注目の記事 PICK UP!

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ) | 歯並びの症例

審美歯科の教科書ロゴ

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)について

上顎と下顎が大きい、または上の歯、下の歯の両方の歯の傾きが大きいことで、口元が突出したような状態のことを言います。原因が骨の場合には骨の手術が必要なこともあります、歯が原因の場合は上下ともに治療しなければならないことが多いです。口が閉じづらく、歯や口が乾燥しがちです。これにより虫歯や歯周病のリスクが高まったり、見た目も突出感が強く審美性が落ちます。口を無理やり閉じようとすると、鼻の下が伸びたり、オトガイに梅干し状のこぶができたりします。前歯が噛み合っていないことが多く、食べ物が噛み切りづらいというデメリットもあります。

歯周病についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日本人_女性_ 考える

    セラミック矯正治療の流れと治療後について

  2. 悪い歯並び

    悪い歯並びが及ぼすリスクとは?

  3. 開咬(かいこう)-オープンバイト

    開咬(かいこう) – オープンバイト | 歯並びの症例

  4. 歯型_模型

    セラミック矯正治療の流れと治療期間

  5. ワイヤー矯正

    歯列矯正中の痛み対策

  6. 歯を失った状態

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

  7. 歯科医師_日本人_女性_20160522

    歯医者が絶対やらない歯のこと

  8. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  9. ワイヤー矯正

    ワイヤー矯正の歴史

特集記事

  1. 入れ歯
  2. きれいな歯並び_20160523
  3. 笑顔の女性
  4. マウスピース矯正装置を装着する画像
  5. 歯科検診

記事一覧

PAGE TOP