注目の記事 PICK UP!

気づかないうちに歯が抜け落ちる「歯周病」のリスク

歯磨きで血が出てしまう_20160621

 そもそも歯周病ってどういう病気なの?

歯周病と聞くとどんなイメージをお持ちになるでしょうか?

  • 年をとったらなる病気じゃないの?
  • 歯が抜けるんだっけ?
  • 口臭がきつくなるってきいたけど?
  • お父さんの歯ブラシいつも真っ赤になってる!血が出てるみたい!
  • 歯磨きしてない人がなるんでしょ?私は毎日やってるから大丈夫よ!

どれもおおむね間違ってはいませんが、少し誤解もあったり、それ以外にも困った問題があるのをご存知でしょうか。では歯周病ってどんな病気で、どんなことが起こるのでしょうか。
歯周ポケットと呼ばれる、歯と歯茎の隙間から侵入した細菌が、歯茎に炎症を引き起こし、歯茎が痩せたり、歯茎が赤らんだり、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気です。また、歯は残っても歯並びがガタガタと悪くなってしまう方や、出っ歯、すきっ歯といった審美的低下も引き起こします。虫歯は虫歯菌が作り出す酸によって歯が溶けて穴があいたり、抜くことになったりする病気ですが、虫歯とは異なり痛みとして気づかないうちに進行し、歯肉からの出血などが起こった後、歯が自然に抜け落ちるほど重症になることがあります。歯を失う80%以上の理由が、歯周病もしくは虫歯が原因です。

気づかないうちに歯が抜けてしまう

歯周病と判定する基準は、歯周ポケットが4mm以上であること、出血があること、歯が揺れること、レントゲンにて骨の吸収が診られることです。病的な意味でこれらを改善する治療は保険が適応になりますが、歯周病によって低下した審美面である、歯茎やせ、歯並びの悪化の回復には保険が効かないことが多いのも事実です。

プラークと呼ばれる歯垢や、歯石が歯と歯茎の間に付着すると、プラークの中に含まれる細菌が出す毒素によって、歯肉が腫れたり歯の表面から剥がれてきて、歯周ポケットが深くなります。通常健康な方でも3mm程度の歯周ポケットがありますが、それを超えると歯周病の基準とされます。またプラークの中の細菌が、唾液に含まれるカルシウムやリン酸と結合して、歯石となります。そのため、唾液の出口がある下の前歯の舌側には、みなさん歯石が付きやすいのです。

歯周病には、歯周病原菌といわれる細菌が関わっていると考えられています。おもな歯周病原菌は数十種類もの細菌が歯周病との関連を疑われており、他の感染症のように1種類の細菌が感染して起こるのではないというのも特徴の1つです。こうした炎症反応が進んでいくと、歯を支える歯茎や骨が溶けはじめ、歯が動き出して歯並びを悪くしたり、歯が抜け落ちたりすることになるのです。恐ろしいのは、あまり痛みを感じることが少ないため、気づいたら重度の歯周病になっていたという方が多いことです。

歯周病になってしまったら?

歯周病になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

  • 歯周病の予防方法は?
  • どのような人に歯周病のリスクが多いの?

歯周病の直接の原因は、歯磨きが充分でないときに歯の周りに着く汚れであるプラークに含まれる細菌です。ですから正しいブラッシング方法とブラッシングの時間でこの細菌をできるだけ排除すること、またご自身で取り除けないものは歯科医院で受けられる歯のクリーニングで取ってもらいましょう。歯周病はこれが治療の一つであり、また同時に予防にもなります。比較的軽症の方は、これだけで改善する方もいらっしゃいます。しかし重度の歯周病となった場合は、麻酔をして手術が必要な場合もあります。また、生活習慣の改善も同時に必要になることが多いです。

たばこを吸うと歯周病になりやすい!

みなさんの生活習慣が、歯周病のリスクと密接に関係していることもあります。たとえば喫煙です。たばこを吸う人は、吸わない人の3〜8倍程度歯周病になりやすいといわれています。他には糖尿病の方も歯周病が進行しやすいことが知られています。また古い金属製の被せ物の隙間などがあると、プラークが付着しやすく歯周病のリスクが高まります。歯周病は40〜50代になると急激に増え始めますが、決して年齢だけからなるものではありません。上記のようなリスクが高い方、生活習慣によって歯磨きを怠っている方など、若い方でも罹患(りかん)する可能性は十分にあります。

病的な保険内の治療に加え、審美面の低下を改善するために、歯科矯正やセラミッククラウンによる、歯並びや歯の大きさの改善といった自費治療もあります。下がってしまった歯茎を戻す治療や、口臭を少なくするレーザー治療なども近年では発達していますので、お悩みの方は一度歯科医院に相談してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯科医師_日本人_女性_20160522

    歯医者が絶対やらない歯のこと

  2. 歯のクリーニングの画像

    予防歯科のススメ

  3. 歯科_ハート_20160623

    キスをすると虫歯や歯周病がうつる!?

特集記事

  1. オールセラミック
  2. 口元を隠す
  3. 外国人_女性_20160523
  4. 歯が痛い_外国人_女性_20160523
  5. きれいな歯並び_20160523

記事一覧

PAGE TOP