注目の記事 PICK UP!

マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

マウスピース矯正の画像

歯並びが悪いとは分かっていても、歯列矯正はカッコ悪いし、面倒だからやっていないという方はいませんか?確かに、歯列矯正は何かと目立ちますし、お手入れも面倒なところがありますよね。しかし、ある一定期間、我慢すれば、きれいで整然とした歯並びになることができます。また、最近では、見た目が特に気にならない歯科矯正法も出てきたりしています。

そこで、今回ご紹介するのは、目立たない透明の矯正装置を用いる、マウスピース矯正について、どんなものなのか、メリット、デメリットをご紹介していきます。

マウスピース矯正ってどんな歯並びのときに行うの?

マウスピース矯正とは、歯の列全体を透明な薄いマウスピースで覆いながら行う矯正のことをいいます。装置は、定期的に交換することで、歯を正しい位置に移動させていきます。一日、数十時間装着することが求められます。主に治療できる歯並びは、上顎前突、過蓋咬合、空隙歯列などです。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、いわゆる「出っ歯」のことです。前歯が通常より前に斜めに倒れている状態のことをいいます。過蓋咬合(かがいこうごう)は、上下の歯を噛み合わせたときに、上または、下の歯が隠れてしまう状態です。空隙歯列(くうげきしれつ)とは、歯と歯の隙間が多い状態のことで、一般的にはすきっ歯と呼ばれています。

マウスピース矯正の手順

マウスピース矯正では、まず歯の移動をデジタルシミュレーションして、仕上がりを見て、その最終形になるように、マウスピースを何回かに分けて作成し、それを取り付けていきます。

例えば、インビザラインという方法では、約2週間ごとにマウスピースを交換するといわれています。一つのマウスピースごとに、0.3~0.4mmほどずつずらして作成し、順番に2週間に1個、また次の2週間に1個という形で取り付け、矯正していきます。マウスピースが完成したら、その装着方法や取り外し方のレクチャーを受け、実際に日常生活で使用していきます。

一日17~20時間以上装着することで治療効果が発揮されます。自分で取り外しができるため、食事・歯磨き時には取り外すことができます。

マウスピース矯正のメリット

では次に、マウスピース矯正のメリットをみていきましょう。

矯正器具が目立たない!

マウスピース矯正の装置は、透明の薄い膜でできていることがほとんどです。よって、装着しても、見た目がブラケット矯正で使用する金属のように目立ちません。

矯正器具を自分で着脱できる!

マウスピース矯正は、まず自分で着脱できることがメリットです。これまで、歯列矯正といえばブラケット矯正がほとんどでした。これは、金属のワイヤーを用いて、歯の表面に固定して歯を移動させて正しい歯列にする方法で自分で取り外すことはできません。歯科医院でしっかりブラケットによって固定されているからです。しかし、このマウスピース矯正は、一日17時間~20時間以上、自分でマウスピースを装着することで行います。そして、いつでも取り外すことができます。

矯正器具を食事や歯磨きのときに付けなくていい!

従来のブラケット矯正などは、自分で取り外すことができないため、食事のときも、歯磨きのときも付けている必要がありました。しかし、マウスピース矯正は、自由に取り外せるので、食事や歯磨きなど歯を使うときには取り外して通常通り作業が行えます。

比較的矯正費用が安価

マウスピース矯正は、他の矯正方法と比べて、いくらか安価だといわれています。これも、治療法を選ぶ際の一つの参考になるでしょう。

金属アレルギーでも問題なく使える

ブラケット矯正の場合、金属を使うことがあるため、金属アレルギーの場合に使えないこともあります。その場合も、プラスチックのマウスピースなら問題なく使用できます。

マウスピース矯正のデメリット

一方、マウスピース矯正にはデメリットもあります。いくつか、そのデメリットをみていきましょう。

一日17~20時間以上装着する必要がある

自分で着脱できることは、自己責任に委ねられているともいえます。必要な時間、装着するかどうかは自己責任です。また、いちいち食事や歯磨きのたびに取り外して装着するのが、面倒という人もいるでしょう。かえってつけっぱなしのほうが楽ということもあります。

矯正できる歯並びが限られる

マウスピース矯正は、矯正できる歯並びが限定されています。ブラケット矯正はほとんどの歯並びに対応できますが、このマウスピース矯正は、それと比べて対応できる症例が少ないというデメリットがあります。

歯ぎしりなどで割れることもある

マウスピースは寝ているときに装着することが多いですが、もし寝ている間に歯ぎしりをガチガチしてしまうと、マウスピースが割れる恐れがあるといわれています。日中ももちろん、強くかみしめる癖があると、割れる恐れがあります。

マウスピース矯正のまとめ

マウスピース矯正は、メリットもデメリットもあります。合うかどうかは人それぞれなので、ぜひこれらのすべての要素を客観的に見て、自分に合うかどうかを確認して、歯並び矯正を行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. マウスピース矯正中の画像

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  2. 子供

    子供でも簡単にできるマウスピース矯正とは

  3. 外国人_女性_ビューティー

    大人からはじめる歯科矯正

  4. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701

    反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ) – 受け口 | 歯並びの症例

  5. 歯科ユニット

    歯科矯正する時の矯正歯科医院と歯科医師の選び方

  6. 小児_ワイヤー矯正

    子供の歯列矯正について

  7. 外国人_女性_ワイヤー

    ワイヤー矯正について

  8. 歯並びがきれいな女性の画像

    悪い歯並びにはこんなに種類が!適した歯科矯正は?

  9. 歯_コーヒー_20160629

    アメリカと日本の歯に対する意識の違い

特集記事

  1. セラミックインレーの画像
  2. きれいな歯並び_20160523
  3. 困った顔の女性の画像
  4. 歯が痛い_外国人_女性_20160523
  5. マウスピース矯正装置を装着する画像

記事一覧

PAGE TOP