歯茎が黒くならない差し歯にセラミックがおすすめな理由

歯茎が黒くならない差し歯 セラミック

差し歯を入れると、歯茎が黒くなるという噂を聞いて、差し歯を入れるのをためらっているという人はいませんか?

確かに差し歯が黒ずんでしまうと、見た目に自信がなくなり、思い切り口を開けて笑えなくなってしまうかもしれません。でも、すべての差し歯が黒ずむというわけではないのです。

そこで、差し歯を入れる予定のある方は、どんな種類の差し歯であれば歯茎が黒ずまないのかぜひ知っておくのをおすすめします。中でもセラミックの差し歯を入れた場合、歯茎が黒くならないものもあるのです。その理由をみていきましょう!

差し歯の素材の種類

まず知っておきたいのが、差し歯の素材の種類です。差し歯には、主に次のような種類があります。

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンというプラスチック樹脂でできている差し歯です。金属は使われていません。白くて自然の歯に比較的なじみやすいですが、レジンは時間とともに黄色く変色します。

硬質レジン前装冠

銀歯の表面に、硬質レジンを張り付けたものです。内側が金属なので、強度が高くなります。

金銀パラジウム合金(銀歯)

金銀パラジウム合金(銀歯)

いわゆる一般的に銀歯とばれるものです。金銀パラジウムという金属だけでできています。上二つよりもさらに強度が高まるため、奥歯に適しています。

歯科医師が銀歯を入れない4つの理由

ハイブリッドセラミック

プラスチックのレジンとセラミックを混ぜたものです。セラミックとは陶材のことで、お皿やお茶椀と同じ素材です。セラミックそのものは、白くて美しく、審美性が高いことで知られています。

また、陶器のお皿をイメージしてもらうとわかる通り、汚れや着色をしてもこすれば落とすことができ、こびりついてとれないということはほぼありません。そして、レジンのように変色もしません。これを理解するには、陶器のお皿と、プラスチックのお弁当箱をイメージするとわかりやすいです。プラスチックのお弁当箱は、使っていくうちに食材の色が移ったり、変色したりするものですが、陶器のお皿は一切変色しません。

このプラスチックと陶材が混ざったものがハイブリッドセラミックです。よって、多少変色はします。ただ、金属は一切使われていません。

オールセラミック

オールセラミック

オールセラミックは100%セラミック素材でできた差し歯です。白く透明感が高いのはもちろん、陶材だけなので変色はありません。ただ、衝撃に弱いところがあります。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほど、非常に硬度の高い素材であり、かつ生体親和性が高い、人体になじみやすい素材です。このジルコニアが内部に使われており、表面はセラミックでおおわれています。金属は一切使われていません。

メタルボンド

メタルボンド

金属で裏打ちされたセラミック歯で、オールセラミックと比べて強度が高いのが特徴です。表は白いセラミック素材なので、見た目は銀歯のような金属むきだしではなく、白い歯に見えます。

金歯

金歯

金合金でできており、強度もそれなりに高いです。しかし見た目はギラギラしています。

差し歯で歯茎が黒ずむ原因

このように、差し歯にはさまざまな種類があり、その素材も多岐に渡ることが分かります。そのような中、差し歯で歯茎が黒ずむことがあるというのは、どのような原因があるのでしょうか。

基本的に、歯茎が黒ずむのは、金属が常時歯茎に触れていることで、金属から金属イオンが溶け出してしまうことが原因です。金属イオンの中でも、主に銀歯の銀イオンが歯茎を黒くする力が強いといわれています。

よって差し歯の素材が金属、特に銀歯を含むものである場合に、歯茎が黒ずみやすくなるというわけです。

歯茎が黒ずむだけなら問題ないと思う方もいるかもしれませんが、場合によっては金属アレルギーになってしまうリスクもあります。

セラミックの差し歯は歯茎が黒ずまない

では、こうした歯茎の黒ずみを避けるためには、どのような差し歯を選べばいいのでしょうか。基本的には、セラミック素材を使用した差し歯を選ぶことです。セラミック素材は、先ほどもご紹介した通り、劣化することも、溶け出すこともないためです。

しかし、セラミックの差し歯にはさまざまな種類があるため、金属が使われていないかどうかを確認する必要があります。

歯茎が黒ずまないセラミックの差し歯の種類は?

歯茎が黒ずまないセラミックの差し歯は、ハイブリッドセラミック、オールセラミック、ジルコニアセラミックです。いずれも金属が一切使われていないため、金属イオンが溶け出すこともありません。

一方、メタルボンドは、内側に金属が使われているため、100%歯茎が黒ずまないとは言い切れません。表から見た感じは白いため、歯科医師の診察時にしっかり確認しましょう。

セラミック治療と並行して歯茎の治療をすることが可能

銀歯の差し歯で歯茎が黒ずんでしまい、セラミックの差し歯に変えるためにセラミック治療を受ける人も多くいます。その場合、黒ずんだ歯茎を治す治療も、並行して行うことができます。

歯茎の治療には「ガムピーリング」という薬剤を塗って歯茎を若々しいピンクの歯茎を取り戻すための方法がよくとられます。

【まとめ】セラミックの差し歯は歯茎が黒くならないの?

今回は、セラミックの差し歯は歯茎が黒くなるかどうかということをご紹介しました。基本はセラミックの差し歯は歯茎が黒くなることはありません。ただし、中には、黒ずみの原因となる金属を含むセラミック歯もありますので、歯茎の黒ずみを避けたい方は、十分注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. セラミック矯正のデメリットとメリット

    セラミック矯正のデメリットとメリットとは?

  2. 日本人_女性_ 考える

    セラミック治療の流れとメンテナンスについて

  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる

    八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せるの?

  4. オールセラミック

    オールセラミックとは

  5. セラミック矯正について

    セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント

  6. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正

    歯医者に聞いてみた!歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正なの?

  7. 外国人_女性_20160523

    セラミック矯正治療で何ができる?

  8. 出っ歯はセラミック矯正で治せる

    出っ歯はセラミック矯正で治せるの?

  9. セラミック矯正治療の流れと治療期間

    セラミック矯正治療の流れと治療期間

特集記事

  1. ガミースマイル_20160522
  2. 歯科検診
  3. 外国人_女性_20160523
  4. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  5. 歯科ユニット

記事一覧

人気記事ランキング

  1. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  2. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正
  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる
  4. 費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正
  5. 出っ歯はセラミック矯正で治せる
  6. 歯茎が黒くならない差し歯 セラミック
  7. セラミック矯正のデメリットとメリット
  8. 高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット
  9. 虫歯でもセラミック矯正はできる
  10. 受け口はセラミック矯正で治せる

当サイトおすすめの記事

  1. 外国人_女性_ビューティー 大人からはじめる歯科矯正
  2. 虫歯の症例写真 虫歯を放置すると命の危機になるかも!?
  3. 歯のクリーニング_外国人_女性_20160523 PMTC(歯のクリーニング)とは
  4. 自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは? 自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイ…
  5. 南青山矯正歯科クリニック_待合_20160118 南青山矯正歯科・審美歯科
PAGE TOP