差し歯をセラミックにしたらメンテナンスが必要になるの?

セラミックの差し歯

虫歯治療を受けた後、差し歯や詰め物が必要になり、その素材をどうしようか迷うことがあります。中でも、見た目の美しさや透明感のことを考えて、セラミックにしようと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、差し歯をセラミックにすると「メンテナンスが必要」という説も…。

そこで今回は、差し歯をセラミックにした後のメンテナンスについて解説していきます。

セラミックの特徴

差し歯

セラミックとは、陶器のことです。昔からある金属は使っておらず、金属アレルギーの恐れがないメリットがある他、本物の歯さながらの透明感があり、変色しにくいのが特徴です。

セラミックは、本来の歯や金属の歯に比べても、プラークや着色汚れがつきにくいメリットもあります。プラークがつかなければ、虫歯や歯周病になりにくくなります。また熱いものを食べたり飲んだりしても、茶碗の陶器を使っていても分かる通り、耐久性が高いので劣化はしにくいものです。

このように、セラミックは差し歯の中でも、メリットが大きく、人気のある素材です。

セラミックの差し歯はメンテナンスが必要なのはなぜ?

ただし、セラミックの差し歯は定期的にお手入れをする必要があります。

でも、メンテナンスと聞くと、時間や手間、費用もかかるため、「特に行かなくてもいいのでは?」と思ってしまいがちです。そこで、セラミックの差し歯のメンテナンスの必要性について知っておきましょう。

汚れが付きっぱなしだと歯周病などのリスクが増える

セラミックの差し歯に限らず、普通の歯でも定期的なメンテナンスは必要です。しかし、セラミックは差し歯の素材の中でも汚れがつきにくいとはいえ、お手入れしないで汚れを長きに渡って放置すると、歯周病菌によって歯茎が炎症を起こすリスクがあります。

まれにヒビが入ることもある

セラミックは陶器なので、茶碗の陶器と同じように、割れやすいところがあります。あまりに硬いものを噛むと、まれにセラミックの差し歯にヒビが入ることもあります。しかし、ヒビが入っているかどうかは、なかなか自分では発見することができないものです。

歯科医院のメンテナンスを受ければ、セラミックの差し歯が長持ちしますし、歯や口腔環境の様子をその都度確認してもらえます。日頃のブラッシングがきちんとできているかどうかのチェックもしてもらえるので、一石二鳥です。

歯科医院におけるセラミック歯のメンテナンス方法

歯科治療

セラミックの歯は、歯科医院でどのようにメンテナンスが行われるのでしょうか。通常、歯のクリーニングというと、超音波の機器を使用することが多いです。超音波の力を使って歯の表面を研磨します。

しかし、セラミックは表面を研磨すると、傷がついてしまうので、超音波は使用されません。クリーニング用のペースト剤に研磨剤が含まれていないものを使用します。セラミックに使っても問題ないペースト剤を使用して綺麗にします。

セラミック歯のメンテナンスの頻度と費用

セラミックの歯のメンテナンスは、特に明確な期間が定められているわけではありません。およそ3~6ヶ月に1回のペースで受けるといいといわれています。

費用は、歯科医院によって異なります。通常、虫歯や歯周病の検査や歯のクリーニングは、保険適用内で受けられます。一方、セラミックの差し歯の検査やクリーニングは、保険適用外になります。

これらの虫歯や歯周病を予防するためのクリーニングも、セラミックを長持ちさせるたには必要不可欠のものです。同時に受けるといいでしょう。

保険適用される検査や歯のクリーニングは、トータルで1回あたり、およそ3,500円前後(3割負担の場合)と考えておきましょう。また、保険適用外の「PMTC」という歯のクリーニングは、医院によって費用が異なり、3,000~1万円と幅があります。

セラミック歯の検査や歯のクリーニングは、歯科医院によって異なりますが、およそ5,000円~1万円といわれています。

差し歯はセラミックにすべき?他の素材にすべき?

差し歯について、セラミックにするか、他の素材にするかを迷っているのであれば、メンテナンスが必要ないから、という理由でセラミックを選ぶのはやめたほうがいいでしょう。差し歯はいずれもメンテナンスが必要です。ただ、セラミックは比較的長持ちしやすいため、長期的なことをいえば、セラミックがおすすめです。

また、差し歯はやはり毎日のお手入れが重要になります。もちろん、セラミックの歯も含まれます。普通の歯と同じように、丁寧にブラッシングをしましょう。ただ、セラミックの歯は特に汚れが付着しにくいので、その点、他の差し歯よりもメリットがあります。

そして、差し歯は見た目の美しさも考慮して選ぶのも、もちろん大事なことです。セラミックの歯は白く透明感があり、本物の歯に近く美しいといわれています。黄ばみも起こらないため、美しさでも優れています。

差し歯をセラミックにした時のメンテナンスまとめ

もし差し歯をどの素材にしようかと迷っている人は、今回ご紹介したセラミックの特徴をよく踏まえて候補に入れ、定期的なメンテナンスのことも考慮して、検討してみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オールセラミック

    オールセラミックとは

  2. セラミッククラウン

    セラミッククラウン(差し歯、セラミック歯)とは

  3. セラミッククラウン

    セラミックで作った差し歯の寿命ってどれぐらい?

  4. 笑顔の女性

    セラミックの差し歯は黄ばむの?

  5. 白い歯のビフォーアフター

    黄ばんだ歯にならないための予防法とは

  6. 失った歯

    もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

  7. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  8. 銀歯

    歯科医師が銀歯を入れない4つの理由

  9. 歯を失った状態

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

特集記事

  1. オーラルケアの正しい基礎知識
  2. 外国人_ビューティー_笑顔
  3. 口元を隠す
  4. オールセラミック
  5. 失った歯

記事一覧

人気記事ランキング

  1. セラミック矯正で失敗して後悔しないための6つの注意事項
  2. 歯並びがいい芸能人はみんなセラミック矯正
  3. 八重歯で乱杭歯状態の歯並びはセラミック矯正で治せる
  4. 費用相場と審美歯科の選び方 セラミック矯正
  5. 出っ歯はセラミック矯正で治せる
  6. 歯茎が黒くならない差し歯 セラミック
  7. セラミック矯正のデメリットとメリット
  8. 高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリット
  9. 虫歯でもセラミック矯正はできる
  10. 受け口はセラミック矯正で治せる

当サイトおすすめの記事

  1. ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せる ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せ…
  2. 虫歯でもセラミック矯正はできる 虫歯だとセラミック矯正はできない?治療後の虫歯のリ…
  3. 歯磨き粉 歯がしみる!知覚過敏にはシュミテクト!
  4. 歯間ブラシ ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点
  5. インプラント治療とは
PAGE TOP