オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックというと白く透明度の高い、美しく自然な歯というイメージがありますが、デメリットがあるのをご存知でしょうか。これからオールセラミックにしたいと考えている方は、ぜひ知っておきましょう。メリットと合わせて再確認してみてくださいね。

オールセラミックとは

オールセラミックとは

オールセラミックとは、セラミック100%でできている素材を使った人工の歯のことで、詰め物のオールセラミックインレーや差し歯のオールセラミッククラウンなどがあります。欠けた歯や歯の矯正などの目的で、歯に詰めたり被せたりするために使われます。

また、自分の口の中の詰め物や被せ物すべてをオールセラミックにするという意味で使われることもあります。

セラミックとは陶器と同様の素材です。オールセラミックの歯は、白く透明感が高いことから、天然の歯に近く、美しい歯を実現することができるため、非常に審美性が高いのが特徴です。

オールセラミックのデメリット

オールセラミックのデメリット

オールセラミックはとても美しく、ぜひ選びたい素材ですが、欠点もいくつかあります。メリットだけでなくデメリットもよく理解しておくことが、オールセラミックの治療で失敗しないコツでもあります。ぜひチェックしておきましょう。

歯を削る必要がある

一番の懸念点といわれるのが、セラミックの歯を被せるときに、健康な歯を削る必要があることです。なぜ歯を削る必要があるのかというと、強度を保つためにある程度の厚みを持って、元の土台となる歯にしっかりと差し歯を被せる必要があるためです。特にオールセラミックの素材は割れやすいことから、より厚みがあったほうが割れにくくなるため他の素材より多く削る可能性が出てきます。

陶器のお皿をイメージすれば分かりますが、薄いお皿よりも厚いお皿のほうが割れにくいですよね。それと同じように、厚みがあったほうが割れにくくなります。例えばオールセラミッククラウンも、できるだけ厚みがあったほうが割れにくく耐久性が高くなります。そのため、オールセラミッククラウンは厚くつくられておます。しかし、歯を削ることは歯の寿命を縮めることにつながるため、できる限り最低限で削ってもらえる、治療経験が豊富な歯科医師の治療を受けることをおすすめいたします。

神経を抜く可能性がある

歯を削る量によっては、神経を抜く必要が出てくることがあります。なぜなら、歯を削る量が増えると、歯の一番外側のエナメル質を超えて、内側の象牙質というやわらかい部分まで削らなければならなくなります。

しかし、その象牙質のなかには歯髄(しずい)という神経や血管が複数集まった部分が存在します。もし象牙質の削る量が増えてしまうと神経に近づくため、どんどん痛みが増してきます。また、歯髄にまで到達して歯髄まで削る必要が出てくるケースもあります。その場合、痛みが出ないように神経を抜く必要があります。もちろん、削る量が少なければ、神経を抜かないで済むこともあります。

噛み合う自分の歯が削れてしまう可能性がある

オールセラミックの素材は、陶器のお皿のように硬い素材です。自分の歯と比べても硬いため、オールセラミックの詰め物や被せ物をすると、噛み合わさる自分の歯に負担が大きくなることがあります。すると、場合によっては、オールセラミックによって噛み合わさる天然歯が削れてしまう可能性もあります。

割れやすく欠けやすい

先ほどもお伝えしたように、オールセラミックの歯は割れやすく欠けやすいデメリットもあります。最近では、オールセラミックも改良されており、ちょっとやそっとでは割れたり欠けたりすることはありませんが、強く噛み締めると割れたり欠けたりすることがあることは覚えておきたいところです。特に歯ぎしりや食いしばりが強い方は注意が必要です。

オールセラミックのメリット

オールセラミックのメリット

オールセラミックには、デメリットを補うだけの長所もあります。その複数のメリットをみていきましょう。

金属アレルギーでも装着できる

オールセラミックは100%セラミックでできているため、金属は一切使われていません。保険診療で使われる銀歯などの金属の詰め物や被せ物を入れると、人によっては金属アレルギーの症状が出ることがあります。金属アレルギーが心配の場合、問題なく装着できるオールセラミックがおすすめです。

保険の差し歯と比べるとより自然な色とデザインが選べる

オールセラミックは、金属やコンポジットレジンなどの材質を使った保険が適用される差し歯と比べて、透明感があり、色も天然歯に近い白色で、艶もあり、光を綺麗に反射して美しい見た目をしています。またデザインはもちろん、透明度や色味も自由に合うものを選ぶことができるメリットもあります。

保険の差し歯のように変色しない

保険が適用される差し歯の中には、歯科用プラスチックのコンポジットレジンで作られているものがあり、時間の経過と共に水分を吸収することで変色することがあります。また、レジンの差し歯を白く改善したくて、一般に天然歯に対して行われるホワイトニングの治療を行っても白くすることはできません。ホワイトニングの治療は、もともと差し歯などの人工物には効果を発揮できないのです。

オールセラミックであれば、変色することはありません。これも陶器のお皿をイメージしてみると分かりやすいです。陶器のお皿は、水分を吸収することはありませんよね。そのため、オールセラミックは将来的に変色のリスクはないのです。

着色したステインを歯磨きまたはクリーニングで取ることが可能

オールセラミックの人工歯は、変色しないだけでなく、歯にこびりつくステインといわれるものが原因の着色汚れがつきにくいメリットがあります。例えばコーヒーや紅茶、緑茶などを飲んだり、タバコを吸ったりした後に、歯磨きやうがいを怠ると、黄ばみが出るなどして慢性的にステインが沈着し、歯磨きでは取り除けなくなってしまいます。

また、差し歯であっても保険が適用されるコンポジットレジンの差し歯は、水分を吸収するため、着色汚れは完全には取れません。その点、オールセラミックは歯磨き、または歯のクリーニングで簡単にステインを除去することが可能です。

保険の差し歯のようにバレない

保険が適用される差し歯は、主に銀歯やコンポジットレジンを使用したものです。銀歯は口の中で目立ち、すぐに差し歯だとバレてしまいます。コンポジットレジンも変色すれば気づかれてしまうでしょう。その点、オールセラミックは見た目が天然の歯に近く、より美しいことから、保険適用の差し歯のようにバレづらいといえます。

抜歯をせずに部分矯正が可能

矯正治療では、歯を動かすスペース不足により、抜歯をしてから矯正を始めることがあります。健康な歯を抜歯するのはできるだけ避けたいものです。しかしオールセラミッククラウンと部分矯正と併用することで歯並びを改善する場合、抜歯をせずに矯正治療ができることもあります。ただし、抜歯をするケースも稀ですがありますので、必ず事前に確認しておきましょう。

銀歯と比べると口臭のリスクが低い

オールセラミックの歯は、銀歯と比べると口臭のリスクが低くなります。銀歯は長期間つけていると銀歯と歯の間に隙間ができることがあり、汚れや細菌が入り込むことで虫歯になりやすくなります。虫歯になると腐ったような臭いが出てくることがあり、口臭の原因になります。また、銀歯の下の歯の神経が死んでしまったり、神経治療を行ったにも関わらず、再度感染したりしてしまうこともあります。

その点、オールセラミックは歯になじみやすく、隙間ができにくいことから、虫歯にもなりにくくなります。また、先ほどもご説明した通り、オールセラミックは汚れを除去しやすい素材であるため、清潔に保ちやすいことも口臭が出にくい理由の一つです。

【まとめ】オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックは、審美性が高く、他にもメリットが多くありますが、歯を削る必要性や割れやすいなどのデメリットもあります。治療を受けたいと思っている方は、ぜひメリットとデメリット両方をよく理解しておくのをおすすめします。


芸能人の白い歯はオールセラミック?

芸能人の白い歯はオールセラミック?

オールセラミックの値段と特徴

オールセラミックの値段と特徴

オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

セラミック矯正でガミースマイルは治せるの?

セラミック矯正でガミースマイルは治せるの?

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

関連記事

セラミック矯正治療で何ができる?

セラミック矯正治療で何ができる?

気が付いたら嫌な歯科治療が終わってる?「静脈内鎮静法」って何?

気が付いたら嫌な歯科治療が終わってる?「静脈内鎮静法」って何?

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント

セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント

セラミック矯正のデメリットとメリットとは?

セラミック矯正のデメリットとメリットとは?

オールセラミックの値段と特徴

オールセラミックの値段と特徴

インビザライン

  1. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  2. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

  3. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット