歯周病や虫歯の原因である歯石ができる仕組みと予防法

歯周病や虫歯の原因である歯石ができる仕組みと予防法

歯周病や虫歯の原因である歯石ができる仕組みと予防法

虫歯や歯周病を心配している人にとって、歯垢や歯石という言葉には敏感に反応することでしょう。これらの言葉は、なんとなく分かっているものの、実際、どんなものなのか詳しく知らないということは多いものです。そこで今回は、今さら聞けない「歯石」についての基本的なことを解説していきます。

歯石とは

歯石とは

歯石とは、「石」という文字通り、硬い石のようなかたまりです。主に、歯と歯茎の境目につくもので、少し灰色がかった白い色をしています。これは、「歯垢(プラーク)」が石灰化したものです。

歯垢とは、虫歯菌や歯周病菌などの生きた細菌が集まったもので、食べ物を口の中に取り入れると、歯の表面に付着するものです。なんと1mg中、1億個以上もの細菌がいるといわれています。白色かクリーム色をした、ネバネバした形状で、歯にべったりとついています。そのため、うがいでは取れず、歯ブラシやデンタルフロスなどを使ってはじめて取ることができます。

実はこの歯垢を放置すると、歯にくっついたまま、中の細菌が食べ物を餌にして酸を作り出し、歯を溶かしたり、歯茎に炎症を起こしたりするのです。つまり、歯垢は虫歯歯周病の原因になるものなのです。

なぜ歯石が付くの?

なぜ歯石が付くの?

では、なぜ歯石が付くようになるのでしょうか。まず、歯垢が歯石に変化する原因からみていきましょう。

歯垢は通常、歯ブラシやデンタルフロスなどで口の中を掃除すれば取ることができます。しかし、歯磨きを怠って何日も放置したり、磨き残しがあったりすると、歯垢は2~3日で「石灰化」を起こします。石灰化は、唾液などに含まれている、「カルシウム」や「リン酸」が歯垢の内部で「リン酸カルシウム」という物質の結晶を作ることで起こってきます。

そうして歯垢は硬くなり、歯石に変化していきます。歯石には「縁上歯石(えんじょうしせき)」と「縁下歯石(えんかしせき)」があります。歯石ができる場所に違いがあります。

  • 縁上歯石(えんじょうしせき):歯肉の一番上のラインから上についた歯石のこと。白灰色をしている。
  • 縁下歯石(えんかしせき):歯肉の一番上のラインから下についた歯石のこと。主に「歯周ポケット」という歯と歯肉の溝に沈着する。血液などが混じり、暗い色をしていることもある。

歯石がつきやすい人って?

歯石がつきやすい人って?

歯石は、そのできるメカニズムから、唾液が大きくかかわっていることをご説明しました。唾液は人によって出る量も質も異なるため、歯石が付きやすい人とつきにくい人に分かれます。

歯石が付きやすい人は、そもそも唾液量が多く、同時に唾液のpHが高く、アルカリ性寄り、そして唾液がサラサラしている傾向があるといわれています。これらは、すべてリン酸カルシウムが沈着しやすい唾液です。この唾液の状態は、生活習慣や体質によって決まってくるといわれています。

しかし、唾液がアルカリ性寄りという人は、虫歯予防には効果を発揮するといわれています。虫歯は虫歯菌が出した酸によって歯が溶ける病気なので、口の中が酸性に傾きます。その点、アルカリ性の唾液なら、酸性に傾いた口の中を中和することができます。一方で、歯石ができやすいため、歯周病リスクは高くなってしまいます。

歯石を放置するとどうなる?

歯石を放置するとどうなる?

では歯石を放置するとどうなるのでしょうか。先ほども述べた通り、歯石は細菌のかたまりで、毒素を出して歯茎を攻撃します。やがて骨まで溶けてしまう歯周病につながるのです。

また、歯石は口臭の原因にもなるといわれています。

歯石の上には、歯垢がつきやすいため、歯垢がどんどん積み重なっていくと、歯石が大きくなってしまいます。歯石を放置することに、いいことは一つもないのです。

歯石を取るには?

歯石を取るには?

しかし、注意したいのは、歯石は自分の毎日の歯磨きでは絶対に除去することはできないという点です。歯ブラシで除去できるのは、歯垢までです。それほど、歯石というのは硬く歯にこびりついて取れないものなのです。

歯石を取るには、歯科医院で専用の器具を使うなどして取ってもらうしか方法がありません。多くの歯科医院では、「クリーニング(PMTC)」というものを定期的に受けられます。

PMTCとは

PMTCとは

PMTCとは、「プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」のことです。つまり、「歯科の専門家が、機械を使って行う歯のクリーニング」という意味です。このPMTCでは、歯石だけでなく、歯磨きでは取り除けない膜状の菌「バイオフィルム」や、たばこのヤニなどの着色汚れなども除去することができます。1年に3~4回などを目安に、定期的に通うといいでしょう。

【まとめ】歯周病や虫歯の原因である歯石ができる仕組みと予防法

歯石は、歯垢という細菌のかたまりが、唾液などに含まれる成分が混じることで、硬くなった状態のものです。歯ブラシでは取ることができない上に、放置すれば歯周病で歯や歯の骨を失いかねません。ぜひ歯石になる前に、毎日の歯磨きを徹底しましょう。もし今、歯石がたまっている、たまっているかどうか知りたい、という人は、歯科医院で診てもらいましょう。


虫歯予防はただ磨くだけじゃダメ!正しい歯のケア方法とは?

虫歯予防はただ磨くだけじゃダメ!正しい歯のケア方法とは?

意外と知らない虫歯と歯周病の事実

意外と知らない虫歯と歯周病の事実

キス病って何?キスで歯周病や病気がうつる?!

キス病って何?キスで歯周病や病気がうつる?!

ブラキシズムって何?放っておくと怖い歯ぎしり・食いしばりについて

ブラキシズムって何?放っておくと怖い歯ぎしり・食いしばりについて

親知らずのリスクと治療法

親知らずのリスクと治療法

歯並び悪化の原因と親知らずの関係について

歯並び悪化の原因と親知らずの関係について

関連記事

予防歯科のススメ

予防歯科のススメ

気づかないうちに歯が抜け落ちる「歯周病」のリスク

気づかないうちに歯が抜け落ちる「歯周病」のリスク

親知らずのリスクと治療法

親知らずのリスクと治療法

ブラキシズムって何?放っておくと怖い歯ぎしり・食いしばりについて

ブラキシズムって何?放っておくと怖い歯ぎしり・食いしばりについて

歯科医院でしか買えないキシリトールガムの効果

歯科医院でしか買えないキシリトールガムの効果

キス病って何?キスで歯周病や病気がうつる?!

キス病って何?キスで歯周病や病気がうつる?!

インビザライン

  1. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  2. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?