PMTC(歯のクリーニング)とは

歯のクリーニング_外国人_女性_20160523

PMTC(歯のクリーニング)の目的

歯磨きをしない方は、ほとんどいないと思います。歯磨きで落としているのは、主に歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。これが長期間口の中に停滞すると歯石となります。こうして悪物質の影響で、虫歯や歯周病になりやすくなるといわれています。

歯石はご自身の歯ブラシだけでは除去できません。したがって専用機器を使用したプロケアが必要になります。歯科医院で受けられるPMTC(歯のクリーニング)はこうした予防目的だけではなく、日々の食事や嗜好品でついた着色物やステイン、茶渋、たばこのヤニなども一度に短期間で、取り除くことができます。さらに歯のクリーニング後に、汚れをつきにくくするコーティングや、日々の歯ブラシでプラークや着色を溜めないための指導も受ける事ができます。まつ毛エクステ、ネイルサロン、美容院、エステで定期的に髪や爪、体をケアしてあげるように、ご自分の歯の持つ本来の美しさを取り戻し、病気に強い歯になるようにしてあげましょう。

PMTC(歯のクリーニング)治療の特徴

ホワイトニングが髪の毛でいうとブリーチに近いのに対し、歯のクリーニングはシャンプーに近いイメージで捉えやすいでしょう。歯の表面についてしまった物理的汚れを落とすのが歯のクリーニングの特徴です。歯のクリーニングを定期的に受ける事により、虫歯予防歯周病予防ができ、口臭予防にもなります。

こんな方にオススメ

  • 歯の表面の着色、ステイン、茶渋、ヤニでお悩みの方
  • 自分の歯を削ったりすることなく、長持ちさせたい方
  • 口臭が気になる方
  • これから虫歯、歯周病治療を受けられる方

治療のできる人・できない人

年齢性別制限なく、学生、子供でもどんな方でもご利用いただけます。歯のクリーニング時、どんな方でも出血が起こるため、出血が止まりづらい方は事前にお薬を飲む必要があったり、担当の医科の先生との連携が必要な場合があります。詳しくは歯科医師にご相談ください。

治療のメリット・デメリット

ご自身の歯はそのままに、ついてしまった茶渋、ヤニ、歯垢、歯石、ステインなどを取り除きます。これにより虫歯予防、歯周病予防、また審美的に短期間で一気に美しい歯になることができますが、ホワイトニングや差し歯と違って、歯の色、形、並びなどを変えることはできません。どなたでも時間の経過とともにまた着色物は着きますので、定期的に歯のクリーニングをしていく必要があります。

PMTC(歯のクリーニング)治療の流れ

治療時間は1〜1.5時間程度です。

1.専用器具、薬剤を使用し、歯ブラシでは取りきれない、歯周ポケット内も含めた歯石、歯垢の除去

2.歯にこびりついた着色、ステイン、ヤニ、茶渋などの除去する歯面研磨

3.着色をつきにくくしたり、虫歯予防を目的としたフッ素などのコーティング剤塗布

※特に術後制限はありませんが、フッ素を塗布した後は、できれば30分程度、うがい、飲食は控えるようにしてください。

歯のクリーニングを受ける事は、将来の歯の病気に対しての予防となります。定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受け、生涯にわたって健康な歯を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 白い歯のビフォーアフター

    黄ばんだ歯にならないための予防法とは

特集記事

  1. 歯の模型と人
  2. マウスピース矯正装置を装着する画像
  3. 口元を隠す
  4. きれいな歯並び_20160523
  5. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの

記事一覧

人気記事ランキング

  1. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  2. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正
  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる
  4. 費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正
  5. 歯茎が黒くならない差し歯 セラミック
  6. 出っ歯はセラミック矯正で治せる
  7. 高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット
  8. セラミック矯正のデメリットとメリット
  9. 虫歯でもセラミック矯正はできる
  10. ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せる

当サイトおすすめの記事

  1. 日本人女性_歯みがき フッ素コート歯磨きジェル「ジェルコートF」で虫歯・…
  2. 外人 南青山矯正歯科クリニック 2016/1/1 芸能人は歯が命!?「アパガード リナメル」歯磨き粉…
  3. 歯ブラシ 審美歯科医師がすすめる歯ブラシ「ルシェロ」
  4. 虫歯 痛くない虫歯治療「カリソルブ」ってなに?
  5. 歯_コーヒー_20160629 アメリカと日本の歯に対する意識の違い
PAGE TOP