たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは

たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは

たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは

笑ったときに、歯を思い切り見せて、きれいな白い歯が輝いている人は素敵ですよね。でも、歯茎が見えすぎていると、ちょっと印象が下がってしまいます。

このガミースマイルは、治療を受ければ改善することができます。でも、大掛かりな手術は、術後にしばらく腫れたり、赤くなったりすると日常生活に支障が出るため、なかなか踏み切れないという方もいるでしょう。そもそもガミースマイルが改善できることを知らない方も意外と多いのです。

そこで今回は、たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形という方法をご紹介します。

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは、口を開けて歯を見せながら笑ったり、口を大きく開けたりしたときに上の歯の歯茎が露出しすぎてしまう状態のことをいいます。

これにより、コンプレックスを抱え、人前で安易に笑えないというお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。また、人からの印象がダウンしてしまうと、対人関係にも仕事にも支障が出てきてしまうことも…。

そんなガミースマイルは、多くの方が悩んでいることであり、多くの方が治療をして改善をしていることでもあるのです。

歯茎が見え過ぎてしまう原因

歯茎が見え過ぎてしまう原因

ところで、このガミースマイル、歯茎が見え過ぎてしまう原因はどこにあるのでしょうか。その原因は大きく3つに分けることができます。それは、骨格によるもの、歯や歯茎によるもの、唇を持ち上げる筋肉によるものです。この分類は、解釈の違いで分類方法が変わることもありますが、おおむねこれらの原因があるととらえておきましょう。

骨格による原因

主に上顎の骨が長すぎることによるもので、歯茎が上唇によって隠し切れない状態です。

歯や歯茎による原因

歯が小さすぎたり、歯茎が発達しすぎていたりすることで、歯茎が歯に覆いかぶさりすぎてしまう状態です。

唇を持ち上げる筋肉による原因

上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎているために、必要以上に上唇が上に上がってしまうことで、歯茎が露出してしまう状態です。

歯肉整形とは

歯肉整形とは

ガミースマイルを改善する方法はたくさんありますが、中でも、歯茎にアプローチする方法として、「歯肉整形」があります。これは簡単に言えば、電気メスやレーザーなどを使って、歯茎の一部を切除して、歯と歯茎のラインを調整する方法です。見えすぎてしまっている歯茎の幅を数ミリ除去することで歯茎の幅を狭め、笑ったときなどの歯茎の露出を減らすことを目指します。

歯肉整形のメリット

歯肉整形のメリット

歯肉整形には、次のようなメリットがあります。

短時間・短期間で終わる

歯肉整形のメリットの中でも大きいのは、短時間、短期間で治療が行えることです。時間は1回の施術につき5~15分程度が平均で、治療期間は最短1日で終了することがほとんどです。この短時間・短期間で終わるメリットから、結婚式などが1ヶ月先に控えている方にとっては、有効な治療法といえます。

大掛かりな外科手術と比べて気軽に受けられる

他のガミースマイルの治療といえば、外科手術で上顎の骨切り手術などがあります。そうした外科手術と比べて歯肉整形は精神的な敷居が低く、気軽に受けやすい施術といえます。

費用が比較的安価

施術が気軽に受けやすいというのは精神的な面だけでなく、費用面にもいえることです。後ほど具体的な金額はご紹介しますが、外科手術と比べて治療費用が比較的安価で済むというメリットがあります。

ダウンタイムがほとんどない

歯肉整形では、術後に2週間ほど、赤みやわずかな出血がみられることがあります。しかし、歯肉整形は一般的な外科手術のいわゆるダウンタイムと呼ばれる、人前に一定期間出られないといったほどの大きな腫れなどは通常ありません。施術を受けた後も、普通に仕事や人前に出られるというのは大きなメリットといえるでしょう。

歯や骨には何も施さないためリスクが少ない

歯肉整形は、ただ歯茎だけを切除するだけで、歯や顎の骨には一切何も施しません。よって、身体への負担は少なく、歯の寿命にまつわる心配がないというメリットもあります。

歯肉整形のデメリット

歯肉整形のデメリット

一方、歯肉整形にはデメリットもあります。

後戻りする可能性がある

歯肉整形は、後戻りすることがあります。後戻りとは、施術する前の状態に戻ってしまうという意味です。

せっかく治療を受けてガミースマイルが改善したのにもかかわらず、またガミースマイルに戻ってしまう可能性があるのはデメリットです。しかし、これを防ぐために、セラミック矯正という、セラミックの差し歯を施す方法も合わせて行うことで、後戻りは防止できるといわれています。

赤みや微出血などが起こることがある

歯肉整形の後、赤みや微出血、及び口内炎のような痛みが残ることがあります。こうした術後のリスクは知っておかなければなりません。しかし、これは個人差があります。

2~3mmまでしか歯茎をカットできない

歯肉整形では、歯茎を切除しますが、このとき切除できるのは2~3mmが限度です。よって、それよりも歯茎の露出部分が長い場合に、歯肉整形では完全にガミースマイルが改善できないケースもあるということです。ただし、これもセラミック矯正と併用することでカバーすることができる場合もあります。

歯肉整形の適応

歯肉整形の適応

歯肉整形は、どんな人が適応できるのでしょうか。デメリットのところでも述べた通り、歯茎のカットは2~3mmが限度ですので、重度のガミースマイルの方は向いていないといえます。重度の方は、一般的に、上顎骨切り術や上唇挙筋切除術などの外科手術を要する場合があります。それと比べると歯肉整形は、軽度のガミースマイルに適しています。

また、歯肉整形は、妊娠中、授乳中、妊活中である場合や重度の虫歯や歯周病がある場合、プラスチックや薬などにアレルギーがある場合、持病のある場合、2週間以内に結婚式などが控えている場合などは適応できない可能性が高いといわれています。また、すでに前歯に差し歯が入っている場合には、セラミック治療を併用することが欠かせません。

歯肉整形の治療費はどれくらい?

