セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正を受けた後、歯科医師に治療の話をよく聞かずに、失敗したと後悔している人がいるといわれています。どのような治療を受けるにしろ、治療に対する知識と理解を持って受けることが大切です。今回は、セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項を解説します。

セラミック矯正は危険な治療?

セラミック矯正は危険な治療?

セラミック矯正で失敗するといっても、セラミック矯正そのものが危険な治療というわけではありません。補綴矯正という矯正方法の一つで、歯にセラミック製のかぶせ物を装着することにより、歯並びを整えます。かぶせ物の土台として歯を削りますが、危険なことではありません。

セラミック矯正の仕上がりで大事なポイントは「噛み合わせ」と「審美性」

セラミック矯正の仕上がりにおいて大事なポイントは、上下の歯の「噛み合わせ」がきちんと合っているか、そして「審美性」の度合いの2つがあります。 セラミック矯正は矯正治療であるため、悪い歯並びや悪い噛み合わせを治すために行います。そのため、見た目はもちろん、硬い物もきちんと噛んで食べられるかどうかも重要です。

セラミック矯正を受ける前に、どのような仕上がりになるのかを知っておく必要があります。 そこでセラミック矯正を受ける前に気を付けたいポイントを挙げてみます。

前歯にはオールセラミックかジルコニアセラミックがおすすめ

前歯にはオールセラミックかジルコニアセラミックがおすすめ

特に前歯のセラミック矯正では、高い審美性が求められます。そこで気を付けたいのが材質選びです。前歯の材質のおすすめはオールセラミックとジルコニアセラミックです。

オールセラミックもジルコニアセラミックも、天然の歯に近い透明感を持つことから、周りの自分の歯になじみ、美しい歯を実現できます。またオールセラミックは色の種類が豊富で、自分の歯にあったものを選ぶことができます。ジルコニアセラミックは、強度が高いのが特徴です。

一方、メタルボンドというセラミックの歯の内側が金属でできている歯は、耐久性はありますが、透明感や色の感じはどうしてもオールセラミックやジルコニアセラミックに劣ってしまいます。また、金属を使用していることから、金属アレルギーの方は適していません。

噛み合わせは大丈夫?違和感はどれぐらいあるの?

噛み合わせは大丈夫?違和感はどれぐらいあるの?

噛み合わせは特に重要です。噛み合わせが悪いと、硬いものが食べにくくなるほか、左右均等に噛めなくなるため、体の重心のバランスが変化したり、頭痛や肩こり、顎関節症などにつながったりしてしまいます。セラミック矯正は歯並びをよくするものであるため、見た目の美しさのことばかりが気になりますが、矯正後の咬み合わせや違和感への配慮も重要になってきます。

セラミック矯正において、仮歯の段階、そしてセラミック装着後にどうしても違和感が出ることがあります。仮歯中は、食事や話すとき、歯磨きのときなどに違和感を感じることもありますが、しばらく生活を続けていけば違和感は自然となくなるといわれています。また、仮歯の段階で違和感が出ないように微調整を繰り返すことも重要です。

セラミック装着後にも違和感が生じることがあります。しかし仮歯の段階で微調整をきちんと行っていればある程度、違和感が減ると思われます。また、装着直後はやはりこれまでとは違う違和感を食事やしゃべるときなどに感じることもありますが、徐々に適した位置に歯が落ち着いてくれば違和感もなくなっていきます。

違和感が生じることを前提に、はじめから微調整を徹底的に行ってくれる歯科医院を選ぶようにしましょう。

見た目は不自然ではないか?

見た目は不自然ではないか?

セラミック矯正で使うセラミックは、確かにそれ単体では美しいものの、いざ装着してみるとその仕上がりが不自然であることもあります。また、歯並びとして不自然というケースもあります。

これらの「不自然さ」の失敗を避けるためには、治療前の歯科医師による十分なカウンセリングを受ける際に、最終の歯並びを共有してもらうことが重要になります。 また、色に不自然さが出そうであれば、事前に残す歯をホワイトニングし、差し歯と残す歯の色を合わせる方法もあります。 特に、歯の美しさを重視してくれるとともに、同時に歯茎の治療もしてもらえる審美歯科がおすすめです。

セラミック矯正ではなぜ歯を削るの?抜歯も必要?

セラミック矯正ではなぜ歯を削るの?抜歯も必要?

そして注意したいのが、歯をどの程度削るのか、抜歯の必要はあるのかどうかを事前に確認することです。

セラミック矯正では、セラミックの人工歯をかぶせるため、土台をしっかり作ることが必要になります。そのため、土台となる自分の歯を削る必要があるのです。

また、稀に抜歯が必要なケースもあります。例えば、乳歯が残っていたり、八重歯で歯茎の高さが揃わない時や極端に歯並びが悪いケースです。このような場合は、歯を残したままセラミック矯正を行った結果、希望通りの仕上がりにならないケースもあります。

人それぞれ歯の状態は異なってきますので、歯をどのくらい削るのか、抜歯は必要かどうかは事前に歯科医師とのカウンセリング時に確認しておくといいでしょう。

神経治療が必要なケースも!神経を抜かないとどうなる?

神経治療が必要なケースも!神経を抜かないとどうなる?

歯の状態や希望の仕上がりによっては神経治療が必要になることもあります。

神経治療とは、歯の神経を抜く治療です。 先ほどもお伝えした通り、土台づくりのために歯を削る必要がありますが、歯を削る量が多い場合、歯の象牙質というやわらかい層の中にある「歯髄(しずい)」という神経を含む部分にまで達してしまうため、除去するのが一般的です。

しかし、神経を抜くことで、将来的に問題はないのかどうかはよく事前に知っておきたいものです。もともと、歯髄は痛みを感じとるだけでなく、血液や栄養を歯に供給しているため、歯髄を抜いてしまうと歯はもろくなり、黒ずんで弱くなってしまいます。また、痛みを感じないため、虫歯になっても気づきにくいデメリットがあります。そして、神経を抜いた後に差す差し歯自体も折れやすくなる傾向があります。

セラミック歯自体を薄く作ったり、削る量を最小限にしたりすれば神経を抜かないで済みますが、神経を削る必要がある量まで削る場合、痛みを伴ってしまいます。そのため、神経を抜かないで治療することができない場合があります。 これも事前に歯科医師によく相談し、できるだけ歯を削らずに行う方法はないか聞いてみましょう。

治療期間中の痛みはどの程度?

治療期間中の痛みはどの程度?

セラミック矯正において、治療中の麻酔、仮歯中、セラミック歯装着後それぞれについて痛みを感じる場合、「こんなはずではなかった」と思うかもしれません。事前に痛みはどの程度なのか知っておきましょう。

●治療中の麻酔注射の痛み 虫歯治療用の麻酔を施すのが一般的であるため、治療中の痛みは感じません。麻酔は注射で打つので痛みが心配になりますが、注射前にまず表面麻酔を塗ってから注射で麻酔を施してくれたり、麻酔針の太さが非常に細いものを使用してくれたりする歯科医院もあります。また、場合によっては笑気麻酔という気分がフワッとする医療用ガスの使用もされることがあります。

●仮歯中の痛み 仮歯を装着後は、治療において生じる象牙質がむきだしになることにより、しみるような痛みが残ることがありますが、これも徐々におさまっていきます。

●セラミック装着後の痛み セラミック装着の直後には、一時的にチクチク・ズキズキといった痛みが出ることがありますが、およそ3~5日くらいに痛みを感じ、2週間以内に収まっていくケースが多いようです。 治療が終わり麻酔が切れた後や、仮歯中、装着後などに痛みを感じる場合、痛み止めが処方されることがあります。使用したい場合には、歯科医師に相談してみましょう。

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

年々、歯茎がやせてきたときの悪影響は?

年々、歯茎がやせてきたときの悪影響は?

年齢を重ねると歯茎がやせていくことから、歯茎が下がり、歯が伸びたように感じられることがあります。このとき、差し歯をしているとどのような影響が出るのかも知っておきたいものです。せっかくきれいに整えた差し歯も見た目が悪くなれば、審美性が下がってしまいます。

土台の歯がむき出しになり、差し歯との色に違いが出ることもあります。 また、歯茎と歯の間に隙間ができてしまい、食べ物が詰まりやすくなることで虫歯・歯周病リスクも高まってしまいます。 歯茎が下がった後の処置方法も、事前に歯科医師に確認しておきましょう。

メンテナンス(定期検診)が歯の寿命に大きく関係する

メンテナンス(定期検診)が歯の寿命に大きく関係する

セラミック矯正を受けた後は、メンテナンスを定期的に受けることを前もって想定をしておくことが大切です。虫歯や歯周病トラブルを防ぐことができるほか、違和感や痛みが出た場合にも処置を行ってもらうことができます。

また将来、年を取ったときに歯茎が下がったり、歯周病が進行したりして差し歯が支えられず、差し歯が抜けて入れ歯にする必要があることもあります。定期的にメンテナンスを受けて入れば、そうした処置もすぐに行ってもらえます。

【まとめ】セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項をみてきました。その6つは次のようにまとめることができます。

  1. 噛み合わせは問題ないか
  2. 審美性が保てるか
  3. 歯を削る量はどれくらいか・抜歯の必要はあるか
  4. 神経治療は必要か
  5. 痛みの程度と予防・対策方法
  6. 歯茎が下がったときの処置方法

これからセラミック矯正を受けようとしている方は、ぜひこの6つを事前によく歯科医師に確認しましょう。また、こうした項目をしっかり聞き入れてくれ、対処方法も万全な審美歯科を選ぶのも大切です。


セラミック矯正のデメリットとメリットとは?

セラミック矯正のデメリットとメリットとは?

歯医者に聞いてみた!歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正なの?

歯医者に聞いてみた!歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正なの?

出っ歯はセラミック矯正で治せるの?

出っ歯はセラミック矯正で治せるの?

歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決

歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決

周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?

周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?

関連記事

子供でも簡単にできるマウスピース矯正とは

子供でも簡単にできるマウスピース矯正とは

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

オールセラミックの特徴と治療の種類

オールセラミックの特徴と治療の種類

歯列矯正中の痛み対策

歯列矯正中の痛み対策

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項

悪い歯並びが及ぼすリスクとは?

悪い歯並びが及ぼすリスクとは?

インビザライン

  1. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

  2. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと