子供のガミースマイルはいつから歯列矯正するといいの?

子供のガミースマイルはいつから歯列矯正するといいの?

子供のガミースマイルはいつから歯列矯正するといいの?

うちの子、ガミースマイルで、人前に出すのが恥ずかしい、将来、笑うことにコンプレックスを抱いてしまうかもしれない、と不安になっていませんか。その程度は個人差がありますが、いずれも親心としては心配ですよね。そこで今回は、子供のガミースマイルについて治療法の一つである歯列矯正や行える年齢についてご紹介します。

子供のガミースマイルとは

子供のガミースマイルとは

ガミースマイルは、歯を見せて口を開いて笑ったときに、上の歯茎が露出しすぎてしまう状態のことをいいます。ガミースマイルのガミーとは「gum(ガム)=歯茎」を意味します。一般的に大人についていわれることですが、子供にもこのガミースマイルは生じます。

ガミースマイルになる原因は?

ガミースマイルになる原因は?

ガミースマイルになる原因としては、一般的に上顎の骨が長かったり、突出していたりといった骨格によるものや、上唇を引き上げる表情筋が強すぎることによるもの、歯茎が大きく歯が小さいことで歯茎が歯に覆いかぶさりすぎているものなどに分かれます。

このうち、子供の場合も同様ですが、主に生まれつき上顎の骨が発達しすぎていること、上唇を引き上げる筋肉が強すぎるといったケースが多いようです。これらの原因が重なり合ってガミースマイルとなっていることもあります。

ガミースマイルは遺伝するのかどうかは気になるものですが、骨格が遺伝することは経験上からも分かります。よって、骨格が原因のガミースマイルの場合は、遺伝することもあると考えられます。

ガミースマイルのデメリットは?

ガミースマイルのデメリットは?

ガミースマイルは一般的に、大人も子供もコンプレックスとなり得るものです。もちろん、気にならないという方もいますが、コンプレックスによって笑えないという人もいます。いずれにしても、人にあまりいい印象を持ってもらえないというのは、多かれ少なかれ事実です。

ガミースマイルの子供を持つ親としては、将来、我が子がガミースマイルによって笑顔にコンプレックスを抱え、笑うのを避けるような生活を送るのを見過ごすのは避けたいものです。

ガミースマイルの症状と子供矯正の最適な年齢は?

ガミースマイルの症状と子供矯正の最適な年齢は?

子供のガミースマイルとなった場合、どのような治療法があるのでしょうか。骨や筋肉、粘膜がまだ成長途中にある子供は、早期から矯正治療をはじめることで、改善しやすいといえます。しかし、何がガミースマイルの原因となっているのかによっても治療法は変わってきます。

子供矯正はいつからはじめるのが最適なのでしょうか。2歳、3歳といったまだ小さいうちがいいのか、それとも4歳、5歳となってある程度落ち着いてきてからがいいのか、それとも6~7歳の就学段階になってからのほうがいいのかということは、親としては気になるものです。

そこで、数ある子供矯正それぞれについて、どの年齢に適しているのかをご紹介します。

ヘッドギアを用いた上顎矯正

ヘッドギアを用いた上顎矯正

ヘッドギアとは、上顎が過剰に成長するのを抑制する矯正装置です。出っ歯の矯正などにも広く使用されています。出っ歯とガミースマイルの関係性があるわけではありませんが、出っ歯傾向にあるお子様に対して効果が期待できるでしょう。

ヘッドギアは、まず口の中にフェイスボウと呼ばれるワイヤーを挟み、ネックストラップで後ろから固定する方法や、ヘッドキャップといって頭につけて固定する方法などがあります。自宅にいるときや寝るときに使用すればいいので、負担になりにくいといわれています。

ヘッドギアは、小児矯正の第1期にあたる、およそ6~8歳前後から始めるのが一般的です。

歯列矯正による不正咬合の矯正

歯列矯正による不正咬合の矯正

不正咬合という悪い噛み合わせを矯正する方法で、噛み合わせの深さを改善することで、ガミースマイルに対して効果が期待できるかもしれません。

ガミースマイルが、悪い噛み合わせが深いことで生じているケースもあるためです。子どもの不正咬合の歯列矯正は、3~4歳頃からは「床矯正」という方法で行うことができます。ただし、子どもの歯の状態によっても利用できるかどうかは歯科医師の診断によります。

