注目の記事 PICK UP!

歯のホワイトニングで失敗しないコツ

外国人_女性_20160627

歯のホワイトニングとは

ホワイトニングはいまや一般の方にもかなり認知されており、手軽に歯を白くする方法の代表格といえるでしょう。歯のホワイトニングには歯科医院で受けられる、オフィスホワイトニングであれ、自宅でご自身が行うホームホワイトニングであれ、過酸化水素もしくは過酸化尿素を使用した歯の脱色です。したがってホワイトニング直後の色物の食事摂取は、後戻りやより着色しやすいというリスクがあります。またホワイトニングで歯が白くなる方は、大前提としてご自身の天然の歯が食事によって着色してしまった方となります。したがって、ホワイトニング後、また食事をする私たちの歯は、また色が後戻りしてしまいます。しかし生活習慣の改善によっては白くした歯を長く美しく継続することも可能です。そこでホワイトニング後に気をつけるべき注意点をご説明いたします。

歯のホワイトニング後の注意点

・着色しやすい食べ物や飲み物は避ける
具体例:色の濃い飲み物、酸性、油もの、コーヒー、紅茶、コーラ、オレンジジュース、赤ワイン、ベリー系、カレー、トマトソース、調味料、醤油、ソース、ケチャップ、ヨーグルト、梅干し、ドレッシング、酢、炭酸飲料、ビタミン、クエン酸)
・洗口剤は色物を避ける
具体例:イソジン
・たばこを控える
・歯ブラシをしっかり行う
・フッ素の入った歯磨き粉を使用し、歯の強化をする
・定期的にホワイトニングを受けるようにする。目安(3か月〜6か月)

ホワイトニング効果を維持するコツ

初めにオフィスホワイトニングで、しっかりと歯の着色した色を脱色する。その期間はできるだけ開けず、2週間ごとを3回ほど続けて行うとご自身の歯の色の白さの限界に近づきやすいといわれています。その後、ホームホワイトニングで芯の深い部分の着色をゆっくりと脱色する。3か月ほどつづけると綺麗な真っ白い歯を手にする確率が高くなります。そのうえで、着色が気になる6か月~1年ごとにオフィスホワイトニングを行う。これでもご希望の色にならない場合は、セラミックやラミネートべニアなどの人工物によって、歯を好みの白さにすることも可能です。セラミックやラミネートべニアは、変色することがないため一生白くて綺麗な歯を維持することができます。上の前歯のよく見える歯はセラミッククラウンで白くすると共に歯並びを矯正し、他の目立たない歯はホワイトニングで維持をされている方も少なくありません。

歯のホワイトニングの詳細についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ホワイトニング照射_20160522

    ホワイトニングをすると歯が脆くなる!?

  2. ブライダル_外国人_女性_20160629

    結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

  3. ホワイトニング_ビフォーアフター

    歯のホワイトニングとは

  4. 白い歯のビフォーアフター_20160617

    黄ばんだ歯にならないための予防法とは

特集記事

  1. マウスピース矯正中の画像
  2. 歯科医師_日本人_女性_20160522
  3. 笑顔の女性
  4. セラミック歯
  5. セラミッククラウン

記事一覧

PAGE TOP