注目の記事 PICK UP!

マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

マウスピース矯正装置を装着する画像

出っ歯、すきっ歯、受け口、叢生、開咬など、歯並びの悩みは様々あります。

そして、治療方法もワイヤーを使ったブラケット矯正(表側・裏側)、透明のトレーを使ったマウスピース矯正、人工のセラミッククラウンを使用したセラミック矯正などがあり、それぞれもメリットとデメリットも大きく違います。また悩んでいる方が小児なのか、成人なのかによってもベストな治療方法は変わってきます。

顎変形症という病名が付く方以外、歯並びを治す矯正治療は保険が効きません。つまり費用も高額で、治療方法だけでなく、歯科医院によっても費用は違い、長期の高額治療となると歯科医師との相性も大切です。

目指すゴールを示してくれるのか?

理解してくれるのか?

不安を解消するよう話をきいてくれるか?

技術や経験はあるか?

どの歯科医院で、どの歯科医師で、どんな歯科矯正を選んだらいいのか正直判断は難しいものです。他の記事で様々な治療方法を細かく説明してきましたが、今日ご紹介するのは、成人向けで「矯正装置などが付くのはイヤ」「できれば価格を抑えたい」「バレたくない」「歯を抜きたくない」「大きく歯を削りたくない」「痛いのはイヤ」と希望をお持ちの方におすすめしたいマウスピース矯正のご紹介です。

マウスピース矯正ってなに?

今までは矯正と聞くとまず想像するのは、ギラっとした金属の装置が光るワイヤー矯正が主流でしたね。マウスピース矯正が広く知られるようになったのも、2006年ごろからとまだ最近の話です。まだまだ、患者様がWebサイトで見つけても、かかりつけの歯科医院では対応していないことも少なくないです。

そもそもマウスピース矯正とはどういった矯正方法なのでしょうか。

マウスピース矯正とは、矯正装置を装着し本来あるべき場所に歯を移動して矯正する方法の一つで、その装置が透明のマウスピース型をしています。このマウスピースを経時的に交換していき、最終的にキレイな歯並びになるまで装着するというものです。

この装置は自身での取り外しが可能で、透明なのでとても目立ちにくく、歯を動かす際に感じる痛みや違和感も比較的少ないといわれています。マウスピースメーカーや歯の状態によっては適応外となる症例もありますが、価格もワイヤー矯正より低めです。

マウスピース矯正の種類はどのぐらいあるの?

日本国内で歴史の長いものから、世界的に主流となっているもの、後発品でも主流メーカーの弱点を補っているものなどメーカーによってそれぞれ特徴が大きく異なります。現在主流のマウスピース矯正メーカーを8つご紹介します。歯の状態や歯科医院によって異なりますが、おおよその価格が高い順にご紹介していきたいと思います。

インビザライン

アメリカのアラインテクノロジー社が提供しているマウスピース矯正であるインビザラインは、世界で最も治療実績があります。

独自の技術で3次元画像化し、ゴールまでのシミュレーションを見る事が出来ます。1日20時間以上の装着が必要で、約2週間ごとにマウスピースを交換します。マウスピースの発送元はアメリカのため、時間がかかったり、矯正歯科によってはワイヤーよりも高く設定されていることもあります。

インビザラインの詳細はこちら

アソアライナー

日本製のマウスピース矯正の中で、もっとも普及しているのがアソアライナーです。

アソインターナショナル社は日本最大の矯正専門歯科技工所で、国内に生産拠点があるためスピーディーな対応が可能です。歯型を取って最短10日で装置を装着することも可能です。約10日ごとに、ソフト、ミディアム、ハードと硬さを変えて歯を動かしていきますが、30日ごとに歯型を取り直す必要があるので手間がかかる点と、シュミレーションを見ることができないところが難点です。

イークライナー

イークライナーは最新のコンピュータシステム(CAD/CAM技術)を使用したマウスピース矯正です。

初回の模型を元に、最終段階までシュミレーションしてマウスピースを作成できます。経過ごとに歯型を取り直す必要がなく、型取りの手間が少ないのが特徴です。厚みが違う3種類のマウスピース(0.5mm / 0.625mm / 0.75mm)を1週間後ごとに交換していきます。

DENマウスピース

DENマウスピースは、1日8~10時間という装着時間の短さ最大の特徴のマウスピース矯正です。

通常のマウスピース矯正では、20時間以上の装着を推奨しています。時間が少ないと思ったように歯が動かなくなります。DENマウスピースはこの短い装着時間から、寝ている間だけ装着すればいいマウスピースとして有名です。

