注目の記事 PICK UP!

エステティックデンチャーとは

エステティックデンチャーの画像

入れ歯とは失われた足を補う義足のように、失われた歯や歯肉を補う人工の歯とプラスチックで構成される装置を入れ歯又は義歯と言います。歯を失った場合、その部分を補う必要があります。歯を失い、そのまま放置してしまった場合、様々な変化がお口の中で起きます。例えば、隣の歯が欠損したスペースに移動したり、もともと咬み合っていた歯が落ちてきたりし、最終的にお口の中の歯が全体的に移動し、咬み合わせや歯並びが大きく変わってしまうことがあります。そのため歯を失ったときはそこを補うこと必要となります。

歯を失った時の治療方法は?

歯を失った時にそこを補う治療としては、ブリッジ、インプラント、入れ歯の3つの治療方法があります。

ブリッジの特徴

各治療の特徴として、ブリッジは失った歯の両隣の歯が健全な場合、健全な歯質を多く削る必要があり、支えとなる歯に負担がかかりますが、患者さん自身で取り外しする必要がなく、違和感が少ないというメリットがあります。しかし、多数歯にわたり歯が欠損している場合は適応になりません。

インプラントの特徴

インプラントはブリッジのように健全な歯を削る必要がなく,他の歯への負担がなく、取り外しの必要がなく、違和感の少ない治療です。 しかし、インプラントは骨の中に人工歯根を埋めるため、骨の量が少なすぎる場合、全身疾患がある方、歯周病のリスクが高い方は適応になりません。

入れ歯の特徴

入れ歯は隣接する歯にクラスプと呼ばれる金具をひっかけ、歯肉にあたる部分をプラスチック、咬む部分は人工歯で作られています。 歯を削る量は極わずかで、多数歯の欠損の場合や全身疾患を有する方、外科手術や歯を削ることに抵抗がある方に有効的な治療です。 ブリッジ、インプラントに比べると違和感が大きくなり、また取り外しが必要になります。欠損の部位によっては金具が笑ったときに見えてしますこともあります。 しかし、取り外しができることで歯や入れ歯の清掃が容易になり、また、違和感や審美に関しては金具やプラスチックの材質を変えることで改善することができ、入れ歯は様々なケースに対応することができます。

今回はそんな入れ歯の中でも審美に優れたエステティックデンチャーに関して詳しく説明します。

エステティックデンチャーとは

エスティックデンチャーは最近ではノンメタルクラスプデンチャーとも呼ばれ、樹脂と人工歯のみで構成されるものと、通常はクラスプとよばれる入れ歯を支える金属の部分を樹脂に置き換え、その他の見えない部分は通常の入れ歯と同じように金属や人工歯で構成されている頑丈な入れ歯の2種類があります。

前者は前歯の少数歯欠損が適応になり、奥歯の欠損や多数歯欠損の場合は適応にならず、後者が適応となります。 しかし、多数歯にわたる欠損にもかかわらず、前者のようなすべて樹脂でできた入れ歯を入れている方も度々見かけますが、そのような入れ歯を装着すると、義歯が歪むため、噛み合わせが安定せず、気づかない間に入れ歯を支える歯茎や骨がなくなってしまうため、多数歯欠損の場合は後者が適応となるのです。

後者はベースとなる金属部分が頑丈で、色々な設計に適応できるため、歯の欠損が複雑な症例に関しても適応できます。

エステティックデンチャーのメリット

エステティックデンチャーのメリットには下記のようなものがあります。

メタルのクラスプによる審美障害がないため見た目がきれい

メタルクラスプが前歯にかかると、白い歯に銀色の金属がかかるため、入れ歯が入っていることがわかってしまいます。しかし、樹脂のクラスプの場合は歯茎と同じ色のクラスプが支えるため、目立ちません。

義歯の床部分を薄くできるため、軽く装着感がよい

通常の保険のプラスチックの入れ歯に対し、軟らかい材質のため、床を薄くすることが可能で、入れ歯を軽くすることができます。また、軟らかく弾力があるため、装着感が良好に感じられています。

金属アレルギーに対応できる

金属アレルギーの患者様に対しては、金属クラスプを使用しないことで対応することが可能です。

樹脂の材質によっては修理が可能

樹脂にも様々な種類があり、修理が可能なものと不可能なものがあります。義歯製作の際は担当医に修理が可能であるか確認することをおすすめします。

エステティックデンチャーのデメリット

エステティックデンチャーのデメリットには下記のようなものがあります。

樹脂の材質によって長年の使用により変色、表面あれがおきる

一部の材質を除き、保険の義歯と比較すると材質が軟らかいため、義歯の表面が長年使用すると、変色、表面あれがおきる可能性があります。

樹脂の材質によって修理が難しいことがある

樹脂の材質によっては、修理材料との接着が難しく、修理ができないことがあります。

清掃不良時は歯茎に炎症がおきる

樹脂クラスプは歯茎を覆うため、お口の清掃が不十分の場合歯茎に炎症がおき、歯周病になることがあります。

エスティックデンチャーについてのまとめ

今回は入れ歯の中でもエスティックデンチャーについてご紹介させて頂きましたが、入れ歯は様々な材質、形のものがあります。入れ歯は見た目が悪い、違和感が大きいという印象がありますが、入れ歯の種類によってその悩みが解決されることがあります。まずは担当の歯科医師に今の悩みをしっかり相談し、現在の口の中を正しく診査、診断をしていただくことが大切です。

今の入れ歯に不満を抱えている方は、まずは担当医に相談するところからはじめてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯を失った状態

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

  2. 歯の健診の画像

    歯を失った時の再建方法とは

  3. 困った顔の女性の画像

    歯を1本失った時に起きるリスクとその治療法

  4. 入れ歯

    入れ歯の痛みの原因と痛くない入れ歯の製作方法

  5. 失った歯

    もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

特集記事

  1. 笑顔の女性
  2. 失った歯
  3. セラミッククラウン
  4. 歯科ユニット
  5. セラミックの差し歯

記事一覧

PAGE TOP