オフィスホワイトニングってどんな治療?

オフィスホワイトニング

歯はビジネスシーンにおいても、親しい人とのプライベートにおいても、白くて美しいほうが好印象を持たれます。思いっきり歯を見せて笑ったときに、白い歯が輝いていたほうがいいですよね。そこで多くの美意識の高い人やテレビに出演する芸能人やモデルが受けているのがホワイトニングです。

そんなホワイトニングの中でも、歯科医院でしか受けることができないオフィスホワイトニングは、1~2回で白さを実感できる方法として人気があります。今回は、このオフィスホワイトニングの概要や特徴をご紹介します。

オフィスホワイトニングとは

ホワイトニングとは、専用のホワイトニング剤を用いて歯を白くする方法です。このホワイトニングには大きく分けて2種類の方法があります。それは「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」です。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯1本1本にホワイトニング剤を塗って、レーザーを当てることで薬の効果を高めて漂白する方法です。自分で行うことはなく、歯科医師または歯科衛生士に施術をしてもらう方法です。

一方、ホームホワイトニングは、歯科医院で自分の歯形を取って作ってもらったマウスピースに、ホワイトニング剤を注入して装着し、歯全体にホワイトニング剤を塗布する方法です。自宅で自ら行います。

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングのメリット

では、このオフィスホワイトニングについて、ホームホワイトニングと比べたメリットを見ていきましょう。

すぐに白さの効果を実感できる

オフィスホワイトニングの一番のメリットは、短時間で白さを実感できるところにあるでしょう。結婚式を間近に控えているなどの場合には、このオフィスホワイトニングは重宝します。その点、自宅で行うホームホワイトニングは、効果を実感するまで3~4日かかるといわれており、2~4週間は続ける必要があります。

歯科医師または歯科衛生士による施術のため手間がかからない

オフィスホワイトニングは、時間だけでなく手間もかからないのも大きなメリットといえます。通常の歯の治療を受けるように歯科医院へ3回程度通院するだけで済みます。

オフィスホワイトニングのデメリット

続いて、オフィスホワイトニングのデメリットをみていきましょう。

他のホワイトニングと比べると費用が高い

オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングと比べて、少々費用が割高になります。例えば、1本の歯につき、1回の施術で3,000〜5,000円程度になるため、上下12本行った場合、3.6万円~6万円程度かかることになります。

費用はかかっても、自分で行う手間がかからないほうがいい、スピード重視といった場合にオフィスホワイトニングは向いているでしょう。また歯科医院によって費用に違いがあるため、サービス面などよく検討してから受けると良いでしょう。

白さの持続期間が比較的短い

オフィスホワイトニングは、すぐに白さを実感できるものの、個人の嗜好品やケア次第になりますが、効果が3~6ヶ月程度です。短期的な目的の人、歯科医院へ通うのが苦ではない人なら問題ないでしょう。また、ホームホワイトニングと併用することで、効果を1~2年と持続させることが期待できます。

白さの限界がある

ホワイトニングで白くできる歯の白さには限界があります。歯の白さに対する個人差はありますが、普通の白さで十分、という人は特に問題はありません。しかし、芸能人のように白くしたいなどといった場合はホームホワイトニングとの併用が必要かもしれません。さらに人工の歯のように白くしたいなど、限界を超えた白さを求められる方は、セラミック治療などそもそもの治療方法が変わってきます。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングは、一般的に、次の流れで行われます。

  1. 歯のクリーニング(歯の表面の清掃と歯石除去)
  2. 歯肉へホワイトニング剤がかからないようにするためのプロテクターの装着
  3. 歯の表面へのホワイトニング剤の塗布
  4. 約2~3分放置
  5. ホワイトニング剤が塗られた歯の表面にレーザーなどの光を照射
  6. ホワイトニング剤を水で洗浄
  7. この一連の流れは、30分~1時間くらいかかります。これを1回として、一週間に一度のペースで合計3回くらい行うと、白さが実感できるといわれています。

しかし、3~6か月で白さは戻ってしまいますので、白さを継続させるには、定期的に通うまたは、ホームホワイトニングへの切り替えが必要になります。

オフィスホワイトニングの費用相場

オフィスホワイトニングの費用は、1本の歯につき、3,000〜5,000円程度と、歯科医院によって幅があります。上下12本行った場合、3.6万円~6万円になります。通院の交通費なども合わせて、トータルで計算しておきましょう。

費用感は歯科医院によって大きく異なりますので、実際に治療を受ける際には、複数の医院に訪れて比較するのをおすすめします。

オフィスホワイトニングの期間・通院頻度

オフィスホワイトニングの期間は、一週間に1度の治療を3回受ける場合、3週間ほどで終わります。それ以降も白さを持続させたい場合には、また半年に1回くらいのペースで3回通院を繰り返すことになるでしょう。

もし1年以上白さを持続させたいという場合には、ホームホワイトニングを併用する「デュアルホワイトニング」もおすすめです。

オフィスホワイトニングについてのまとめ

オフィスホワイトニングは、歯科医院で受けるホワイトニング治療です。すぐに白さを実感できるので、何か直近で目的がある場合におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. マウスピース装着シーン

    ホームホワイトニングでLEDライトを照射すると効果がアップするって本当?

  2. ホワイトニング_ビフォーアフター

    歯のホワイトニングとは

  3. 自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

    自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

  4. 白い歯のビフォーアフター

    黄ばんだ歯にならないための予防法とは

  5. ティオン ホームホワイトニングとは

  6. 外国人_女性

    歯のホワイトニングで失敗しないコツ

  7. ホワイトニング照射_20160522

    ホワイトニングをすると歯が脆くなる!?

  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの

    セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの違い

特集記事

  1. 笑顔の女性
  2. 知覚過敏の症状
  3. 歯磨きで血が出てしまう
  4. 歯科医師_日本人_女性_20160522
  5. 失った歯

記事一覧

人気記事ランキング

  1. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  2. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正
  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる
  4. 費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正
  5. 歯茎が黒くならない差し歯 セラミック
  6. 出っ歯はセラミック矯正で治せる
  7. 高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット
  8. セラミック矯正のデメリットとメリット
  9. 虫歯でもセラミック矯正はできる
  10. ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せる

当サイトおすすめの記事

  1. 歯ブラシ 審美歯科医師がすすめる歯ブラシ「ルシェロ」
  2. ワイヤー矯正 ワイヤー矯正の歴史
  3. 口の乾き 口の中乾いてない?ドライマウスの原因と予防について…
  4. 外国人_女性_ワイヤー ワイヤー矯正について
  5. きれいな歯並び_20160523 歯ぎしりの原因と治療方法
PAGE TOP