注目の記事 PICK UP!

世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

マウスピース矯正中の画像

歯並びが気になる場合、歯科矯正が有効です。しかし、歯科矯正というと、金属のワイヤーを歯に取り付けるイメージがあり、敬遠しがちです。見た目が美しくなく、特に女性やビジネスパーソンにとっては、致命的。しかし、今では、そんな見た目の美しさや喋りやすさなどの日常生活での使いやすさが考慮され、さまざまな矯正治療法が出てきています。

そこで、今回は、マウスピース矯正の中でも、インビザラインについて、基本的なことやメリットとデメリットをご紹介します。

インビザラインとは?

インビザラインとは、マウスピース矯正の一つです。世界で400万人以上もの治療実績があることから、信頼性が高いといわれています。アメリカのアライン・テクノロジー社が開発し、作製している矯正装置です。インビザラインで使用するのは、薄く透明なマウスピースです。ブラケット矯正のように金属のワイヤーをつけることなく、マウスピースをはめるだけで矯正治療が行えます。

インビザラインの特徴

インビザラインの一番の特徴は、コンピューターで歯の3Dシミュレーションをしながら矯正していくことができる点です。自分の歯の治療前に、3Dでその美しい歯並びになるまでの変化をシミュレーションで見られるのは、インビザラインならではです。しっかりとシミュレーションしながら、治療計画を立てることができます。

インビザラインのメリット

では、もっと細かく、インビザラインのメリットをみていきましょう。

多くの治療実績があるため信頼性が高い

インビザラインは、世界中で取り入れられており、多くの治療実績があることから、信頼性が高いというメリットがあります。

コンピューターの3Dシミュレーションで歯並びの変化を事前に見られる

3Dシミュレーションが確認できることは、治療計画がしっかりと立てられるだけでなく、矯正治療中、自分自身のモチベーションアップにもつながります。

矯正中も目立たず、見た目の美しさを保てる

これはマウスピース矯正に共通するメリットです。従来からあるブラケット矯正のワイヤーをつける矯正方法は、「あ、この人今、矯正してるんだ」と見るからに分かってしまいます。女性は見た目の美しさを損ないますし、ビジネスシーンでも重要な交渉時などには気になってしまうものです。そんなときに、透明なマウスピースであるインビザラインは、パッと見、装着していることは分からないため、違和感を感じさせません。

マウスピースだから自分で取り外しができる

インビザラインは、一般的なマウスピース矯正と同じく、自分で取り外しができます。食事のときに取り外して違和感なく物が食べられますし、歯磨きの時も取り外して普通に行えます。また、ワイヤー矯正の場合、食べ物がワイヤーにはさまったり、歯垢がたまったりすることがありますが、マウスピース矯正ならそれも避けることが可能です。つまり、虫歯・歯周病リスクが少なくなるともいえます。

マウスピースを装着中も痛みや違和感が少ない

インビザラインは、他の矯正治療よりも、痛みが少ないといわれています。マウスピースは0.5mmくらいずつずらしたものを、約2週間おきに交換して装着していきますが、ずらしたものをつけても、特に痛みはなく、違和感も少ないといわれています。

通院回数が少なくて済む

通常、矯正治療では、2週間から一か月に1回のペースで通院する必要があるといわれていますが、インビザラインの場合、通院回数が徐々に少なくなり、2か月に1回で良くなることがあるといわれています。

金属アレルギーにも対応可能

インビザラインで使用するのはプラスチック製のマウスピースなので、金属アレルギーの方にも対応可能です。

他のマウスピース矯正と比べ対応できる症例が多い

通常、マウスピース矯正は対応できる症例が少ないといわれてきましたが、インビザラインは、常に進化しており、その対応できる症例の幅が広がっています。マウスピース矯正だけでなく、ワイヤーやゴムを部分的に活用することもあります。

インビザラインのデメリット

一方、インビザラインにはデメリットもあるといわれています。こちらも確認しておきましょう。

一日20時間以上装着しなければならない

インビザラインは、他のマウスピース矯正と同様、一日20時間は装着する必要があります。その時間を守ることで初めて矯正治療の効果が表れます。自分で取り外すことのできないブラケット矯正と比べると、自己管理が必要です。

他の歯科矯正と比べ治療できない症例がある

インビザラインは進化し続けていますが、まだ治療できないケースもあるといわれています。その場合には、他の矯正治療または併用することになります。

インビザラインのメリットとデメリットのまとめ

インビザラインは、マウスピース矯正の中でも、信頼と実績のある矯正治療です。矯正治療中の見た目の美しさを保ちたい人にとっては、有効といえます。ただし、症例が限られていることや、20時間以上の装着が必要ということは覚えておきたいところです。ぜひ客観的に判断して、自分に合う方法かどうかを見極めてみてください。

インビザラインをもっと詳しく知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯並びがきれいな女性の画像

    悪い歯並びにはこんなに種類が!適した歯科矯正は?

  2. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  3. 開咬(かいこう)-オープンバイト_20160701

    開咬(かいこう) – オープンバイト | 歯並びの症例

  4. 小児_ワイヤー矯正

    子供の歯列矯正について

  5. マウスピース矯正の画像

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  6. 歯並びが綺麗な女性の画像

    アソアライナー(マウスピース矯正)について

  7. 歯を失った状態_20160628

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

  8. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701

    反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ) – 受け口 | 歯並びの症例

  9. 外国人_女性_20160523

    セラミック矯正治療で何ができる?

特集記事

  1. 虫歯_20160714
  2. セラミッククラウン
  3. 困った顔の女性の画像
  4. オールセラミック
  5. 歯が痛い_外国人_女性_20160523

記事一覧

PAGE TOP