注目の記事 PICK UP!

痛くない虫歯治療「カリソルブ」ってなに?

虫歯

従来の虫歯治療

残念ながら虫歯ができてしまったら、歯医者で治療するしかありません。
従来の虫歯治療は、機械で虫歯を削って、かわりになる歯科材料で歯を再建します。
このとき、虫歯の取り残しによる、虫歯の再発のリスクを減らすために、虫歯と隣り合わせの歯質は少しだけ余計に削ることがほとんどです。
虫歯は削っても痛くありませんが、健康な歯の部分は削ると痛みを伴うため、治療に麻酔を使う事がほとんどです。

こうした治療は経験された方も多いのではないでしょうか。
痛みを取るはずの麻酔時の注射が痛い、治療中に治療機器を使うので水が溜まって喉が苦しい、キーンとした音が怖い…

従来の虫歯治療には、こうしたトラウマからくる歯医者嫌いになってしまう方が多いのも事実です。

痛くない虫歯治療「カリソルブ」

実は歯医者嫌いの原因を作っている、麻酔時の注射の痛み、歯を削る際に出る治療器具の音を解消してくれるカリソルブという虫歯治療があります。

歯の予防先進国であるスウェーデンで1998年に導入されたカリソルブは2007年、日本の厚生労働省で認可されました。まだ歴史は浅いですが、とても有効な治療方法ですので、すべての歯科医院で導入しているわけではありません。また保険は適応とならないため、保険外診療として保険内の虫歯治療と比較すると治療費が高くなります。

カリソルブ治療とは

カリソルブとは、虫歯の部分に専用薬剤を塗布し、一定時間をおくと虫歯だけが溶け、それを専用の小さなスプーンを使ってゆっくり丁寧に掻き出し、虫歯でない部分をできるだけ触れずに治す虫歯治療のことです。

専用薬剤は「次亜塩素酸ナトリウム」と「3種類のアミノ酸」からなります。次亜塩素酸ナトリウムは消毒にも使われる薬剤で、殺菌効果があり、これが虫歯だけを溶かす役割を果たします。3種類のアミノ酸は、残る健康な歯を守る役割を果たします。

カリソルブの適応

カリソルブはとても画期的な虫歯治療方法ですが、残念ながらすべての虫歯に適応なわけではありません。
虫歯の進行度合を示すステージは学校健診でも使われるC0〜C4の5つのステージに分かれます。

C0は初期虫歯です。
虫歯による実質欠損がないため、歯ブラシやフッ素で再石灰化を期待し、けずる治療はあえてしないことが多いです。つまりカリソルブの適応外です。

C1は歯の表層のエナメル質だけの虫歯で、実質欠損がある状態です。
痛みはありませんが、検診で指摘されることもあるでしょう。これはカリソルブの適応となります。

C2はエナメル質の下の層である、象牙質という部分まで進行した虫歯です。
穴がはっきりと見え、冷たいものや甘いものがしみることで気づくことが多いでしょう。カリソルブの適応となります。

C3は象牙質の下の神経まで虫歯が達した状態で、ズキズキとした痛みを伴います。
虫歯を取るだけでは収まらず、神経治療が必要になることが多いです。カリソルブは適応外となります。

C4は神経が虫歯によって死んでしまい、歯が腐った状態です。
神経治療が必須で、治療回数もかかります。カリソルブは適応外です。

上記のようにカリソルブはC1〜C2が適応となります。
従来の治療ではC1やC2でも麻酔を使うことが多く、虫歯を取り残さないために、予防的に虫歯の周囲の健康な歯も少し削ります。これによって痛みや、必要なかった神経治療が発生することがあるのです。

カリソルブ治療は痛みを少なく、自分の神経や健康な歯を残せるようになる虫歯治療といえます。ぜひ積極的に虫歯治療の1つとして、選択していただきたい治療といえます。

カリソルブだけではなく、虫歯治療は悪い部分を除去し、それにかわる材料を詰めたり、被せたりして歯を再建します。カリソルブによって最大限歯を残した場合も、虫歯によって無くなった部分は詰め物などの治療が必ず同時に必要です。
カリソルブ、詰め物、被せ物などの治療は保険が効かないため、費用は歯科医院、ご自身の歯の状態によって違いますが、おおよそ3万円〜5万円は程度でしょう。

カリソルブ治療のメリットとデメリット

カリソルブ治療のメリットは、虫歯だけを除去できるので最大限に健康な部分の歯を残すことができます。怖い音や麻酔時の痛みもなく、歯科恐怖症の方や子供、高齢者など麻酔が使いづらい方にも使用できます。

デメリットは、機械で一度に取らないため、1個の虫歯を取りきるには時間がかかります。平均1歯30分〜40分かかることが多いです。そのため顎関節症の方やお口が開きづらい方は治療が難しくなる場合があります。また薬液を注入するための入口が狭い場合、中の虫歯を取りきるために入口を大きく開けなければならないこともあります。費用面では保険が効かないため、保険内の虫歯治療と比較して費用が高額になります。

まずは、カリソルブを扱っている歯医者を探し、ご自身の虫歯が適応かどうか
聞いてみるとよいでしょう。また保険外診療ですので、きちんと話を聞いてくれ、メリットデメリットを詳しく説明してくれる信頼できる歯科医師を選ぶとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 外人

    美白歯磨剤「ブリリアントモア」ってなに?

  2. 口の乾き

    口の中乾いてない?ドライマウスの原因と予防について

  3. 歯磨き粉の画像

    歯よりも軟らかいLIME粒子入り歯磨き粉の驚くべき効果とは?

  4. 歯ブラシ

    口元の「キレイ」を演出する歯磨き粉が登場

  5. 歯磨きの画像

    スウェーデン式歯磨きで虫歯・歯周病予防

  6. チョコレート 歯 南青山矯正歯科クリニック 2016/8/24

    歯医者が作った虫歯にならないチョコレート

  7. 歯磨き粉

    歯がしみる!知覚過敏にはシュミテクト!

  8. 歯ブラシ

    審美歯科医師がすすめる歯ブラシ「ルシェロ」

  9. 歯間ブラシの正しい選び方と使い方

特集記事

  1. セラミックインレーの画像
  2. 歯並び
  3. マウスピース矯正中の画像
  4. ホワイトニング照射_20160522
  5. 歯ぎしり・食いしばり

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 白い歯のビフォーアフター 黄ばんだ歯にならないための予防法とは
  2. オーラルケアの正しい基礎知識 オーラルケアの正しい基礎知識
  3. 日本人_女性_ 考える セラミック矯正治療の流れと治療後について
  4. 水木(みずき)歯科医師
  5. 歯科ユニット 歯科治療における保険診療と自費診療の違い
PAGE TOP