流れの各治療ごとに12週間程度感覚を空け、歯や歯茎の治癒経過をみながら進めていきます。つまり回数掛ける12週間となります。たとえば4回の通院で終了する場合、「4回×2週間」となり、およそ8週間(2ヶ月)という期間が必要です。

このように審美歯科治療は、12回でパッと終わるような治療ではないことから、結婚式や就職活動など、予定に合わせたい場合には、治療期間を加味しながら治療をスタートするとよいでしょう。回数も費用もかかりますので、安心して任せられ、何でも尋ねられるクリニックと歯科医師を選ぶことが重要です。

セラミッククラウンの治療の流れ

セラミッククラウンの治療の流れ

続いて、セラミッククラウンの治療の流れを、手順と共にそのやり方を知るためにみていきましょう。

カウンセリングと治療計画のご提案

初回は、歯科医師による診察、診断、カウンセリングと治療計画の提案が行われます。

審美歯科や矯正歯科では、治療費が高額になることから、ちょっとした虫歯治療で通う一般歯科と比べて、治療計画を入念に立てることが重要になってきます。また、人によっては大掛かりな治療になることもありますし、口元の見た目がガラリと変わる、大きな変化となることもあります。

このことから、治療法は特に入念に選ぶ必要が出てきます。そのためには、まず患者様が長年悩んできた、もしくは現在の悩みの大きくなっている部分について歯科医師に話し、どのような結果を望んでいるのかはっきり伝えることが大切です。

そして、それに基づき、口の中の専門的な見地からの確認・診断を踏まえて、歯科医師から最適な治療を提案してもらいます。このとき、レントゲンを撮ることもあります。治療法が問題なければ、スケジュールを立てて、具体的なセラミッククラウンの種類などを決めていきます。

必要に応じて、虫歯や神経の治療

治療計画が立った後、初回の治療時に、必要に応じて虫歯や神経の治療を行います。

例えば、虫歯が原因で歯を大幅に削ることになり、セラミッククラウンを装着するというケースがありますが、この場合、先に虫歯治療を行うことになります。また、虫歯が広範囲に広がっており、大きく削る必要がある場合、神経を除去する必要があることもあります。その場合、神経の根管治療が必要になります。

また、すでに銀歯など以前入れた差し歯が入っている場合、それを除去します。

仮歯の装着

虫歯や神経の根管治療が済んだら、いよいよ仮歯を装着します。仮歯はセラミッククラウンを作成するまでに装着して生活するために必要になるものです。仮歯を装着するためには、まず土台を形成する必要があるため、歯が残っている場合はセラミッククラウンが被る程度の量まで削って整えます。もし歯が欠損して残っていない場合には人工の土台であるコアを埋め込みます。そして本番のセラミッククラウンの差し歯が入るまで、代わりに仮歯を差して過ごします。

虫歯治療から土台形成、仮歯装着まで、1日で終える場合もあります。およそ1時間前後かかるでしょう。

そのまま、仮歯を入れたら帰宅し、個人差はありますが2週間程度は仮歯で過ごします。いってみればトライアル期間です。仮歯期間中はできるだけ、せんべいのような硬すぎるもの、ガムやお餅などのくっつきやすい粘着性の高いものは避けるようにしましょう。仮歯が取れる可能性があります。もし取れてしまったら、すぐに歯科医院へ持っていきましょう。

仮歯期間中ももちろん、歯磨きを丁寧に行います。ただし、フロスで仮歯の隙間を強く引き抜くようなことは避けましょう。

仮歯をある程度使ってみたら、そのまま歯型取りに進みます。

歯型取り

歯型取りでは、使ってみた仮歯をもとに、歯型を取ります。型取り材料を用いて口や歯の状態をコピーし、セラミッククラウン製作に使用します。また、歯型取りと共に、自分の他の天然歯と合った歯の色を選ぶために、色決めも行います。これら全体でおよそ1時間程度かかります。

セラミッククラウンの製作

セラミッククラウンの歯型取りが終わったら、その歯型を元に形を作り、希望の色通りに技工所で製作します。およそ1つのセラミッククラウンにつき、2週間ほどかかります。

近年、歯型を取って技工所で製作する方法ではなく、最短1時間でセラミッククラウンができあがる方法もあります。口の中の撮影写真を元にコンピューター画面上で設計したものを用いて、セラミックのブロックから歯を削り出す「セレック」という歯科治療システムです。

セラミッククラウンの装着

セラミッククラウンができあがったら、再び通院して、仮歯を外してセラミッククラウン を装着します。一度はめてみて、歯の形、噛み合わせ、色などが問題ないかを入念にチェックします。そこで問題がなければ、セメントと呼ばれる専用接着剤でしっかりと接合させ完了です。これらの作業では1時間程度かかります。

噛み合わせなどの最終確認

およそ2週間後に再度通院し、セラミッククラウンの最終確認を受けます。噛み合わせのチェック、しっかりとセラミッククラウンがはまっているか、隙間なくフィットしているかの適合のチェック、接着剤のセメントの取り残しがないかのチェックを行います。

また、セラミッククラウンの日々の歯磨きや食生活の注意点などのアドバイスも受けます。もちろん、何か質問があればこのときにしましょう。この最終確認は30分程度で終わります。

【まとめ】セラミッククラウンとは?治療のメリットとデメリットについて

今回は、セラミッククラウンの治療のメリットとデメリットや、治療期間・回数、治療の流れなどを詳しくご紹介してきました。

いまではセラミッククラウンの治療を受けたいと思っている人は多いのではないでしょうか。実際、多くの人が治療を成功させているのを見ることもあるでしょう。成功させるためには、患者様自身が何より正しい知識とメリットとデメリットの両方をよく確認しておくことです。後悔のないセラミッククラウンの治療を受けるためにも、ぜひ前知識を正しく持っておきましょう。


黄ばんだ歯にならないための予防法とは

黄ばんだ歯にならないための予防法とは

ティオン ホームホワイトニングとは

ティオン ホームホワイトニングとは

歯のホワイトニングで失敗しないコツ

歯のホワイトニングで失敗しないコツ

ガミースマイルの原因と9つの治療法

ガミースマイルの原因と9つの治療法

ホワイトニングをすると歯が脆くなる!?

ホワイトニングをすると歯が脆くなる!?

PMTC(歯のクリーニング)とは

PMTC(歯のクリーニング)とは

関連記事

もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

歯医者に聞いてみた!歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正なの?

歯医者に聞いてみた!歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正なの?

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

黄ばんだ歯にならないための予防法とは

黄ばんだ歯にならないための予防法とは

子供のガミースマイルはいつから歯列矯正するといいの?

子供のガミースマイルはいつから歯列矯正するといいの?

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

インビザライン

  1. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

  2. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  3. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット