セラミックの差し歯は黄ばむの?

笑顔の女性

セラミックは、差し歯の素材の中での人気の素材。特に女性にとっては、歯の白さや透明感などは必要不可欠ですよね。差し歯というと、一般的に、よく黄ばんだり、汚れたりすることがあるという話を耳にしたことはありませんか?

そこで今回は、セラミックの差し歯も黄ばんだり汚れたりするのかどうかをみていきましょう。

セラミックってどんな素材?

セラミックの差し歯

セラミックは、陶器製の素材で、まるで本物の歯のように白く透き通る見た目が特徴の素材です。よく差し歯や被せ物に使われており、その審美性の高さが人気です。セラミックは材質上、汚れやプラークが付着しにくく、さらに変色も起こりにくいため、長持ちすることも利点です。また、金属は一切含まれないため、金属アレルギーでも安心して着けることができます。

セラミック歯のデメリットとして、硬い食べ物にも問題なく噛むことができるのですが、まれにヒビが入ったり、割れたりする可能性があります。ただし、強度が高い素材なので、そこまで心配する必要はないでしょう。

コンポジットレジンとはどう違う?

歯の詰め物としてよく使われるコンポジットレジンは、歯科用の白いプラスチックです。粘土のようなもので、一見、歯と見分けがつきません。セラミックと比べると安価で済むメリットもあります。

ただ、セラミックが優れている点は、時間が経つと変色しない点です。コンポジットレジンは、時間が経つと変色するので、見た目が悪くなる可能性があります。また、コンポジットレジンはセラミックほど強度がなく、強く噛んだり、硬いものを噛むと欠けてしまう可能性があります。

セラミックの差し歯にしたい!でも黄ばみは大丈夫?

見た目や耐久性、汚れの付着しにくさなど、何かとメリットの多いセラミック。きっと、多くの方が選択したいと思うでしょう。しかし、このセラミック、黄ばみについてはどうなのでしょうか。

セラミックの差し歯は、黄ばむことはほとんどありません。それは、セラミックが他の素材と比べて、水分を吸収しにくいことが大きな理由です。コンポジットレジンなどは、水分を吸収するため、水分吸収と同時に着色してしまうのです。

黄ばみをできるだけ避けたいという人は、セラミックにするのが一番の選択肢といえるでしょう。

セラミックの差し歯は汚れも付着しにくい!

セラミックは、黄ばみの心配がないだけでなく、汚れが付着しにくいというメリットもあります。表面が滑らかにできているため、食べかすやプラークが付着しにくいのです。それは、陶器製のお茶碗をイメージしてみるとよく分かります。水分を吸収せず、スポンジで洗えばすぐに汚れが落ちますよね。また、傷が付きにくいのも特徴です。

一方、プラスチックの場合、お弁当の蓋などを見ていると、どうしても使い続けていると色が移り、黄ばんできたり、汚れもつきやすくなったりしますよね。コンポジットレジンなどのプラスチックも同様です。

銀歯などの金属なら汚れが落ちやすいのでは?と思うかもしれませんが、金属製のフライパンをイメージしてみましょう。確かにスポンジで擦れば汚れが落ちることがありますが、時々、こびりついて取れないことはありませんか?その場合、金属タワシでゴシゴシと擦らないといけなくなります。これと同じようなことが、銀歯にも起こると考えると差し歯や詰め物をする時にはセラミックがオススメといえます。

セラミックの差し歯はメンテナンスは必要?

歯科治療

セラミックは黄ばみの心配はなく、汚れも付きにくいものの、定期的なメンテナンスは必要になります。その理由としては、いくら汚れが付きにくいといっても、歯磨きが行き届かないと、虫歯や歯周病になる可能性があるからです。

また、セラミックは茶碗などの陶器と同じように、割れたり、ヒビが入ったりすることがあります。硬いものを思いっきり噛んだときに起こることもあるようです。よほどのことがないかぎり起こり得ませんが、割れたり、ヒビが入ったりしていないかどうか、定期的に歯科医院で確認してもらうと良いでしょう。

セラミックの差し歯にはどんなメンテナンスが必要なの?

セラミックの差し歯のメンテナンスは、通常の虫歯や歯周病予防のメンテナンスと同じように、セラミックの差し歯を綺麗にクリーニングする方法で行います。

ただ、普通のメンテナンスと異なるのは、超音波の機械を使わないことや、研磨力の強いクリーニング剤を使わないことです。セラミックは、研磨してしまうと傷がついてしまうため、これらの使用は避けられます。

同時に、口の中のクリーニングや検査も受けておくのがいいでしょう。虫歯や歯周病予防につながります。また、もし虫歯や歯周病が見つかれば、すぐに対処できるため、悪化を防ぐことができます。

メンテナンス費用・頻度はどれくらい?

セラミックの差し歯そのものの費用が保険適用外であるように、メンテナンスの費用も保険適用外となります。医院によって費用は異なりますが、およそ5,000円~1万円くらいが相場のようです。

同時に虫歯や歯周病検査・クリーニング(歯石除去)などを受ける場合には、保険診療内であれば、約3,500円程度で受けることができます。

セラミックのメンテナンスは、どれくらいの頻度がいいのかは、特に決まりがありません。治療を受けた歯科医院の治療方針、治療内容、歯の状態にもよりますが、目安として3~6ヶ月に1回のペースで受けるといいでしょう。

セラミックの差し歯の着色リスクまとめ

セラミックの差し歯は、黄ばむ心配はありません。食べカスやプラークなどの汚れもつきにくいのが特徴です。コンポジットレジンや銀歯と比べて、メリットの多いセラミック。治療を希望する場合には、歯科医院へ詳しく問い合わせてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 失った歯

    もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

  2. セラミッククラウン

    セラミックで作った差し歯の寿命ってどれぐらい?

  3. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  4. オールセラミック

    オールセラミックとは

  5. 銀歯

    歯科医師が銀歯を入れない4つの理由

  6. 白い歯のビフォーアフター

    黄ばんだ歯にならないための予防法とは

  7. 日本人_女性_ 考える

    セラミック治療の流れとメンテナンスについて

  8. 歯を失った状態

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

  9. セラミックの差し歯

    差し歯をセラミックにしたらメンテナンスが必要になるの?

特集記事

  1. 入れ歯
  2. 歯の模型と人
  3. セラミック矯正について
  4. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  5. ボロボロな歯

記事一覧

人気記事ランキング

  1. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  2. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正
  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる
  4. 費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正
  5. 歯茎が黒くならない差し歯 セラミック
  6. 出っ歯はセラミック矯正で治せる
  7. セラミック矯正のデメリットとメリット
  8. 高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット
  9. 虫歯でもセラミック矯正はできる
  10. 受け口はセラミック矯正で治せる

当サイトおすすめの記事

  1. 歯のクリーニングの画像 予防歯科のススメ
  2. 外国人女性 意外な口臭の正体!舌苔(ぜったい)とは
  3. デンタルリンス 液体歯磨きとデンタルリンス(洗口剤)の違い
  4. 虫歯 痛くない虫歯治療「カリソルブ」ってなに?
  5. セラミック矯正について セラミック矯正の前に確認すべき8つのポイント
PAGE TOP