ホワイトコート(歯のマニキュア)とは

ホワイトコート(歯のマニキュア)とは

ホワイトコート(歯のマニキュア)とは

歯を白くしたいと思ったら、真っ先に思いつくのがホワイトニングではないでしょうか。でも、実は他にも歯を白くする方法はあるのです。その方法の一つに、ホワイトニングよりも手軽に安価で受けられる、歯のマニキュア「ホワイトコート」があります。

そこで今回は、ホワイトコートとは何なのか、そのメリットやデメリットなどをご紹介します。

ホワイトコートとは

ホワイトコートとは

ホワイトコートとは、いってみれば一時的に歯にコーティングをして歯を白くする方法です。歯のマニキュアとも呼ばれます。マニキュアといえば爪にするものがイメージされますが、歯にもコーティングすることができるのです。

その歯にコーティングする材料は、白いプラスチックです。特殊な素材で、光を浴びせると固まる性質があります。よく、虫歯治療のときに白い詰め物をされたことがある方も多いでしょう。あの白い詰め物は「コンポジットレジン」と呼ばれるものです。実はホワイトコートで使用するのは、このコンポジットレジンと同じ素材なのです。

ホワイトコートは、いってみればメイクやネイルのようなもの。上から白く覆い隠して歯を美しく見せることができます。一度の通院で歯を白くすることができます。ただし、マニキュアのように、だんだん剥がれてきてしまいます。例えば、自然とフチのほうが欠けてしまったり、思いっきり硬いものを噛むと欠けてしまったりします。

ホワイトコートのメリットとデメリット

ホワイトコートのメリットとデメリット

ではここで、ホワイトコートのメリットとデメリットをそれぞれ確認しておきましょう。

メリット

  • 歯を削ったり、傷つけたりすることがない
  • 痛みがない
  • 短時間で白い歯を手に入れられる
  • 銀歯や差し歯なども白くできる
  • 自分の好みの白さにできる

ホワイトコートは、基本的に歯を削ることはありません。よって歯の表面を傷つけることもなく、大掛かりな施術をすることもなく、短時間で白い歯が手に入ります。自分の歯だけでなく、銀歯や差し歯も白くコーティング可能です。白さが選べるのもまるでメイクのようで楽しくなってきます。

デメリット

  • およそ1~3ヶ月ほどしか持たない
  • 剥がれるとリペア(修復)を行う必要がある
  • 噛み合わせ部分は高さが変わってしまうため、コーティングできない

爪のマニキュアや顔のメイクがそうであるように、ホワイトコートも表面をコーティングするだけなので、いずれ剥がれてきてしまいます。また、噛み合わせの部分にコーティングすると噛み合わせが変わってしまうため、物が食べにくくなるなど、さまざまな問題が生じることがあります。よって噛み合わせ部分はコーティングできません。

ホワイトコートのコーティングの流れ

ホワイトコートのコーティングの流れ

では、このホワイトコートは具体的にどんな風に行うのでしょうか。簡単に流れをみていきましょう。

コーティングしたい色を選んだら、いよいよ施術。まずは歯の表面汚れを落とすクリーニングからはじまります。そして専用の接着剤「プライマー」を歯の表面に塗り、次に「ベースコート」を塗ります。次は、いよいよ塗ったところに光を照射して固めます。

最後に「トップコート」を塗って、同じように光を照射し、固めて完了です。

ホワイトコートのよくある質問

ホワイトコートのよくある質問

ここで、ホワイトコートについてもっと詳しく知るために、よくある質問を確認しておきましょう。

白さが選べるって本当?どんな色が選べるの?

ホワイトコートは、希望に応じてその白さを選ぶことができます。真っ白がいい場合、ナチュラルな白さがいい場合など好みに応じて選ぶことができます。

白さはどれぐらい持つの?

一般的には1~3ヶ月ほどは持つといわれています。しかし、人によっては2週間でホワイトコートが欠けてしまうケースもあるようです。

剥がれてしまったらどうすればいいの?

剥がれてしまったら、歯科医院へ行き、コーティングの除去、もしくは再度塗布してもらいましょう。メンテナンスは、剥がれる前に受けることが歯の白さや美しさを保つためのポイントです。

市販のホワイトコートとの違いは?

このホワイトコートは、市販の商品にも存在します。自分でハケやペンで液剤を塗り、歯をコーティングします。しかし、市販のホワイトコートは、歯科医院で使用するコーティング剤とは異なるものなので、なかなか思うような白さに仕上がらないこともあります。

また、歯科医院で行われるホワイトコートと比べると、長持ちしないといわれています。

【まとめ】ホワイトコート(歯のマニキュア)とは

ホワイトコート(歯のマニキュア)は、手軽かつスピーディーに歯を白くすることのできる方法です。1~3ヶ月ほどしか持たないものですが、結婚式が迫っているなど、すぐにでも歯を白くしたい、銀歯を隠したいといった場合におすすめです。


ティオン ホームホワイトニングとは

ティオン ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングでLEDライトを照射すると効果がアップするって本当?

ホームホワイトニングでLEDライトを照射すると効果がアップするって本当?

歯周病や虫歯の原因である歯石ができる仕組みと予防法

歯周病や虫歯の原因である歯石ができる仕組みと予防法

セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの違い

セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの違い

歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決

歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決

自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

関連記事

高額な歯科治療を分割払い可能なデンタルローンとは

高額な歯科治療を分割払い可能なデンタルローンとは

八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せるの?

八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せるの?

セラミックインレーとは?治療のメリットとデメリットについて

セラミックインレーとは?治療のメリットとデメリットについて

オフィスホワイトニングってどんな治療?

オフィスホワイトニングってどんな治療?

インレーとは?コンポジットレジンとは?

インレーとは?コンポジットレジンとは?

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリスクは?

インビザライン

  1. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    2018.09.13

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  2. 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

    2018.09.13

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

    2018.09.13

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?