注目の記事 PICK UP!

黄ばんだ歯にならないための予防法とは

白い歯のビフォーアフター

歯が黄色くなってしまう原因

歯が黄色くなってしまう原因は大きく分けて3つあります。

1つはテトラサイクリンという薬の副作用によるものです。

特徴はグレーがかった色味や、横に帯状のしましま模様が入っていること、また一本ではなく、歯全体であることです。これはホワイトニングでは白くできません。そのためセラミッククラウンなどの差し歯が、歯を白くする改善策となります。

2つめは神経がない歯です。

虫歯が深く、神経を取らざるをえなかった方が、処置後数年たつと歯が黒くなってきます。これもホワイトニングでは白くできないため、セラミッククラウンなどの差し歯で改善します。

3つめが日常の食事や嗜好品による着色です。

例えばコーヒー、紅茶、赤ワイン、しょうゆ、ソース、油もの、酸性の飲食物、タバコなどです。目安としては、白いシャツに付いてしまうと落ちにくいモノが原因で歯が黄ばみます。
食事は衣食住の1つですから、避けることができません。

では嗜好品は?

嗜好品もなかなか急にやめることは難しいでしょう。もちろん歯の色のためだけではなく、健康を考えると、タバコやアルコールは止めた方がいいでしょう。しかし、多くの人が好む、コーヒー、タバコ、アルコール。

ご本人もやめたいけどやめられない・・・

健康のためにも、歯も黄色くなってきたし・・・

そんな方が、歯の白さを手にする、もしくは白くした歯を維持するにはどうしたらよいのでしょうか。

歯が黄ばむのを防ぐ方法とは

セルフケアでできることは、日々の歯ブラシとなります。歯を磨く時、ホワイトニング成分であるポリリン酸が含まれているものを選ぶと歯を白くする効果が高まります。様々な歯磨き粉剤がありますが、ホワイトニングという文字だけで選ぶのは禁物です。成分に何が含まれているのか見るようにしましょう。また頻度も毎食後、できれば嗜好品を摂取したらすぐに磨くといいですね。歯の表面を磨いても、歯と歯の間についてしまう着色もあります。糸ようじや、デンタルフロスを併用するとなお良いと思います。

プロケアとしては3つあります。

1つめは比較的馴染みがある歯のクリーニングです。

3か月程度で誰でも歯石が溜まってきます。歯周病、虫歯予防のためにも定期的に歯科医院にいき、歯石や着色を落としましょう。保険の範囲内だと、着色までは落としてもらえないことが多いため、着色が気になることを伝え、保険外治療が必要であれば検討しましょう。歯のクリーニングの保険外治療では、着色を落とすための専用薬剤や、噴射式の専用器具を使用してくれます。歯を白くというよりは、物理的についてしまった表面の汚れを落とし、本来の歯の色に戻すのが目的です。また時間が経つと、再度着色を繰り返します。

歯のクリーニングについてはこちら

2つめはホワイトニングです。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあります。いずれも過酸化水素や過酸化尿素といった専用薬剤を、歯科医師指導のもと塗布し、必要に応じてレーザーを照射し歯を白くします。効果が高く、早いのはオフィスホワイトニングですが、保険外であるため価格設定が高めです。時間をかけて効果がやや落ちても、自分のペースで低価格で行えるのがホームホワイトニングとなります。セルフホワイトニングといった、歯科医院ではない場所でおこなうホワイトニングもあり、安価でホワイトニングを受けられますが、こちらは医薬品を使用しないため効果が格段に落ちます。歯科医院で行うホワイトニングとは、歯に染みこんでしまった黄ばみを脱色するのが目的で、本来の着色前の白さをこえて白くすることができません。ホワイトニング後も、時間が経ち日常生活を繰り返すうちに着色を繰り返していきますので、白い歯を維持したい方は定期的にホワイトニングを受ける必要があります。

ホワイトニングについてはこちら

3つめはセラミッククラウンです。

歯を削って人工の歯を被せる方法です。セラミッククラウンを装着すれば変色の心配もなく、歯の色も自由に決められます。好きな場所を好きな色にできますが、セラミッククラウンの価格はやや高価となります。多くの歯科医院でも取り扱いがありますが、保険外治療のためクリニックによって価格にばらつきがあります。

歯を白くすると笑顔に自信がつき、生活の質があがることは間違いありません。仕事やプライベートをより豊かにするために、歯を白く、口元を綺麗に保つことは、いまや常識となってきています。悪習慣を絶てれば、一番ベストですが、なかなか止められないという方はぜひ歯科医院でのケアや施術をご検討ください。

セラミッククラウンについてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯磨き

    食後すぐの歯磨きはあり?なし?いつ磨けばいいの?

  2. 歯科_ハート

    キスをすると虫歯や歯周病がうつる!?

  3. きれいな歯並び_20160523

    歯ぎしりの原因と治療方法

  4. オーラルケアの正しい基礎知識

    オーラルケアの正しい基礎知識

  5. ブライダル_外国人_女性

    結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

  6. 審美歯科の教科書ロゴ

    歯科医師が爪楊枝(つまようじ)を使わない理由

  7. キシリトールガムを食べる画像

    キシリトールが虫歯予防に適している理由

  8. 歯のクリーニングの画像

    予防歯科のススメ

  9. 虫歯の症例写真

    虫歯を放置すると命の危機になるかも!?

特集記事

  1. セラミック矯正について
  2. 困った顔の女性の画像
  3. 失った歯
  4. 歯のブリッジ治療
  5. 歯磨きで血が出てしまう

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 外国人_女性_20160523 セラミック矯正治療で何ができる?
  2. デンタルリンス 液体歯磨きとデンタルリンス(洗口剤)の違い
  3. 親子 キス病って何?キスで歯周病や病気がうつる?!
  4. 歯並び 大人の歯列矯正について
  5. セラミッククラウン セラミックで作った差し歯の寿命ってどれぐらい?
PAGE TOP