ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せるの?

ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せるの?

ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せる

歯がガタガタしているのが気になっている、人から指摘された、結婚式を控えているという方はいませんか? 歯がガタガタしている歯並びのことを叢生(そうせい)や乱杭歯(らんくいし・らんくいば)と呼びますが、そのガタガタした歯は簡単には治らないのでは、と不安になっているかもしれません。

また、将来子どもを産みたいと思っている場合、子どもにこの叢生(乱杭歯)が遺伝するのかどうかは気になるものです。そこで今回は、ガタガタした叢生の歯並びの原因や放置するリスク、治療法などをご紹介します。

叢生(乱杭歯)の原因は?

叢生(乱杭歯)とは

叢生(乱杭歯)とは、まるで草木が一斉に野原に生えるとき、それぞれが重なり合って互い違いになりながら生えるのと同じように、歯が重なり合って生えており、でこぼこした歯並びのことをいいます。この叢生(乱杭歯)の原因には、次のようなものがあります。

顎がもともと歯よりも小さい・成長が遅い

遺伝によるものを含む、生まれつき歯並びがガタガタというケースです。

例えば、顎の成長過程において、顎が歯よりも成長が遅い、もしくはもともと顎が小さいことなどが理由で、歯が生えようとするときに顎に並びきらずに、歯同士が自分の生えるスペースを確保しようとして、押し合いへし合いすることで叢生(乱杭歯)になることがあります。顎と歯の大きさのバランスが悪いことが原因です。特に乳歯から永久歯に生え変わるタイミングで生じやすくなります。

また、反対に、顎が通常の大きさではあっても、歯が生まれつき大きいケースもあります。ちなみに、叢生(乱杭歯)は、多くの悪い歯並びは遺伝するといわれているため、叢生(乱杭歯)についても、断定はできませんが、遺伝しないとは言い切れません。

生え変わりの際に乳歯が早く抜け落ちた

もう一つの原因は、生まれつきではなく、後天的なものです。乳歯から永久歯へと生え変わる過程において、あまりに早く乳歯が抜け落ちてしまうと、そのスペースに余裕ができるため、奥歯の永久歯が前のほうに動いてしまうことがあります。すると、これから生えてくる永久歯が生えるスペースが失われてしまうため、いざ生えてきたときには他の歯が邪魔して、重なり合って生えてきたり、斜めになって生えてきたりしてしまうのです。

叢生(乱杭歯)を放置するとどんなリスクがあるの?

叢生(乱杭歯)は、歯並びが悪いまま放置することで次のようなリスクがあります。

虫歯や歯周病になりやすい

叢生(乱杭歯)は歯が重なり合っているため、悪い歯並びの中でも、特に歯磨きがしにくいところがあります。毎日の歯磨きで除去すべきなのは、目に見える食べかすだけでなく、メインは歯垢です。

歯垢は、細菌のすみかであり、虫歯菌や歯周病菌たちも住んでいます。1mgの中に、何と10億個もの細菌がいるといわれています。歯垢は、ねばねばしており、歯と歯の間や歯と歯茎の間にこびりつきやすいため、うがいだけでは取れにくいところがあります。歯磨きをしても、自分では完全に隙間までしっかりとることができないので、叢生(乱杭歯)を放置してしまうと、磨き残しなどにより虫歯・歯周病リスクが大いに高まってしまうのです。

ものが噛みにくい

叢生(乱杭歯)は、咀嚼の際にも支障が出やすいといわれています。しっかりとものを噛み砕いたり、すりつぶしたりすることができなければ、胃腸への負担にもつながってしまいます。

歯科治療が受けにくい

叢生(乱杭歯)は、虫歯や歯周病リスクが高まるだけでなく、歯科治療が受けにくいというデメリットもあります。将来、虫歯などが原因となり歯を失った場合、入れ歯やインプラントなどの治療の際に、うまく装着できずに結果的に費用が大幅にかかってしまったり、治療期間が長引いたりしてしまうことがあります。

審美性に劣る

普段の生活においては、それほど気にならないという場合も、結婚式や就職・転職の面接などの際には、歯がでこぼこであれば審美性の面で問題になってしまいます。そうした晴れ舞台のときに慌てないように、早めに治療しておくほうがいいでしょう。

叢生(乱杭歯)の治療方法は?

叢生(乱杭歯)の治療は、子どもの場合と大人の場合とで治療法が変わってきます。

子どもの叢生(乱杭歯)の治療

まだ顎や歯が成長過程にあるため、顎を広げる矯正装置を使ったり、指しゃぶりなどの悪習慣を治すためのMFT(口腔筋機能療法)という口周りの筋肉トレーニングを行ったりすることで治療できます。また、歯を抜いたり、小さく削ったりして生えるスペースを確保することもあります。

大人の叢生(乱杭歯)の治療

顎の成長が終わっている大人の場合、顎を広げる装置はそれほど効果が期待できないため、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などの歯列矯正か、短時間で行えるセラミック矯正が主流になっています。

多くの場合、ワイヤー矯正マウスピース矯正で治療することができます。また、ワイヤーやブラケットは審美性に劣り、治療期間が長いことから、セラミックの歯を装着して歯並びを治すセラミック矯正は近年人気の治療法になっています。

【まとめ】ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せる?

叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治すことができますが、補綴矯正といわれる短期間のセラミック矯正も忙しく、審美性を求める大人に人気です。叢生(乱杭歯)を放置するといいことはありませんので、治療を検討してみるのをおすすめします。

歯茎が黒くならない差し歯 セラミック

歯茎が黒くならない差し歯にセラミックがおすすめな理由

虫歯でもセラミック矯正はできる

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット

高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット

費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正

セラミック矯正の費用相場と安くて口コミ(評判)の良い審美歯科の選び方

受け口はセラミック矯正で治せる

受け口はセラミック矯正で治せるの?

八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる

八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せるの?

関連記事

オールセラミックの治療をする最適な年齢

オールセラミックの治療をする最適な年齢は?高校生でもできるの?

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

悪い歯並びにはこんなに種類が!適した歯科矯正は?

悪い歯並びにはこんなに種類が!適した歯科矯正は?

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

セラミック矯正治療で何ができる?

セラミック矯正治療で何ができる?

歯列矯正中の痛み対策

歯列矯正中の痛み対策

インビザライン

  1. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2015.11.9

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  2. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2017.02.15

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  3. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2017.01.8

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

有村藍里 セラミック矯正