なぜ唾液は一日1リットルも分泌されるのか?

なぜ唾液は一日1リットルも分泌されるのか?

なぜ唾液は一日1リットルも分泌されるのか?

誰の口の中にもある唾液。

実はこの唾液は口の中の環境を整えるうえで、とても重要な役割を果たしているのをご存知ですか?

普段あまり意識していないと思いますが、みなさんは一日に唾液を1リットル以上も分泌しているのです。※ただし個人差が大きく、体調、年齢、ストレスなどの影響を強く受けます。

よだれを垂らす、唾を吐くなど、悪いイメージにも使われがちな唾液ですが、私たちが健やかに生活するために唾液はなくてなくれはならない存在です。今回は健康的なオーラルケアのための、唾液について知っていただければと思います。

唾液とは?

唾液とは?

唾液は99%が水分で、唾液腺と呼ばれるところで生成された唾液は、管を通って口の中に数か所ある開口部から出てきます。個人差はありますが一日に1~1.5リットル分泌され、主に交感神経と副交感神経の影響を受け分泌されます。リラックスしている時に働いている副交感神経が優位の時は、サラサラとしていて量も多めの唾液が出ます。緊張状態の時に働いている交感神経が優位の時は、ネバネバとしていて量も少なめです。また食事などの条件によって出る条件反射や、食事の匂いを嗅いだだけで出る無条件反射によっても分泌します。

唾液の作用は?

唾液には様々な成分が含まれていて、それぞれに作用があります。

  • アミラーゼという酵素には、でんぷんの消化作用があります。唾液が少なくなると胃の負担が大きくなります。
  • ムチンというたんぱく質は、食事を食べやすくする軟化作用、消化粘膜の保護の役割を果たしています。唾液が少なくなると、口の中にダイレクトに食べ物があたり傷つきやすくなります。ムチンには口の中に入ったPHの違うものを中性にする緩衝作用、中和作用もあります。唾液が少なくなると、PHによって歯が溶けやすくなり虫歯になりやすくなります。
  • 主成分である水分は潤滑油として働き、唾液が少なくなると嚥下がしにくくなるのでむせやすくなったり、発音や会話時になめらかにできなくなります。また乾燥状態になると風邪をひきやすくなったり、口臭が出たりします。
  • ラクトペルオキシダーゼやラクトフェリンと呼ばれる抗菌物質には自浄、洗浄作用があり、口の中の細菌を取り除きます。唾液の量が減ると、虫歯や歯周病になりやすくなります。
  • 亜鉛には味覚を感じる作用があり、唾液が減ると味を感じにくくなります。
  • Caイオンやリン酸イオンには、再石灰化と呼ばれる歯の修復作用があります。
  • 上皮成長因子(EGF)や神経成長因子(NGF)には、傷の再生、老化防止作用があります。唾液が少なくなると、口の傷が治りにくく神経の回復が遅くなることもあります。

これだけでも唾液がいかに大切かおわかりいただけると思います。

どんな時に唾液が減るの?

口腔内を守ってくれている唾液ですが、さまざまな原因から分泌される量が減ってしまうことがあります。唾液が減る主な原因は以下となります。

  • 加齢による原因
  • 緊張など交感神経が優位状態の時
  • ストレスによる原因
  • 鼻づまりなどからくる口呼吸時
  • 常用薬の副作用による原因

唾液が減ったらどうしたらいいの?

もし唾液の量が減ってしまったら、どのように対処したらよいのでしょうか。対処法をご紹介します。

  • できるだけ副交感神経が優位になるよう、緊張状態を解いてリラックスすること
  • 食べ物をよく噛んで唾液を出すこと
  • 唾液分泌促進剤の使用、湿潤剤の使用
  • 唾液腺のマッサージ
  • ガムを噛む
  • お口を閉じて口呼吸ではなく鼻呼吸を心がける
  • 普段飲んでいるお薬に口渇の副作用がないか確認し担当医に相談する

唾液が増えすぎる時はどんなとき?

では逆に唾液の分泌が過剰になる時には、どのようなことが体に起こっていて、どのように対処したらよいのでしょうか。唾液が増える時は、同じ消化機能を持つ胃腸が弱っている可能性や交感神経、副交感神経である自律神経に支障をきたしていることもあります。また、嘔吐や妊娠なども唾液の増えすぎに影響することがありますので、かかりつけの医師に相談してみることもおすすめです。

また唾液が増えすぎによって起こるのが歯石の沈着です。唾液に含まれるカルシウムやリン酸が大量に口の中に停滞すると、歯石となり歯に付着します。歯石はカルシウムだけではなく、口の中の細菌も含んでいるため、長期間歯石が付着すると歯肉炎や歯周病の原因にもなります。1~3か月を目途に歯科医院で定期健診を受け、歯のクリーニングで歯石を除去するとよいでしょう。

【まとめ】なぜ唾液は一日1リットルも分泌されるのか?

みささんの口腔内では毎日大量の唾液が分泌されています。あまり唾液の量を意識する方は少ないかもしれません。しかし、紹介してきたように唾液には様々な作用があり、ご自身の唾液の量によって口腔内のトラブル回避、歯肉炎、歯周病予防や体の不調を事前に察知することができます。歯科医院へ定期的に通い、ご自身のオーラルケアに努めてみてはいかがでしょうか。

口臭の原因と予防について

口臭の原因と予防について

歯周病予防に必須の歯垢・歯石の除去から最新治療まで

歯周病予防に必須の歯垢・歯石の除去から最新治療まで

スウェーデン式歯磨きで虫歯・歯周病予防

スウェーデン式歯磨きで虫歯・歯周病予防

オーラルケアの正しい基礎知識

オーラルケアの正しい基礎知識

歯磨き

食後すぐの歯磨きはあり?なし?いつ磨けばいいの?

予防歯科のススメ

予防歯科のススメ

関連記事

口腔内の痛み

口内炎の原因と治療法

美容整形せずにプルプル唇に!ラシャスリップの効果とは

美容整形せずにプルプル唇に!ラシャスリップの効果とは

口の乾き

口の中乾いてない?ドライマウスの原因と予防について

口元の「キレイ」を演出する歯磨き粉が登場

口元の「キレイ」を演出する歯磨き粉が登場

歯周病予防とその症状について

歯周病予防とその症状について

歯よりも軟らかいLIME粒子入り歯磨き粉の驚くべき効果とは?

歯よりも軟らかいLIME粒子入り歯磨き粉の驚くべき効果とは?

インビザライン

  1. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2017.01.8

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

  2. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2017.02.20

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

    2015.11.9

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

有村藍里 セラミック矯正