マウスピース矯正ではあまり行わない、抜歯を含む難しい症例にも適応することができます。しかし、難しい症例の場合はほかのマウスピース矯正よりもかなり高額になることがあります。ワイヤー矯正でしか対応できないといわれるような症例でも、DENマウスピースで矯正することもできます。

オペラグラス

オペラグラスでのマウスピース矯正では、最新の3Dスキャナーを使ってシミュレーションします。

週に一回の交換が必要ですが、比較的薄いマウスピース装置なため、より目立ちにくいのが特徴です。前歯に焦点を当てた矯正や、比較的簡単な症例に用いられることが多く、難しい症例には対応できないことがあります。3~4週間に一回の歯型取りとマウスピースの交換が必要です。

ケンライナー

ケンライナーのマウスピース矯正は、日本国内の審美歯科治療に特化した歯科技工所が作成しています。

インビザラインと同様、三次元画像化が可能でゴールのシュミレーションを見ることができ、初回の型取りのみで最終のマウスピースまで作成が可能なため、型取りの回数がかなり少なくて済みます。1~2週間ごとにマウスピース装置を交換し、一日20時間以上の装着を推奨しています。

簡単なケースから難しい症例まで幅広く対応しており、最短2週間で装置を装着できます。抜歯が必要な難しい症例については適応とならないこともあります。

アクアシステム

アクアシステムは前歯の簡単な部分矯正に用いられることが多いマウスピース矯正です。

コンピューターなどのスキャンやシュミレーションを用いません。そのため費用を抑えられます。0.5mm~1.8㎜の1重または2重構造のマウスピースを2~5週間ごとに交換していきますので、交換の周期で比較的長めで手間が少ないですが、都度型取りが必要になります。適応が限られますので、すべての方が対象とはなりません。

エシックス

エシックスでは、主に1~2歯の軽度な歯列不正や矯正治療後の後戻りを改善する場合に使用するマウスピース矯正です。

適応症がかなり限られる点、都度の型取りが必要な点、シミュレーションを見ることができない点が弱点ですが、かなり価格は抑えられます。他のマウスピース矯正が20時間程度の装着指示であるのに対し、24時間装着と拘束時間は長めです。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

各マウスピースメーカ―によって差はあるものの、マウスピース矯正の主なメリットとデメリットは下記です。

マウスピース矯正のメリット

  • 透明の装置で目立ちにくい、見えにくい
  • 痛みや違和感が少ない
  • 装置で口の中が傷つくことが少ない
  • 外してしっかり歯ブラシできるため、虫歯や歯周病、着色が起こりにくい
  • 矯正中にホワイトニングができる
  • 矯正中に虫歯治療ができる
  • 金属を使用しないのでアレルギーが起こりにくい

マウスピース矯正のデメリット

  • 一日一定時間以上の装着が必要で、装着時間が不足すると効果が期待できない
  • 抜歯を伴う症例はワイヤーの併用や適応外となることもある
  • 大きな歯の移動、奥歯の移動には不向き
  • 自己管理となるため、治療中断や装置の紛失などが起こりやすい
  • ワイヤーよりも治療期間が長くなることがある
  • 定期的な歯型取りが必要になることがある

マウスピース矯正の種類まとめ

いかがでしたか?

マウスピース矯正だけでも、これだけの種類があります。この全てを扱っている矯正歯科は少ないでしょう。またマウスピース矯正自体を取り扱っていない矯正歯科もあるかもしれません。まずは正しい知識と自分の希望を持って、歯科医師に相談してみましょう。

どの歯科矯正を選択しても、治療期間は長くかかります。歯科矯正と長く付き合っていくには、歯科医師との相性も大切です。なんでも気軽に相談でき、質問できることも重要です。費用だけではなく、それぞれのメリットとデメリットをよく知って、自分に最適な治療方法を歯科医師と一緒に探しましょう。

マススピース矯正をする前に知っておきたいことの記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 外国人_女性_20160523

    セラミック矯正治療で何ができる?

  2. ワイヤー矯正_20160621

    ワイヤー矯正の歴史

  3. 歯並び

    大人の歯列矯正について

  4. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  5. 歯型_模型

    セラミック矯正治療の流れと治療期間

  6. 笑顔の女性

    歯科矯正における審美歯科医師の技術力を見極める症例写真の見方とは

  7. マウスピース装着

    インビザライン(マウスピース矯正)について

  8. 口元を隠す

    歯科矯正中に起こる口臭の原因と予防法について

  9. 日本人_女性_ 考える

    セラミック矯正治療の流れと治療後について

特集記事

  1. 歯の模型と人
  2. セラミックの差し歯
  3. 外国人_ビューティー_笑顔
  4. 歯並びがきれいな女性の画像
  5. オールセラミック

記事一覧

PAGE TOP