オールセラミックの値段と特徴

オールセラミックの値段と特徴

オールセラミックの値段と特徴

白くて透明度が高い、美しい歯を手に入れることができるオールセラミックの治療を受けたいと思っている方はいませんか?

でも、オールセラミックは費用が割高になるという噂を聞いて、治療を受けるのを迷っているかもしれません。確かにオールセラミックは魅力的ですが、総合的にかかる値段のことをよく踏まえた上で、治療を受ける必要があります。そこで今回は、オールセラミックの治療の特徴や治療費、その他の差し歯の費用との比較などを行っていきます。ぜひ参考にしてみてください。

オールセラミックの特徴

オールセラミックの特徴

オールセラミックの治療とは、100%セラミックの人工の歯を用いる方法です。欠けた歯に詰めるオールセラミックインレー、差し歯として用いるオールセラミッククラウン、失った歯に橋をかけるようにして補うオールセラミックブリッジなどがあります。

オールセラミックは、金属などと比べて強度が劣ることから、厚みのあるものを装着する必要があります。そのため、上前歯をオールセラミックにする場合、オールセラミックの歯を被せる前に、噛み合わせの調整として下の歯を削る場合があります。

歯を削った後は、型取りをして本歯ができるまで仮歯を入れて過ごします。また、歯を削るときに大きく削る必要があるケースでは、痛みが出ることから、歯の神経を抜く必要があることもあります。その場合、神経治療が必要になります。

オールセラミックの値段と相場

オールセラミックの値段と相場

このようなオールセラミックの治療を受ける際には、いくらくらいの値段になるのでしょうか。費用相場を確認しておきましょう。

まず、知っておきたいのが、オールセラミック治療にかかる費用の内訳です。主に、次の項目があります。

  • 本歯代
  • 仮歯代
  • 土台・芯代
  • 神経治療代
  • 抜歯代
  • 本歯の形やデザインのオーダーメイド代

基本の費用は、本歯と仮歯代と考えましょう。プラスして、オールセラミックの色や形などのデザインをオリジナルで行いたい場合には追加費用が発生することがあります。また、神経を抜く必要がある場合は神経治療、抜歯の必要がある場合は抜歯の費用がそれぞれ必要になります。また抜歯をした場合、本歯の土台や芯となるものが必要になることから別途費用がかかります。

そして、本歯には、クラウン、インレー、ブリッジと用途に応じて種類が異なるため、費用も変わってきます。項目別の費用相場は次のようになります。

治療に必要となるもの

本歯について

  • オールセラミッククラウン 約8万~18万円/本
  • オールセラミックインレー 約3万~5万円/歯
  • オールセラミックブリッジ 約12万円~15万円/3連結

仮歯について

  • 仮歯代 約8千円/本

歯の状態や仕上がりの希望によって必要となるもの

土台・芯について

  • 土台・芯代約 2万円/本

神経治療について

  • 神経治療代 約1万円/本

抜歯について

  • 抜歯代 約1万円/本

本歯の形やデザインのオーダーメイドについて

  • 本歯の形やデザインのオーダーメイド代 約10万円/本

これらはすべて1本当たりの費用相場になるため、2本、4本、6本となればその本数分だけ費用がかかります。また、歯医者によっては、4本以上であればセット価格になるなど、割引になることがあります。

おおよその総額費用の目安を知るために、前歯2本の例をご紹介します。

【例】前歯2本をオールセラミッククラウンにする場合(神経を抜く必要がある場合)

本歯:オールセラミッククラウン 10万円×2本 + 仮歯:8千円×2本 + 神経治療:1万円×2本

合計:23.6万円

他の治療方法との値段の比較

他の治療方法との値段の比較

次に、オールセラミックの材質以外の治療方法と値段の比較をしてみましょう。

ここでは、ジルコニアを使ったクラウンやインレー、メタルボンドクラウン、ハイブリッドの素材を使ったクラウンやインレーの本歯の費用相場をご紹介します。

ジルコニアの特徴と値段

ジルコニアという素材は、人工ダイヤモンドと呼ばれているくらい、強度の高い素材です。オールセラミックと比べて値段も高いのが特徴です。

ジルコニアを使った差し歯は、ジルコニアセラミックが主流です。これは歯の内部がジルコニアで作られており、外側がオールセラミックで作られているものです。クラウンとインレーそれぞれあります。ただし、ジルコニアは硬いので細かい加工がむずかしいことからジルコニアインレーはあまり使用されません。

  • ジルコニアセラミッククラウン 約10万~20万円/本
  • ジルコニアインレー 約4万~6万円/歯

メタルボンドの特徴と値段

金属のフレームにセラミックを焼き付けたメタルボンドは、オールセラミックと比べて強度が高い特徴があります。費用はオールセラミックと比べて少し安いのが特徴です。

金属を使用しているため、金属アレルギーの方は使用できません。また経年劣化で金属が歯茎に溶け出し、ブラックマージンと呼ばれる黒っぽい変色した状態になることがあります。

  • メタルボンドクラウン 約8万~15万円/本

ハイブリッドセラミックの特徴と値段

ハイブリッドセラミックは、コンポジットレジンという歯科用プラスチックとセラミックを混ぜ合わせたもので、クラウンとインレーがあります。プラスチックを使用している分、オールセラミックより安いのが特徴です。また、一部保険適用されるため、より安価になります。しかし、欠点としてレジンは水分を吸収しやすいため、黄ばみやすいという点と経年劣化をします。

  • ハイブリッドセラミッククラウン 約4~8万円/本(保険適用で約1万円/本)
  • ハイブリッドセラミックインレー 約3万円/本

オールセラミックを安く治療する方法

オールセラミックを安く治療する方法

オールセラミックは、ジルコニアセラミック以外と比較すると費用が高額になることが分かりました。4本以上になると100万円を超えることになる場合もあります。そこで、オールセラミックの治療をできるだけ安くする方法を知っておきましょう。

基本的に、セラミック治療を安く受けるには、審美歯科や矯正歯科の「モニター制度」を利用するのをおすすめします。よくホームページに症例写真や体験談が載っていますが、こうした写真や文章の協力をすることで、通常より治療費が安くなる制度を設けているところが多いです。ホームページに「モニター募集」というページが用意されていることがありますので、確認してみましょう。

また高校生や大学生がいくらか割引になる「学割」制度を設けている歯医者もあります。学生の方は確認しておきましょう。

ただし、いくら費用を下げたいからといって「激安」「格安」といった表示だけに惹かれて契約するようなことはせず、なぜ安くなるのかの理由をしっかりと知った上で納得できた場合のみ契約するようにしましょう。

また「最安値」と書かれている場合、歯の状態によっては別費用がプラスでかかってくる可能性があるということですから、実際にかかる「総額の費用」を見積書で出してもらうようにしましょう。

保険が効く差し歯はあるの?

保険が効く差し歯はあるの?

差し歯そのものの費用を抑えたい場合、保険適用される差し歯を利用するという選択もあります。保険の差し歯には主に次の3つがあります。

  • 銀歯 約3千~5千円/本
  • 硬質レジンジャケット冠 約3千~6千円/本
  • 硬質レジン前装冠 5千~1万円/本

硬質レジンジャケット冠は、レジンという硬いプラスチックだけを使用した差し歯で、金属は使われていないのが特徴です。金属アレルギーの方でも使用できます。硬質レジン前装冠はレジンと共に金属を使用したもので。金属フレームにレジンを盛り付けて作られます。

オールセラミック治療で口コミの評判がいい歯医者は?

オールセラミック治療で口コミの評判がいい歯医者は?

オールセラミック治療を受ける際には、やはり口コミの評判が高い歯医者を選びたいですよね。そんな安心できる歯医者を選ぶ際には、費用はもちろん、それに関連することをチェックしてみましょう。

例えば、公式ホームページの料金表のページに保証期間が明記されていると安心です。また医療ローンで分割払いを組むことができるなど、患者様に対して利用しやすくする配慮がなされていれることも、大きな判断ポイントです。

実際、そのような歯医者は口コミの評判もいいことが多いです。気になる歯医者があればオールセラミック治療の口コミを見つけて、よく確認しておきましょう。

オールセラミックは医療費控除の対象?

オールセラミック治療は高額医療となるため、医療費控除の対象になるのか気になる方もいるのではないでしょうか。医療費控除とは、確定申告時に1年間にかかった医療費の合計を申請すると、税金が戻ってくることがある制度です。一定の算出方式に基づいて所得税や住民税から税金が一部免除になります。

しかし、オールセラミック治療がすべて医療費控除の対象になるとは限りません。基本的に見た目を美化する審美目的の治療の場合、医療費控除の対象にならないためです。

審美目的ではなく、例えば、噛み合わせが悪いことでうまく咀嚼ができないという理由で、オールセラミッククラウンの差し歯に変えて噛み合わせを良くした、という場合、生活に必要なことと判断され、医療費控除も対象になります。

しかし、実際はケースバイケースですし、あまりに高額だと控除の対象にならないこともありますので、医療費控除の対象になるかどうかは、治療を受けた歯医者へ問い合わせて確認しましょう。

【まとめ】オールセラミックの値段と特徴

今回は、オールセラミックの値段と特徴をご紹介してきました。オールセラミック治療は保険が適用されない自由診療ですので、歯医者によって大きく異なります。今回の相場はあくまで目安として参考にしてみてください。

またオールセラミックは内容によっては高額になるため、トータルの費用で比較するのをおすすめします。費用をできるだけ安くする方法を探してみるといいでしょう。


オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

前歯の出っ歯・すきっ歯はオールセラミックで矯正できる?

前歯の出っ歯・すきっ歯はオールセラミックで矯正できる?

芸能人の白い歯はオールセラミック?

芸能人の白い歯はオールセラミック?

オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

関連記事

もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

妊娠中でもオールセラミックの治療はできるの?

妊娠中でもオールセラミックの治療はできるの?

セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント

セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

奥歯の詰め物・被せ物にオールセラミックは使えるの?

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

インビザライン

  1. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  2. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと