注目の記事 PICK UP!

叢生(そうせい) – 八重歯・鬼っ歯 | 歯並びの症例

八重歯_20160701

叢生(そうせい) – 八重歯・鬼っ歯について

歯を支える顎の骨が小さすぎたり、逆に歯が大きすぎたりと、顎と歯の大きさの不一致から歯がきれいに並びきれず、重なったり、飛び出したりしている状態です。生え変わりの順番の関係で、特に上の犬歯が出てしまっている状態を「八重歯」、下の犬歯が出てしまっている状態を「鬼っ歯」と呼んだりします。どちらも見た目が窮屈な印象を受けると思います。若いうちは八重歯がかわいいと思う時もあるかもしれませんが、海外や就職活動においてはステータスとして悪い評価を受けやすいです。実際ちゃんと磨いていても、ブラシの先が届かず磨き残しが起こりやすいでしょう。それにより虫歯や歯周病、口臭の原因になるリスクが高くなります。

歯周病についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯科_ハート_20160623

    キスをすると虫歯や歯周病がうつる!?

  2. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  3. 虫歯の症例写真

    虫歯を放置すると命の危機になるかも!?

  4. 過蓋咬合(かがいこうごう)_20160701

    過蓋咬合(かがいこうごう) | 歯並びの症例

  5. マウスピース矯正の画像

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  6. 歯のクリーニングの画像

    予防歯科のススメ

  7. 左右非対称のかみ合わせ 2016/7/28

    左右非対称な噛み合わせ | 歯並びの症例

  8. 歯間ブラシ_20160625

    ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

  9. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

特集記事

  1. 歯の模型と人
  2. 口元を隠す
  3. 外国人_ビューティー_笑顔
  4. 銀歯
  5. 笑顔の女性

記事一覧

PAGE TOP