ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

セラミック治療を検討している方は、きっと美しく自然な白い歯にしたいと思っていることでしょう。セラミック治療の中には、オールセラミックやジルコニアセラミック、メタルボンドなどさまざまな種類がありますが、どれにしようか迷っていませんか? どれも白くてきれいな歯ではありますが、少しずつ透明度や白さ、強度、金属の有無など違います。

そこで今回は、これらの中でも見た目の透明度も高く美しい上に、強度の高いジルコニアセラミックの特徴と治療の種類をご紹介します。

ジルコニアとは

ジルコニアとは

ジルコニアセラミックを知る上で、まず知っておきたいのがジルコニアという材質のこと。ジルコニアという響きを聞いて、耳慣れない方も多いと思いますが、実はジルコニアはすでに医療や宇宙、F1業界など、あらゆる分野で活用されており、役立っている素材なのです。

医療分野では、整形外科で用いる人工関節の材料として活用されています。また、宇宙分野ではスペースシャトルの壁に使われています。さらにF1業界では車のブレーキシステムの一部品に利用されてきました。その他にも、私たちの生活に身近な包丁の材質としても利用されています。このように、ジルコニアはすでにさまざまな分野で貢献している材質です。

ジルコニアは、酸化ジルコニアと呼ばれるものを主原料とするもので、人工ダイヤモンドと呼ばれるように非常に強度が高いことで知られています。後程詳しくご説明しますが、この強度の高さがジルコニアが多く利用されている利点でもあります。

そして、これからご説明するセラミック治療においても、ジルコニアが使用されるようになりました。すでに世界では多く利用されていますが、ジルコニアセラミックスが国内で厚生労働省の認可が下りたのは2005年のことで、まだ歯科治療においては歴史の比較的浅い材質です。

このジルコニアの登場により、これまでの歯科治療が大きく変わってきたといっても過言ではありません。それはこれまでのセラミック治療を覆えすものでした。

ジルコニアセラミックス、もしくはジルコニアセラミックとは、ジルコニアの材質を差し歯のフレームにして、表面にセラミックを焼き付けたものと、内側から外側まですべてジルコニアを使用したものがあります。

最近では、セラミック治療において、このジルコニアセラミックが使用されるようになっています。

ジルコニアセラミックの特徴

ジルコニアセラミックの特徴

では、歯科医療におけるジルコニアセラミックは、ジルコニアの材質として、他の材質と比べてどのような特徴があるのかみていきましょう。すでに利用されているセラミック治療の材質としては、オールセラミックに使用されるセラミック、ハイブリッドセラミックに使用される歯科用プラスチックのレジン、メタルボンドで使用される金属などがあります。

セラミックの中でも特に硬くて丈夫

先ほどもお伝えしたように、ジルコニアセラミックは、他のセラミック歯と比べて、各段に硬くて丈夫な特徴があります。それは、医療の人工関節はもちろんのこと、スペースシャトルやF1など、強度が非常に求められる分野で使用されていることからも分かります。口の中に入っても、その丈夫さは顕在です。

従来、セラミック歯というと、銀歯よりも見た目が美しく、自然の歯に近しいことから比べようがなく、欠点がないように見えますが、実は銀歯よりも脆く、欠けやすいという欠点がありました。

もちろん、オールセラミックの歯でも少しの力で割れるほどではありませんが、歯ぎしりの強い人などや噛み締める奥歯の歯にオールセラミックの差し歯を入れると、割れることがあります。そのセラミックの大きな欠点をカバーしたのが、ジルコニアセラミックです。

ジルコニアを人工歯のフレームに使用し、その上にセラミックを焼き付けることで、ジルコニアの強度の高さが助けになり、硬く割れにくい差し歯となるのです。

ただし、その硬さゆえに、削りにくいといった加工がむずかしいという欠点もあります。そのため、多少、歯へのフィット感に劣ることがあります。

軽く自然な噛み心地

ジルコニアセラミックのもう一つの特徴として、「軽い」ということがあります。どれくらい軽いのかというと、一般的に差し歯に使用される金属よりも、約3分の1程度しかありません。

では、差し歯は重さによってどう変わるのでしょうか。よくいわれるのは、金属製のブリッジ治療において、大きなブリッジを使用すると、左右のバランスが取れにくくなるくらい、金属はある程度重さがあるのが問題になることがあります。

ブリッジは固定された入れ歯のようなものですが、ずっとこのような金属が入っていれば、当然、噛み合わせのバランスなどの支障が出てくることも考えられます。

また、基本的に差し歯が軽いと、自然な噛み心地が手に入ります。まるで何もつけていないかのように、本当の自分の歯のように使用することができます。そもそも差し歯は違和感がないことが一番ですから、違和感が出にくいのは大きなメリットといえます。

天然歯に近い透明感

セラミック歯の中には、差し歯に金属を裏打ちして強度を高め、その上にセラミックの陶材を焼き付けるメタルボンドという種類もありますが、どうしても審美性に劣るという懸念点がありました。なぜなら、セラミックは透明度が高いため、金属が透けてしまい、自然な歯を実現できないことが理由です。金属は強度が高いことで知られており、脆く割れやすいセラミックの欠点を補うことができますが、懸念点は相変わらずありました。

そこでジルコニアセラミックが強度だけでなく、その透明感から大きなメリットが生まれています。ジルコニアセラミックは、強度が高いのに透明感があり、自然な白さで、天然の歯に近いというメリットです。

また、色の観点からいうと、ジルコニアセラミックは、天然歯の色に合わせて、さまざまな色が用意されており、その中から色を選ぶことができます。そのため、より一層、天然歯と見間違えるほどの美しい差し歯を作ることができるということです。

さらに、ジルコニアはレジンと異なり、経年劣化を起こしません。変色のリスクがないということです。それは、セラミックも同様です。金属もそのものは変色しませんが、歯茎に金属イオンが溶け出し、歯茎が黒っぽくなることがあります。

金属アレルギーの心配がなく生体親和性が高い

ジルコニアセラミックは、オールセラミックと同じく、金属アレルギーの心配のない材質です。そして、特にジルコニアは、先ほどもご紹介した通り、医療分野の人工関節に使われているくらい、生体親和性が高い特性を持つ素材であることが証明されています。

生体親和性とは、生きた体の組織や細胞とのなじみがよく、生きた体が異物として認識しない度合いのことをいいます。

例えば、生体親和性が比較的低い金属は、金属アレルギーを起こすことが広く知られています。金属アレルギーとは、金属が皮膚に触れたり、体の中に何らかの形で入り込んだりしたときに、体が異物として認識し、皮膚がかぶれるなどの症状を起こすことをいいます。

被せ物やブリッジなどで、さまざまな材質の人工歯を口の中に入れたときには、口の中の粘膜と直接触れますが、当然、できるだけ生体親和性が高く、異物として認識しないものがいいでしょう。その点、ジルコニアは生体親和性の高さからアレルギーを起こす心配はなく、安心して利用することができるのです。

このことから、ジルコニアセラミックは、オールセラミック同様、金属アレルギーが心配な方に向いています。

ジルコニアセラミックを用いた治療の種類

このジルコニアセラミックは、実際、どのようなセラミック治療で利用されているのでしょうか。そのジルコニアの特徴を活かして一般に多く行われる、主な3つの治療をご紹介します。

前歯のセラミック矯正

前歯のセラミック矯正

ジルコニアセラミックは、前歯のセラミック矯正でよく利用されています。前歯に使用できるのは、その透明感の高さや硬く丈夫である点などが挙げられます。

セラミック矯正とは、数ある歯の矯正治療の中でも、セラミッククラウンの差し歯を差すことにより、短期で矯正を行う治療法です。他に、歯を数年かけて移動させる歯列矯正のワイヤー矯正やマウスピース矯正などがありますが、それとは異なり、歯を削って人工の歯を被せることで治療する方法です。

前歯のセラミック矯正といえば、先日、ある芸能人も行っていましたが、例えば、出っ歯などが適応になります。出っ歯を差し歯によって改善する方法です。

このセラミック矯正の差し歯にジルコニアセラミックを使用することにより、天然歯のような美しさが手に入ります。また、オールセラミックよりも強度に優れているので、割れにくいメリットもあります。軽いので前歯にも適しているでしょう。

奥歯のセラミックインレー

奥歯のセラミックインレー

セラミック治療の中でも、奥歯の治療の場合、セラミックの割れやすさから難しいとされてきました。そのため、インレーという詰め物を奥歯に施す場合、セラミック治療ではメタルボンドなどの審美性の劣る、丈夫なものを使うのが一般的でした。

その点、ジルコニアセラミックは透明感があり天然歯に近しいことから見た目もキープできる上に、割れにくく丈夫という両方を兼ね備えた、奥歯のセラミックインレーにはかなり適した材質といえます。ジルコニアセラミックにすれば、思い切り硬いものも安心して噛むことができるでしょう。

歯の欠損を補うセラミックブリッジ

歯の欠損を補うセラミックブリッジ

ブリッジとは、歯が欠けてしまったときに、そこに両隣の歯に橋をかけるようにして人工歯を被せる治療法です。入れ歯と似ていますが、入れ歯のように自分で取り外すことはできません。また、ブリッジ治療では、両隣の歯の部分にも人工歯が必要になります。最も単純な形のブリッジは、人工の歯の冠部分が3つ連なっている形になります。これを欠損している部分にはめこみます。

ブリッジ治療には、セラミック素材が使われることが多いです。しかしながら、ブリッジは橋をかけて固定するため、かなりの強度が必要になります。このことから、比較的脆いオールセラミックではなかなか難しいところがあります。

そこでジルコニアセラミックが持つその丈夫さや審美性の高さという特徴から、ブリッジ治療に向いており、よく治療に使用されています。

ジルコニアセラミックの治療が受けられる歯科医院は?

ジルコニアセラミックの治療が受けられる歯科医院は?

このようなジルコニアセラミックの特徴を知ったら、ぜひ治療を受けたいと思った方は多いのではないでしょうか。ジルコニアセラミックの治療が受けられる歯医者さんは、どのような歯医者さんなのかぜひ知っておきましょう。

一般的に、ジルコニアセラミック治療は審美歯科、美容歯科、矯正歯科で行われています。

ジルコニアセラミック治療は、保険が適用されないため、自由診療になります。そのため、価格も歯医者さんによって大きく異なってきます。また、取り扱っているジルコニアセラミックの種類も歯医者さんによって異なりますので、事前によく確認する必要があります。

ジルコニアセラミック治療は、その材質が高価であることから、必然的に高額の治療になります。オールセラミック治療でも敷居が高いと感じるかもしれませんが、ジルコニアセラミックになるとそれより高額になることは知っておかなければなりません。しかし、価格に見合った特徴を持つ材質であることは、これまでの説明できっとお分かりのことでしょう。

もしジルコニアセラミック治療をできるだけ割安で受けたいという場合、審美歯科や矯正歯科で行われているモニター制度を活用するという方法もあります。モニター制度とは、症例としてホームページなどで公開する口元の写真や動画、治療のアンケートなどに協力するモニターとなることで、割引を受けられるなどのメリットが得られる制度のことです。歯医者さんによってルールは異なりますので、必ず内容を十分確認してから利用するようにしましょう。

またジルコニアの中でも、ジルコニアセラミックとフルジルコニアでは異なりますので、もしフルジルコニアを希望している場合には、これも事前に確認しておく必要があります。

ジルコニアセラミックはまだ認可されて間もないことから、症例数が少ない歯医者さんもあります。できればジルコニアセラミックにすでに症例数が数多くあり、セラミック矯正や奥歯のセラミックインレーなどの経験豊富な歯科医師のいるところを探すのをおすすめします。また、万が一、破損などの事態が起きないとも限りません。その場合の対応がどうなっているのかも含めて、事前に確認が必要です。

そして知っておきたいのは、ジルコニアセラミックを扱っている歯医者さんでも、必ずしもジルコニアセラミック治療が受けられるかどうか分からないということです。歯科医師が歯の状態や噛み合わせなどをすべて見て、ジルコニアセラミックが適しているかどうか判断した上で、問題がない場合に治療が受けられます。この点は覚えておきましょう。

【まとめ】ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

今回は、ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類をご紹介してきました。ジルコニアセラミックの材質について、知識が深まったことでしょう。興味が湧いた方は、ジルコニアセラミック治療の症例数の多いところから当たっていくのをおすすめします。


ジルコニアセラミックのメリットとデメリット

ジルコニアセラミックのメリットとデメリット

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

オールセラミックなら歯茎が黒くならないの?

オールセラミックの治療で八重歯は治せるの?

オールセラミックの治療で八重歯は治せるの?

オールセラミックの治療をする最適な年齢は?高校生でもできるの?

オールセラミックの治療をする最適な年齢は?高校生でもできるの?

関連記事

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

セラミック矯正のデメリットとメリットとは?

セラミック矯正のデメリットとメリットとは?

オールセラミックの特徴と治療の種類

オールセラミックの特徴と治療の種類

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックは安い?高い?値段の相場は?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

ジルコニアセラミックと他の素材の違いは?

インビザライン

  1. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  2. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2018.09.13

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

  3. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?