ジルコニアセラミックのメリットとデメリット

ジルコニアセラミックのメリットとデメリット

ジルコニアセラミックのメリットとデメリット

ジルコニアセラミックの歯に興味がある人はいませんか? 確かにセラミックよりも強度があり、奥歯にも使用できると知ると、とても魅力的ですよね。しかも質のいいものを詰め物や被せ物にできるというのはやはり嬉しいものです。将来、できるだけ長く使えるものを使いたいという気持ちもあるでしょう。

この優れている面の多いジルコニアセラミックも、実はデメリットがあるのです。そこで今回は、ジルコニアセラミックのメリットとデメリットをご紹介します。

ジルコニアセラミックのメリット

ジルコニアセラミックのメリット

まずはジルコニアセラミックのメリット・長所から確認していきましょう。

従来のセラミック以上の強度を持つジルコニア

ジルコニアセラミックは、従来のセラミック以上の強度と硬度を持ちます。ジルコニアセラミックはジルコニアという材質のフレームに、セラミックが焼き付けられたものが一般的です。よってセラミックだけでできているオールセラミックと比べて、強度が増しています。

このことから、例えば、オールセラミッククラウンの差し歯が歯ぎしりや食いしばりで割れる恐れがあったことから、奥歯にはあまり推奨されなかったところ、ジルコニアセラミッククラウンであれば、ある程度、耐えられるので安心です。

もともとジルコニアはスペースシャトルの壁に使われていたり、F1レースの車のブレーキシステムの一部品に利用されたりしていることからも、その強度の高さがよく分かります。

保険の差し歯以上の透明感

ジルコニアセラミックは、保険の差し歯以上の透明感があるのも大きなメリットといえます。保険の差し歯というのは、金属や歯科用プラスチックのレジンなどでできた差し歯のことです。これらはどうしても金属の違和感がありますし、白いレジンであってもセラミックと比べると透明感は劣ります。

この保険の差し歯以上の透明感が、ジルコニアセラミックにはあります。オールセラミックよりは劣りますが、天然歯と見間違えるほどの美しさは顕在です。

透明感があるということは、目立つ前歯の治療にも安心して使えるということにもなります。例えば、前歯はオールセラミックが理想的ではあるものの、歯ぎしりがあるため割れる恐れがあり、適応できないというケースもあります。そのときの代替え策として、ジルコニアセラミックが使えることになります。

変色しづらい

ジルコニアセラミックは変色しづらいというメリットもあります。先にも述べた保険の金属やレジンは、経年劣化を起こします。特にレジンは水分を吸収しやすい特性があるため、使っているうちに飲食物やタバコなどによって着色していってしまいます。その点、ジルコニアセラミックは劣化せず、変色しづらいという特性があります。

汎用性が高いジルコニア

ジルコニアセラミックは、オールセラミックと比べても、強度が高いことから、適用できる症例が大きくなります。

例えば、オールセラミックは強度に劣るため、噛み締める力が比較的、強い奥歯では使えないというのが一般的です。脆く、割れてしまう恐れがあるためです。ジルコニアセラミックの一番大きな利点は、やはり奥歯にも使えるということでしょう。もちろん、審美性が高いので前歯でも大いに利用されています。

また、クラウンやインレーだけでなく、歯のブリッジやインプラントの土台などの強度が特別必要な場合にもよく利用されています。このように汎用性が高いのもジルコニアセラミックのメリットです。

金属アレルギーの心配がない

ジルコニアセラミックは、金属を一切含まないので、金属アレルギーの心配がありません。ジルコニアという材質は、医療分野で人工関節にも使われるほど、人体に無害であることがすでに確認されています。そのため、口の中に入れても生体親和性が高く、アレルギーはもちろんおきませんし、体になじみやすい素材といえるのです。

経年劣化もせず、プラークや雑菌がつきにくい特性があるため、保険の差し歯と比べると虫歯や歯周病にもなりにくいメリットもあります。

ジルコニアセラミックのデメリット

ジルコニアセラミックのデメリット

一方、ジルコニアセラミックにもデメリットがあります。ジルコニアセラミックの治療を受けて後悔することのないように、あらかじめ短所や欠点についてもよく知っておきましょう。

歯を削る量が少し多くなる

ジルコニアセラミックは、先ほども述べたように、ジルコニアのフレームにセラミックが焼き付けられている形になっています。そのため、クラウンには厚みが出てしまい、その分、クラウンを被せる歯を小さく削る必要があります。

通常のセラミック治療よりも、歯を削る量が多くなる可能性もあるということです。しかし、削る量については、仕上がりの希望や口の状態など個人差もありますので、一概にはいえません。

歯を削る量が多くなることのリスクは、ぜひあらかじめ知っておきましょう。健康な歯を削ると、確実に歯の寿命が縮まってしまいます。まず、歯は一度削ると自然と元に戻ることはありません。

そして、その歯に何かトラブルが起きると、神経に近いことから、神経を抜く治療が必要になることもあります。神経を抜いた歯はさらに寿命が縮まってしまいます。その後のケア不足によっては、抜歯になり、入れ歯やブリッジ、インプラントが必要になるケースも考えられます。

このことは、ジルコニアセラミックに限ったことではありません。セラミック治療全般に言えることです。セラミック治療を受ける前には、削る量がどれくらいになるのか、将来的な歯の寿命はどのくらいになるのか、抜歯のリスクはどれくらいか、など、歯科医師にカウンセリング時などにしっかりと質問しておくのをおすすめします。

ジルコニアでも割れるリスクがある

ジルコニアセラミックは、その強度の面で優れているといわれています。しかし、ジルコニアセラミックであっても、絶対に割れないとは言い切れません。表面を覆うセラミックが割れてしまうこともあります。ジルコニアセラミックにしたからといって、寿命は永久というわけではないことはよく知っておきましょう。

しかし、ジルコニアセラミックに限らず、施術後、定期的に歯科検診を受けるなどして、歯科医師にジルコニアセラミックの状態を見てもらうようにすれば、極力不具合を減らすことが可能です。例えば、割れるほどの歯ぎしりを夜中してしまっている場合、歯に何かしらの兆候が表れるはずだからです。ジルコニアの割れるリスクは、このように予防することができます。

また、ジルコニアは強度と硬度が高いことが災いして、噛み合う歯を傷つけてしまう恐れがあります。しかしこれは歯科医師がジルコニアセラミックを装着したときにしっかりと咬み合わせを調整し、よく研磨することで問題は生じにくいでしょう。

他のセラミック素材より治療費が高額

ジルコニアセラミックは、他のセラミック素材よりも治療費が高額になります。他のセラミック素材との費用相場を比較してみましょう。

  • ジルコニアセラミッククラウン 約10万~20万円/本
  • オールセラミッククラウン 約8万~18万円/本
  • メタルボンドクラウン 約8万~15万円/本
  • ハイブリッドセラミッククラウン 約4~8万円/本(保険適用で約1万円/本)

これがおおよその費用相場になります。ハイブリッドセラミックの一部を除き、すべて自由診療になるため、セラミック治療は1本あたり10万円前後が相場です。

この中でも、ジルコニアセラミッククラウンは、20万円にも上ることがあり、最高額になっています。一般的には、高額で高級の審美歯科治療といえばオールセラミックですが、実はジルコニアセラミックのほうがさらに高額になります。

ジルコニアセラミックが高額の理由は、技工料が高額であるということもあります。クラウン1本当たりの価格は、もちろん、ジルコニアに使用する陶材の値段によっても変わってきますが、技工がむずかしい材質であるほど、技工に時間がかかる材質であるほど費用が割高になります。つまりジルコニアは硬いことから削り出すのに時間がかかり、その分、費用増しになっているようです。

<補足説明>

オールセラミッククラウン:100%セラミックでできた被せ物。透明度が高く審美性に優れている。

メタルボンドクラウン:フレーム部分に金属が使われており、表面がセラミックで覆われている。金属により強度が高まるが、セラミックは透明感があるため中の金属が透けてしまい、見た目は白さと美しさで劣る。

ハイブリッドセラミッククラウン:歯科用プラスチックのレジンと、セラミックが混ざった材質を使った被せ物。レジンも白いが透明感はない。セラミックと合わさってレジンだけの状態よりは見た目はよい。レジンを含むので比較的安価で治療が受けられる。

【まとめ】ジルコニアセラミックのメリットとデメリット

ジルコニアセラミックのメリットとデメリットをご紹介してきました。ジルコニアというと、そこかしこで長所ばかりを耳や目にしていたのではないでしょうか。しかし、すべての治療にメリットとデメリットが存在するように、ジルコニアセラミックにもデメリットはあります。

メリットはもちろん、そのデメリットを知った上で、デメリットをどうカバーするのか、それをカバーする手立てを持ち、きちんと提案してくれる歯科医師のいる審美歯科や矯正歯科を利用するのをおすすめします。

メリットばかりに踊らされて、結局、後悔するという事態を防ぐためにも、このことをよく覚えておきましょう。


ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

オールセラミックの治療で八重歯は治せるの?

オールセラミックの治療で八重歯は治せるの?

関連記事

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

芸能人に人気のセラミッククラウンによる矯正とは

オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックで受け口は治るの?

オールセラミックとインプラントは治療内容で選択肢が変わる

オールセラミックとインプラントは治療内容で選択肢が変わる

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

出っ歯はセラミック矯正で治せるの?

出っ歯はセラミック矯正で治せるの?

インビザライン

  1. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  2. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  3. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由