歯肉整形の治療費はどれくらい?

歯肉整形の治療費の相場は、5万~30万円程度と幅があります。歯肉整形を行う、上顎の歯の本数が増えるほど値段が上がっていくためです。価格設定としては、上顎1本~6本まではこの料金、上顎7~12本まではこの料金という風になっていることもあります。

その他の外科手術の費用相場は、上顎骨切り術で100万~200万円程度、上唇挙筋切除術で20万~40万円程度となっているため、これらと比べても安価といえるでしょう。

歯肉整形の治療方法

では、歯肉整形の具体的な治療方法をもう少し詳しくみていきましょう。

1.部分麻酔をする

部分麻酔をする

まずは歯茎に麻酔を施します。これにより施術中に痛みを感じることはほぼありません。

2.デザインをする

デザインをする

歯茎のどこを切除するのかなど、仕上がりのデザインを行います。

3.マーキングする

デザインをしたら歯茎にマーキングします。

4.歯茎を切除する

歯茎を切除する

マーキングした通りに歯茎を切除していきます。使う道具は、電気メス、レーザー、メスなどが一般的です。

5.消毒を行う

消毒したら治療は完了です。

先ほどもお伝えした通り、歯肉整形にはダウンタイムがほとんどありません。施術した部分が大きく腫れて、仕事に行けないということもありません。歯茎を微調整するだけなので出血も少なくて済みます。

歯肉整形後のセルフケアで後戻りのリスクが軽減

歯肉整形後のセルフケアで後戻りのリスクが軽減

先ほど、デメリットのところでお伝えしたように、歯肉整形後は後戻りのリスクがあります。しかし、後戻りのリスクは、セルフケアによって軽減できます。

実は、歯肉整形後の後戻りを早めてしまう日常のNG行動があるのです。それは、ずばり歯磨きを怠ることです。歯磨きを怠るというと、「虫歯になりやすいから?」と思うかもしれませんが、この場合、それは後戻りとは関係がありません。

歯磨きを怠ると、歯茎から出血が多い場合、その血が口の外に排出されずに残り、血の塊になってしまいます。それがやがて歯茎になってしまうのです。意外かもしれませんが、実際、歯磨きを怠ると後戻りを早めてしまうのです。

歯肉整形後のセルフケアの基本は、痛みや血が出たりすることに怖がらず、しっかりと歯磨きを毎日行い、むしろ血を出してしまうことです。歯肉整形後は、最低、2~4週間ほどは出血があるといわれています。歯と歯茎の間を、歯ブラシを斜めにして磨くのがポイントです。血が出ると歯磨きしないほうがいいのかなと思ってしまいますが、血がたまってしまうと後戻りにつながってしまいますので、最初はやわらかい歯ブラシなどを使ってもよいので、しっかり磨きましょう。

歯肉整形はどこでできるの?

歯肉整形はどこでできるの?

歯肉整形は、審美歯科や美容歯科で受けることができます。ガミースマイルが比較的重度で、歯肉整形だけでは不安という場合には、セラミック矯正を併用することもあります。そのため、歯肉整形だけでなく、セラミック矯正も行っているクリニックを選ぶのがいいでしょう。

もちろん、歯肉整形も気軽に受けられる施術とはいっても、腕のいい歯科医師に依頼したほうがよいに越したことはありません。医師に実績があるかどうかを、しっかりと事前に確認しておくのをおすすめします。ホームページ上などで症例が複数載っていることが多いので、ぜひ確認しておきましょう。

【まとめ】たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは

今回は、ガミースマイルをたった数分で改善できてしまう方法である、歯肉整形についてご紹介してきました。歯肉整形は、比較的、気軽に受けられるガミースマイルの治療法といえます。

ガミースマイルの治療を受けようかどうしようか迷っている方にとっては、受けやすい治療ともいえます。しかし適応は限られていますので、一度、自分は適しているのか、治療が受けられるのかを審美歯科などに相談してみるのもいいでしょう。


ボトックス注射によるガミースマイルの改善効果はどれくらい?

ボトックス注射によるガミースマイルの改善効果はどれくらい?

上唇挙筋切除術によるガミースマイルの改善について

上唇挙筋切除術によるガミースマイルの改善について

ガミースマイルを大きく改善する骨切り術の種類について

ガミースマイルを大きく改善する骨切り術の種類について

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

歯茎が黒くならない差し歯にセラミックがおすすめな理由

歯茎が黒くならない差し歯にセラミックがおすすめな理由

セラミック矯正の費用相場と安くて口コミ(評判)の良い審美歯科の選び方

セラミック矯正の費用相場と安くて口コミ(評判)の良い審美歯科の選び方

関連記事

インレーとクラウンの違いは?

インレーとクラウンの違いは?

たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは

たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

歯のホワイトニングとは

歯のホワイトニングとは

耳介軟骨移植によるガミースマイルの改善について

耳介軟骨移植によるガミースマイルの改善について

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

インビザライン

  1. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  2. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  3. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?