保険と保険外のインレーの値段と種類

保険と保険外のインレーの値段と種類

保険と保険外のインレーの値段と種類

あなたは今、奥歯などにセラミックインレーを入れようと思っているけれど、値段はどれくらいなのか気になっているのかもしれません。

インレーの中には、保険診療と自由診療で作ることのできるものとがあり、それぞれ値段は大きく変わってきます。また、セラミックインレーにはオールセラミックインレーやジルコニアインレーなどいくつか種類があります。それぞれのセラミックインレーの種類別の値段の相場について解説していきましょう。

保険診療と自由診療で作れるインレーの違い

保険診療と自由診療で作れるインレーの違い

インレーには、保険適応のものとそうでないものとがあります。保険診療と自由診療で作ることのできるインレーは、それぞれどう違うのでしょうか。その違いをみていきましょう。

治療にかかる値段が違う

まず、治療にかかる値段が違います。保険診療とは、健康保険などが適用される診療のことで、決められた範囲内での治療の場合、治療を受ける人は費用の一部負担で治療を受けることができます。一方、自由診療とは、保険が適用されない治療のことで、治療にかかった料金は全額、自己負担になります。

保険診療になるインレーを使った場合、自己負担は通常、3割ですが、自由診療になるインレーを使った場合、全額負担になります。

また、一年間に自分や家族を含めて10万円以上、医療費を支払うと、確定申告の際に申し出ると、所得控除が受けられる制度があります。保険診療は対象になりますが、自由診療の場合、対象にならないこともあります。ただし、セラミック治療の場合は、自由診療であっても医療費控除の対象になることがあります。治療を受けた歯科医院に確認してみましょう。

審美性が違う

保険適用されるインレーには、銀歯(金銀パラジウム合金)がありますが、これと比べて、自由診療のセラミックインレーやジルコニアインレーは、見た目に大きな違いがあります。

銀歯のインレーは、銀色でインレーを入れていることが一目瞭然ですが、セラミックインレーなどは透明感があり、天然歯に近いため審美性に優れており、詰め物をしているとは気づかれにくいです。

治療後の保証が違う

自由診療の詰め物や被せ物には通常、保証期間が設けられています。保証とは、その決められた一定期間内で不具合が生じた場合、やりなおしを無料で受けられるものです。

セラミックインレーやジルコニアインレーなどの自由診療のインレーについては、1年~3年ほどの保証期間があることが多いです。しかし一般的に保険適用のインレーは保証期間がないことが多いので、その保証の有無という違いがあります。

インレーの費用相場と素材の寿命

では、保険診療のインレー、自由診療のインレー、それぞれの種類について、費用相場と素材の耐久性や寿命について解説していきます。

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレーは、セラミックという“せともの”、つまり陶材と同じ素材を用いた詰め物のことです。

特徴1.天然歯と同様に美しい

色が白く透明感があり、天然の歯と同様に美しい見た目を持つことにあります。虫歯治療などで歯を削った後にセラミックインレーを詰めても、詰めたと気づかれにくいメリットがあります。

特徴2.割れやすい

セトモノがそうであるように、強い衝撃を加えると割れたり、欠けたりしやすいという欠点があります。特にセラミックインレーは他の素材比べると脆いといわれています。その点、劣化はしないものの、割れてしまえば寿命がきてしまいます。

その中でも、ニケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミックであるe-max(イーマックス)を使ったインレーがあります。セラミックの中でも強度が高いため、セラミックの欠点をうまくカバーできています。

耐久性・寿命

セラミックインレーの中でもオールセラミックの耐久性は、金属やレジンに比べて高いと考えて問題ありません。素材が溶け出すなどの劣化もなく、寿命も8~10年といわれています。長くて20年は持つといわれています。

劣化がないのはセラミックが、せとものを素材とするものであることからも分かるでしょう。着色もしにくく、歯垢もつきにくいのでしっかりと歯磨きの習慣を持ち、定期的な歯科健診を受けるなどしていれば、長持ちするでしょう。

また、金属アレルギーの恐れもないため、アレルギーが生じて付け替える必要もありません。ただし割れやすさは前述の通りなので、扱いには気を付ける必要があります。

寿命については、セラミックの劣化ということはほとんどなく、それ以外の不具合が見つかることが多いです。例えば、咬み合わせの不具合、差し歯の下で虫歯が進行してしまった、歯茎が下がってしまい見た目に支障が出てきたといった場合などです。

値段の相場

オールセラミックインレー 約3万~5万円/本

e-maxインレー 約4万円/本

オールセラミックインレーの費用相場は1本あたり3~5万円ほどです。保険適用の銀歯と比べると費用高になりますが、ジルコニアインレーと比べるとやや安価になります。

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

ジルコニアインレーは、ジルコニアという人工ダイヤモンドの素材を利用した詰め物です。

特徴1.硬い

ジルコニアインレーの一番の特徴は非常に強度が高く、硬いところにあります。ジルコニアは歯科治療以外でも、すでに医療分野で人工関節や他の分野ではスペースシャトル、F1の部品などにも使われています。このことからも、ジルコニアは強度が高いことが分かります。金属並みに硬いといわれるため、奥歯のインレーにも適しています。そのため、割れる、欠けるといったリスクが下がります。

特徴2.生体親和性が高い

ジルコニアインレーは生体親和性が高く、体に優しい材質です。医療分野の人工関節は身体の中に入れているくらい、すでにその安全性が証明されています。金属のようにアレルギーの心配もありません。

特徴3.天然歯に近い透明感

ジルコニアの色は白く、さらに透明感を出すことのできる素材なので、オールセラミックに似て、天然歯と同等の美しさを実現できます。色も複数から選べるので、天然歯に近い色合いにすることで、より自然な見た目になります。

耐久性・寿命

ジルコニアの耐久性は強度の高さの特徴から、オールセラミックインレーと同等かそれ以上とかなり高いといわれています。オールセラミックインレーと比べて割れる心配も少なく、長持ちします。

値段の相場

ジルコニアインレー 約4万~6万円/本

ジルコニアインレーの費用相場は4~6万円です。自由診療のインレーの中では高額ですが、審美性も強度も兼ね備えていることから、価格に見合った素材といえます。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレーは、歯科用プラスチックのコンポジットレジンとセラミックが混ざっているインレーです。

特徴1.天然歯に近い白さがある

ハイブリッドインレーは、レジンの色の白さとセラミックの透明感により、白く天然歯に近い見た目が得られます。オールセラミックインレーと比べると透明感には劣りますが、保険適用のレジンのみと比べて美しい白い歯が実現します。ほぼ気づかれないでしょう。

特徴2.金属アレルギーの心配がない

金属は一切使用していないので、金属アレルギーの心配はありません。ただし、劣化しないというとそうではなく、レジンを含むため変色しやすいといえます。ただ保険適用のレジンよりは変色しにくいです。

特徴3.硬すぎないので歯を傷めない

レジンは、硬すぎず適度に柔軟性があるため、噛み合った歯にダメージが加わりにくくなります。そのため、オールセラミックやジルコニアセラミックと比べて、強い歯ぎしりや食いしばりで歯を傷めずに済みます。

耐久性・寿命

保険適用のレジンと比べて、水分の吸収が少ないため、変色が少ないところがありますが、それでもオールセラミックやジルコニアセラミック、銀歯と比べれば耐久性に劣ります。またわずかな変色もあり、寿命は約7年前後になります。

値段の相場

ハイブリッドインレー 約3万円/本

ハイブリッドインレーは、100%オールセラミック素材のオールセラミックと比べて、安価なレジンを含むため、費用は安くなります。

ゴールドインレー

ゴールドインレー

ゴールドインレーは、金の素材で作られたインレーです。金という素材は、歯とほぼ同じ硬さといわれており、とても長持ちするのが特徴です。

特徴1.歯と同じ硬さを持つ

ゴールド、つまり金は、金合金を使ったもので、歯とちょうど同じくらいの硬さであることから天然歯になじみやすく噛み合わせる歯が金によって傷むといった心配もありません。

天然歯と同じように少しずつすり減っていくので、長い間、咬み合わせが悪くなることはほぼありません。また金属なので欠ける、割れるといったこともありません。

特徴2.金色で目立つ

金はインレーとして申し分ない素材ですが、一つだけ見た目が目立ちすぎるという欠点があります。色は当然、金色で、口を開けると光って見えます。

耐久性・寿命

金はとても耐久性に優れており、20年は持つといわれています。圧倒的に寿命が長いのが特徴です。また、装着する歯と適合が良い素材なので、隙間ができてそこへ虫歯菌が入り込み二次カリエス(二次虫歯)になることもほとんどないといわれています。変色もなく、アレルギーも起きにくい素材です。

値段の相場

ゴールドインレー 約5万~6万円/1本

ゴールドインレーは、比較的高価な素材で、およそ5万円前後になります。

銀歯(金銀パラジウム合金)

銀歯(金銀パラジウム合金)

銀歯は、一般に金銀パラジウム合金を使用したもので、よく見かける保険が適用されるインレーです。

特徴1.硬く安価で利用しやすい

銀歯は保険適用されることから、最も安く治療できるインレーで、金属の硬さで割れたり、欠けたりすることもなく、しっかりとした詰め物が手に入ります。虫歯になったときによく使われています。

特徴2.虫歯になりやすく金属アレルギーのリスクがある

しかし、銀歯は使い続けていると変形することから、次第に下の歯との適合が悪くなり、下の歯との隙間が空いてきます。するとその隙間から虫歯菌が入り込み、二次虫歯のリスクが高くなります。

また、銀歯は徐々に金属イオンが口の中に溶け出し、粘膜に触れるなどすると金属アレルギーを起こすリスクもあります。

耐久性・寿命

銀歯の耐久性は、上記の通りあまりよくはありません。そのため寿命も短いです。銀歯の寿命はおよそ3~7年、平均5年といわれています。銀歯は硬くて丈夫ではあるものの、不具合が起きやすいことで寿命が短くなります。

値段の相場

銀歯(金銀パラジウム合金) 2,000~3,000円(保険適用3割負担の場合)/1本

銀歯は、保険適用でかなり安価で治療が受けられます。金属アレルギーの心配がなく、費用負担をできるだけ抑えた場合に向いています。しかし将来のことも考え、定期的なメンテナンスを受けるつもりで利用するといいでしょう。

【まとめ】保険と保険外のインレーの値段と種類

いかがでしたか? 保険診療で受けられるインレーと保険適用外の自由診療のインレーの値段と種類を解説してきました。気になる種類は見つかったでしょうか。いずれもメリットとデメリットがあり、適応できるか分からないため、価格だけで決めず、総合的に判断するのをおすすめします。


セラミックインレーの装着後に歯がしみる原因と対処法

セラミックインレーの装着後に歯がしみる原因と対処法

インレーとクラウンの違いは?

インレーとクラウンの違いは?

気が付いたら嫌な歯科治療が終わってる?「静脈内鎮静法」って何?

気が付いたら嫌な歯科治療が終わってる?「静脈内鎮静法」って何?

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

関連記事

受け口はセラミック矯正で治せるの?

受け口はセラミック矯正で治せるの?

オールセラミックの治療で八重歯は治せるの?

オールセラミックの治療で八重歯は治せるの?

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

セラミック矯正治療で何ができる?

セラミック矯正治療で何ができる?

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

インビザライン

  1. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  2. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?