オールセラミックとインプラントは治療内容で選択肢が変わる

オールセラミックとインプラントは治療内容で選択肢が変わる

オールセラミックとインプラントは治療内容で選択肢が変わる

歯を美しくしたり、整えたり、白くしたりする治療法は多くありますが、なかでも最近、よく耳にするのが、オールセラミックとインプラントです。どちらか一方を選ぶとしたら、こっちがいいと思うことがあるかもしれませんが、実はオールセラミックとインプラントでは、歯の状態によって治療内容の選択肢が変わってくるのです。

オールセラミック、インプラントそれぞれの治療法について知り、歯の状態や治療内容によってどちらが選択されるのか確認していきましょう!

オールセラミックはどんな治療?

オールセラミックはどんな治療?

オールセラミックとは、セラミックの素材100%で作られた補綴物(ほてつぶつ)のことです。補綴物とは、歯の被せ物や詰め物などのことで、欠けた歯を補う人工物のことです。

セラミック100%であることのメリットは、金属を一切使用していないため金属アレルギーの心配がないことや、自然の歯に近い見た目で美しいこと、変色がないことなどがあります。金属アレルギーや変色、審美性の面から銀歯などの金属の補綴物が使えない場合におすすめされています。オールセラミックには、詰め物のオールセラミックインレーや被せ物のオールセラミッククラウンなどがあります。

インプラントはどんな治療?

インプラントはどんな治療?

インプラントとは、歯を失ったときに用いられる治療法で、その失った歯が生えていた顎骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミックなどの人工歯を取り付ける手法のことです。

手術でしっかりと顎骨に埋め込むため、入れ歯と比べて安定感があり、まるで自分の歯のように食事などが行えたり、見た目が自分の歯のように見えたりするなどのメリットがあります。最近では、短時間で痛みや腫れなどがほとんどないインプラント治療法も出てきており、敷居が低くなっています。

歯の状態によってオールセラミック治療かインプラント治療かの選択肢が変わる

歯の状態によってオールセラミック治療かインプラント治療かの選択肢が変わる

このオールセラミックとインプラントの治療は、歯の状態によって選択肢が変わってきます。主な歯の状態について、どちらが選択肢となるのかご紹介します。

歯並びを綺麗にしたい場合

もし、自分の歯が残っていて歯並びを綺麗にしたいという場合は、オールセラミック治療が選択肢に挙がってきます。他にも歯並びを直す方法にはワイヤー矯正やマウスピース矯正などの方法がありますが、セラミック矯正というセラミックの素材を使用した人工の歯を被せることで歯並びを綺麗にする方法があります。オールセラミッククラウンを使用すれば、自然の歯に近い、より美しい歯が実現します。

歯を白くしたい場合

もし、自分の歯の黄ばみなどが気になり、歯の色を白くしたいという場合は、一般的にはホワイトニング治療が選択肢として挙がってきます。ホワイトニングとは歯の表面に薬剤を塗り、特殊な光を当てることで歯を白くする方法です。つまり自分の歯の色を直接白くします。しかし、ホワイトニング以外にも、オールセラミッククラウンを自分の歯に被せることで、白くしてしまう方法もあります。

歯が欠けてしまった場合

もし、スポーツや事故などで歯が欠けてしまった場合、ここでもオールセラミックが選択肢に挙がります。「インプラントは使えないの?」と思うかもしれませんが、インプラントは先ほどもご説明した通り、歯を完全に失った後に、顎の骨にインプラントを埋め込む方法のため、歯が多く残っている場合には基本的に適用しないことが通常です。

歯が欠けたときは詰め物をするのが一般的で、オールセラミックを使う場合、詰め物のオールセラミックインレーを詰めて治療します。

歯がない場合

虫歯など、何らかの原因で歯を失ってしまった場合、インプラントが治療の選択肢として挙がってきます。ここではオールセラミックインレーやクラウンは選択肢には挙がりません。なぜならセラミック治療は、自分の歯を削り、そこに被せる治療法であるため、被せる歯が必要であるためです。歯がない場合は、インプラントのほか、ブリッジや入れ歯などの治療が選択肢となります。ただ、インプラントで取り付ける人工の歯をオールセラミッククラウンにすることはできます。

ちなみにブリッジとは、歯がない部分に人工の歯を埋め込むときに、両隣の歯を削って土台として橋渡しするように歯を補う方法です。例えば、歯が1本だけない場合、両隣の歯を合わせて3つの歯が連なった入れ歯のようなものをはめ込みます。入れ歯は、床(しょう)という土台付きの人工歯を金属のバネで口の中に固定するものです。

【まとめ】オールセラミックとインプラントは治療内容で選択肢が変わる

このように、オールセラミックとインプラントは、歯の状態によって治療内容の選択肢が変わってきます。オールセラミッククラウンを希望していても歯がなくて適用できないということもありますので、希望する場合にはまず、歯の状態を歯科医師に診てもらいどのような選択肢があるのか教えてもらいましょう。


オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

妊娠中でもオールセラミックの治療はできるの?

妊娠中でもオールセラミックの治療はできるの?

前歯の出っ歯・すきっ歯はオールセラミックで矯正できる?

前歯の出っ歯・すきっ歯はオールセラミックで矯正できる?

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

関連記事

オールセラミックの治療をする最適な年齢は?高校生でもできるの?

オールセラミックの治療をする最適な年齢は?高校生でもできるの?

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックで受け口は治るの?

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

オールセラミックの値段と特徴

オールセラミックの値段と特徴

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

インビザライン

  1. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  2. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  3. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット