セラミックインレーの装着後に歯がしみる原因と対処法

セラミックインレーの装着後に歯がしみる原因と対処法

セラミックインレーの装着後に歯がしみる原因と対処法

セラミック製の詰め物、セラミックインレーを装着した後に、ものを噛んだり、冷たいものなどに歯が触れたりしたときや、何もないのに歯がしみることがあります。せっかく治療したのに痛みが出るのは不思議ですよね。いったい何が原因なのでしょうか。

今回は、セラミックインレーの治療直後に歯がしみる場合、治療後ある程度の期間が経ってから歯がしみる場合、歯がしみる場合の対処法をご紹介します。

セラミックインレーの治療直後に歯がしみる原因

セラミックインレーの治療直後に歯がしみる原因

セラミックインレーの治療を受けた直後に、歯がしみることがあります。この場合、主に2つの原因が考えられます。

神経が過敏になっている

一つ目に考えられる原因は、神経が過敏になっているということです。

例えば、セラミックインレーのような詰め物を入れるときで多いのが、虫歯治療の後です。虫歯治療では主に虫歯に侵された歯を削ってから詰め物をしますが、このときにしみることがあります。

これは、神経に近い部分の虫歯を削ることにより、神経が刺激を受けて過敏になり、冷たいものや熱いものを口に入れたときに通常よりもしみる、噛むと痛いといった症状が出ることがあります。そのダメージが回復するまでの期間、こうした症状が出ることになります。およそ治療直後から2~3日で症状が消えるのが一般的です。

適合が悪い可能性

セラミックインレーのような詰め物を入れると、いつもより歯の高さが高くなります。これにより、歯を噛み合わせたときにセラミックインレーの部分が微妙に高いことで、違和感が出ることがあります。このとき、痛みを感じることもあります。

ただの違和感で終われば問題はありませんが、もしかしたらそもそも適合が悪く、調整が必要になることがあります、上下の歯が少し触れただけで痛いということもあります。いずれにしても痛みが出ているのであれば、セラミックインレーの治療を受けた歯科医院で診てもらう必要があります。

セラミックインレーの治療後ある程度の期間が経ってから歯がしみる原因

セラミックインレーの治療後ある程度の期間が経ってから歯がしみる原因

続いて、セラミックインレーの治療後、ある程度、期間が経ってから歯がしみてくる場合です。治療を終えたはずなのに、また歯がしみる、痛みを感じるといった場合、注意が必要です。その原因は主に3つが考えられます。

虫歯の可能性

虫歯治療でセラミックインレーを施した後、インレーの下が再度虫歯になることがあります。セラミックインレー装着後にしばらくたってからしみる症状が出てきた場合、インレーの下が二次カリエス(二次虫歯)を起こしている可能性があります。

なぜインレーの下に虫歯が生じるのかというと、インレーと下の歯との間に、隙間が生じることでそこへ虫歯菌が侵入することが原因といわれています。特に経年劣化しやすい銀歯やプラスチックのインレーの場合に起こりやすいです。なぜなら劣化することで隙間ができやすくなるためです。また、細かい調整がしにくいことも原因です。

その点、セラミックインレーは細かい調整がしやすく、経年劣化もしにくいので、二次カリエスが起きにくい材質ではあります。しかし、100%二次カリエスにはならないとは言い切れません。

知覚過敏症の可能性

セラミックインレーを装着した下の歯が、知覚過敏症になっている可能性があります。

もともと、歯はエナメル質という硬い層の下に、柔らかい象牙質(ぞうげしつ)と呼ばれる層があります。そして象牙質の内部に神経があります。このような構造をしているため、虫歯治療でエナメル質を削ると、象牙質がむき出しになります。そこへ、セラミックインレーを装着したときに、うまく象牙質がカバーできればいいのですが、しっかりと密着していないとちょっとした刺激でも、象牙質を通じて神経がしみたり、痛みを感じたりしやすくなります。

冷たいものや熱いものを口の中に入れたときにしみる・痛むといった場合に知覚過敏症を起こしている可能性があります。

割れたり欠けたりすることで適合が悪くなっている可能性

セラミックインレー装着後に、歯ぎしりや食いしばり、スポーツや事故などさまざまな理由で衝撃が加わり、セラミックインレーが割れたり欠けたりすることもあります。

セラミックインレーを装着した当初、しっかりと噛み合わせなどを調整しているはずなので、それが割れたり欠けたりすることで適合が悪くなる可能性も出てきます。ものを噛んだり、普段、噛み合わせたりすることにより、痛みが出ることがあります。

セラミックインレーを装着した歯がしみる場合の対処法

セラミックインレーを装着した歯がしみる場合の対処法

もしセラミックインレーを装着した歯がしみる場合、どのような対処法が考えられるのかをご紹介します。

神経を取る

セラミックインレーを装着した歯が強い痛みを感じている場合、二次カリエスになっている、もしくは象牙質がむきだしになっており、神経に近いなどの可能性があります。どうしても強い痛みが出る場合、神経を取る方法がとられることがあります。痛みを感じる神経が除去されれば、痛みがなくなります。

セラミッククラウンに変える

セラミックインレーを装着した歯がしみる場合、下の歯を削ってセラミッククラウンに変える方法もあります。これにより、しみる症状が治ることがあります。

マウスピースを使った保護

セラミックインレーで噛むと痛い場合、噛む力が強い場合もあります。その場合、歯ぎしりや食いしばりなどによる刺激をできるだけ抑えるために、マウスピースを使って保護することも考えられます。マウスピースを使用することで、クッションとなって噛んだときの痛みが和らげられます。

噛み合わせの調整

噛むと痛い場合、セラミックインレーと噛み合う歯がうまく咬み合っていないことがあります。その場合は、再度、咬み合わせの調整を行うことで痛みが抑えられることもあります。

定期健診に行き虫歯・歯周病予防の治療を受ける

セラミックインレーの装着後に少々しみるけれど、原因が特に見当たらない場合や不安な場合には、定期検診に行って虫歯・歯周病予防の治療を受けるのも一つの方法です。なぜなら、定期健診では虫歯・歯周病の早期発見・早期治療につながるだけでなく、インレーの状態や噛み合わせの異変にも気づくことができるためです。プロの目で定期的に見てもらうことで、安心感が手に入ります。

【まとめ】セラミックインレーの装着後に歯がしみる場合の対処法

セラミックインレーの装着後に歯がしみる原因にはさまざまなものがありました。それぞれ対処法は異なりますので、歯科医師に相談するのが先決です。放って置いていいことは一つもありません。異変に気付いた時点で、早期改善のために動きましょう。


インレーとクラウンの違いは?

インレーとクラウンの違いは?

気が付いたら嫌な歯科治療が終わってる?「静脈内鎮静法」って何?

気が付いたら嫌な歯科治療が終わってる?「静脈内鎮静法」って何?

保険と保険外のインレーの値段と種類

保険と保険外のインレーの値段と種類

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

関連記事

セラミッククラウンとは?治療のメリットとデメリットについて

セラミッククラウンとは?治療のメリットとデメリットについて

芸能人の白い歯はオールセラミック?

芸能人の白い歯はオールセラミック?

歯茎が黒くならない差し歯にセラミックがおすすめな理由

歯茎が黒くならない差し歯にセラミックがおすすめな理由

セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント

セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント

セラミッククラウンの寿命と治療で失敗しないためのポイント

セラミッククラウンの寿命と治療で失敗しないためのポイント

歯のホワイトニングで失敗しないコツ

歯のホワイトニングで失敗しないコツ

インビザライン

  1. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

  2. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  3. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由