床矯正とは、プラスチックのプレートにワイヤーのようなものがついており、口の中に入れると顎が広げられる形になります。これにより、歯をゆっくり動かしていき不正咬合を改善していきます。

また、歯列矯正といえばワイヤー矯正ですが、ワイヤー矯正は第1期には行われず、一般的に永久歯が生えそろう11歳頃からの第2期で使用されています。

MFT(口腔筋機能療法)・トレーナー

MFT(口腔筋機能療法)・トレーナー

指しゃぶりや舌を置く位置が低すぎる、口呼吸をするなどの悪い癖を続けることで、歯並びが悪くなったり、口周りの筋肉の調和がとれなくなったりします。こうした状態がガミースマイルにつながっている可能性もあるのです。

そこでMFT(口腔筋機能療法)という口周りの筋肉のトレーニングを行ったり、マウスピースのようなトレーナーという装置を装着することで、正しい発音の仕方や食べ方・飲み込み方を習得したり、舌や唇の正しい位置を覚えたりすることで、悪い癖を改善することができます。治療の主目的ではありませんが、これによりガミースマイルの改善が期待できるかもしれません。

MFT(口腔筋機能療法)やトレーナー装着の開始年齢は、子供の矯正治療における第1期の時期なので、永久歯が生えそろうまでの15歳頃までに行うことが多いようです。

歯並びを改善する上唇小帯を切除する時期も重要

歯並びを改善する上唇小帯を切除する時期も重要

上唇小帯(じょうしんしょうたい)という、上唇と歯茎をつなげているすじを切除することで、歯並びを改善するという方法もあります。

上唇小帯は、もともと赤ちゃんの時期から2歳くらいにかけては太い三角形をしているものの、年齢が上がるにつれて徐々に細くなり、長さも短くなって歯の根っこのほうに移動していきます。乳歯から永久歯に生えかわるときに、この上唇小帯が歯並びに悪影響が出るケースがあるため、切除する方法が取られることがあります。

しかし、一概にはいえませんが、この上唇小帯を切除する時期を誤ると、ガミースマイルの原因となる可能性もあります。上唇小帯を切除する時期は、歯並びを治すことが専門の矯正医に相談するのが望ましいといえます。

子供のガミースマイルの矯正費用

子供のガミースマイルの矯正費用

この子供のガミースマイルの矯正費用は、どれくらいかかるのでしょうか、

一般的に、子供の矯正治療は歯列矯正やヘッドギア、MFT(口腔筋機能療法)など、あらゆることを併用することが多いようです。総計すれば、子どもの矯正治療は3万~60万円ほどと幅があるようです。また、矯正治療は自由診療であり、そもそも使う装置などによって費用も大きく変わってくるため、矯正歯科によっても変わってきます。

【まとめ】子供のガミースマイルはいつから歯列矯正するといいの?

子供のガミースマイル治療についてみてきました。一般的な歯列矯正といわれるワイヤー矯正などは、大人の歯列矯正であるため、子供のうちは他の方法が取られることが多いようです。

子供の歯並びの矯正と同時にガミースマイルの予防を行う場合は、専門的な知識を持つ小児矯正を専門にしている矯正医の指導の元、最適な時期と最小限のリスクで治療を開始すると良いでしょう。


オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックのデメリットは?

芸能人の白い歯はオールセラミック?

芸能人の白い歯はオールセラミック?

セラミック矯正でガミースマイルは治せるの?

セラミック矯正でガミースマイルは治せるの?

歯列矯正でガミースマイルは改善できるの?

歯列矯正でガミースマイルは改善できるの?

高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット

関連記事

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

叢生(そうせい) - 八重歯・鬼っ歯

叢生(そうせい) – 八重歯・鬼っ歯

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックの治療をする最適な年齢は?高校生でもできるの?

オールセラミックの治療をする最適な年齢は?高校生でもできるの?

受け口はセラミック矯正で治せるの?

受け口はセラミック矯正で治せるの?

インビザライン

  1. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  2. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

  3. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット