液体歯磨きとデンタルリンス(洗口剤)の違い

デンタルリンス

最近、テレビCMやドラッグストアなどでよく目にするようになった「液体歯磨き」と「デンタルリンス(洗口液)」。みなさんも、歯磨きのときや、口臭予防のために利用したことがあるのでは?

その何気なく使っている二つのオーラルケアアイテム、似ているようで、実はまったく別物なのです。果たして、「液体歯磨き」と「デンタルリンス(洗口液)」はどう違うのでしょうか。その違いと正しい使い方をご紹介します。

液体歯磨きとは

液体歯磨きとは、いわゆるチューブに入った「歯磨き粉」と呼ばれるものの“液体版”です。つまり、歯磨き剤の一種で、歯磨きのときに使います。ただ、一般的な歯磨き粉と違うのは、歯ブラシがなくても使うことができる点です。

口の中に適量を含んでブクブクうがいをした後に、吐き出して、水で口をすすぎます。口の中に少量を含んで全体に行き渡らせた後に、ブラッシングをしてもかまいません。

デンタルリンス(洗口液)とは

デンタルリンス(洗口液)

デンタルリンスとは、「洗口液」とも呼ばれるもので、歯磨き剤ではありません。目的は、口臭防止・口の中の浄化、口の中の乾燥の予防、保湿、清涼感を得ることなどがあります。歯ブラシを使わずに口の中を洗うことができます。

ただし、歯磨きの代わりに行うものではないため、一般的には歯磨き後の仕上げとして行われることが多いです。また、口臭が気になる日中など、随時気づいたときにも気軽に使うことができます。

液体歯磨きとデンタルリンス(洗口液)は用途が違う

液体歯磨きとデンタルリンス(洗口液)は用途

液体歯磨きとデンタルリンス(洗口液)の大きな違いは、その目的です。

液体歯磨きは、通常、歯のブラッシングと共に使用し、口の中のプラークコントロールの補助として使用します。一方、デンタルリンス(洗口液)は、主に口臭予防や浄化などがそのメインの目的です。また、液体歯磨きは必ずしもブラッシングが必要というわけではありませんが、歯ブラシを併用するかどうかという点でも異なります。

液体歯磨きのメリット・デメリット

液体歯磨きにもメリットとデメリットはあります。

液体歯磨きのメリット

まずは、液体歯磨きのメリットを紹介していきます。

研磨剤が入っていないので歯が傷つかない

一般的な歯磨き粉は、研磨剤入りのものが多くあります。研磨剤が入っていると、強くゴシゴシこすって磨くと歯を傷つけてしまいます。その点、液体歯磨きは研磨剤が入っていないので、歯を傷つけるリスクがありません。

口腔内の隅々にまで液体が浸透する

チューブ入りの練り歯磨きと比べて、液体歯磨きは口の中、隅々にまで全体に液体を行き渡らせることができます。歯磨き自体に有効成分が含まれている場合、液体歯磨きのほうが有効成分を行き渡らせることができるでしょう。

液体歯磨きのデメリット

次に液体歯磨きのデメリットを紹介していきます。

歯の表面の汚れを落とせるわけではない

液体歯磨きは、研磨剤が入っていない分、歯の表面の汚れを落としにくいということはあります。

プラーク(歯垢)は歯磨き粉や液体歯磨きを使わなくともブラッシングである程度除去することができます。しかし、タバコのヤニや茶渋などのしつこい汚れは、歯磨き粉の力を借りないと落とせないこともあります。そのため、液体歯磨きでは、タバコのヤニや茶渋は取れにくいため、歯磨き粉を使用するようにしましょう。

デンタルリンス(洗口液)のメリット・デメリット

手軽に使えるデンタルリンス(洗口液)のメリットとデメリットをを紹介します。

デンタルリンス(洗口液)のメリット

まずはデンタルリンスのメリットからご紹介いたします。

口腔内を手軽に清潔にできる

デンタルリンスは歯ブラシがないときでも、口の中を手軽に清潔にすることができるのが一番のメリットです。もちろん、歯磨きの代わりにはなりませんが、口臭が気になるとき、口の中の汚れを一時的にきれいにしたいといったときなどに便利です。

歯磨き後に使用すると細菌を除去できる

デンタルリンスは、歯磨き後の仕上げや、起床後・就寝前に使うのが推奨されています。デンタルリンスには、殺菌成分などが含まれているため、口の中をゆすぐだけで、手軽に口の中全体の細菌を除去することができます。

デンタルリンス(洗口液)のデメリット

次にデンタルリンスのデメリットをご紹介いたします。

歯磨きの代わりにはならない

デンタルリンスは手軽でありながら、歯磨きの代わりにはなりません。歯ブラシで歯を磨く目的は、主にプラーク(歯垢)を除去することにあります。プラークとは細菌の塊で、ベトベトしていて歯ブラシでなければ取ることができません。口をゆすいだだけでは、いくら殺菌成分が入っていても歯にへばりついた歯垢までは取ることができません。

アルコール入りは口の中に悪影響を及ぼす場合もある

デンタルリンスの中には、アルコール入りのものがあり、場合によっては、口の中で刺激となったり、乾燥しやすくなったりすることがあります。

正しい使い方を知って使い分けよう!

液体歯磨きとデンタルリンス(洗口液)の正しい使い方

液体歯磨きとデンタルリンス(洗口液)は、似ているようでまったく違うことがわかりました。そこでそれぞれの正しい使い方を知り、そのメリットを生かして上手に使い分けましょう。ただし、正しい詳細な使い方は、商品に記載の方法に従ってください。

液体歯磨きの正しい使い方

  1. 歯磨きの前に適量を口に含む
  2. 20~30秒ほどブクブクうがいをする
  3. 吐き出して、歯ブラシでブラッシングをする
  4. 歯磨きが終わったら水で口をすすぐ

デンタルリンス(洗口液)の正しい使い方

  1. 歯磨き後や口の中が気になるときなどに適量を口に含む
  2. 20~30秒ほどブクブクうがいをする
  3. 吐き出す(基本的に水ですすぐ必要はない)

液体歯磨きとデンタルリンス(洗口剤)についてのまとめ

液体歯磨きとデンタルリンス(洗口液)は、オーラルケアの助けになるものです。ぜひ歯ブラシによるブラッシングにプラスして行い、徹底したケアに努めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. マウスウォッシュ

    高い殺菌力なのにピリピリしないマウスウォッシュ「コンクールF」

特集記事

  1. きれいな歯並び_20160523
  2. 歯科検診
  3. 歯磨きで血が出てしまう
  4. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  5. 歯科医師_日本人_女性_20160522

記事一覧

人気記事ランキング

  1. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  2. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正
  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる
  4. 費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正
  5. 出っ歯はセラミック矯正で治せる
  6. 歯茎が黒くならない差し歯 セラミック
  7. セラミック矯正のデメリットとメリット
  8. 高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット
  9. 虫歯でもセラミック矯正はできる
  10. 受け口はセラミック矯正で治せる

当サイトおすすめの記事

  1. 歯ぎしり・食いしばり ブラキシズムって何?放っておくと怖い歯ぎしり・食い…
  2. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは? ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  3. 小児_ワイヤー矯正 子供の歯列矯正について
  4. たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは たった数分でガミースマイルを改善する歯肉整形とは
  5. 歯並びがきれいな女性の画像 悪い歯並びにはこんなに種類が!適した歯科矯正は?
PAGE TOP