注目の記事 PICK UP!

インレーとは?コンポジットレジンとは?

インレー_ビフォーアフター

歯は自然に治らない

虫歯になってしまった歯は、初期虫歯のような欠損のない状態を除き、皮膚のように自然に治ることはありません。そのため虫歯になった部分を取り除き、失った歯を再建する必要があります。こうした再建の分野を補綴学といいます。補綴(ほてつ)の中には、部分的なものから、歯全体を再建する方法まで様々な種類があります。部分的な治療方法として、インレー・アンレー・コンポジットレジン・クラウンという治療方法があります。それぞれの治療方法によって、良い点悪い点がありますので、正しく理解し、自分にあった治療方法を選択しましょう。

コンポジットレジン(歯の詰め物)とは

コンポジットレジンとは、樹脂製のプラスチックを光で固める素材です。治療はその日で終了することが多く、治療費も安価の歯科医院が多いでしょう。しかし、適応症が限られるため、すべての虫歯治療に使用できるわけではなく、大きく欠損した虫歯には適応外となることが多いです。また、お弁当箱にカレーライスをいれると色がしみついてしまうように、それ自身も食事によって着色するため、継時的に色が変わってしまうことが多々見受けられます。また細かな境い目に段差やギャップができることも多く、ケースによっては二次虫歯になるリスクもございます。

保険治療の場合、選べる歯の色に制限があることが多いが、自費治療の場合、選べる種類が多くなるのが特徴です。またプラスチックにアレルギーをお持ちの方は、禁忌となります。

インレー(歯の被せ物)とは

インレーは保険治療の場合、銀色の金属(銀歯)となります。金属ですと薄くても壊れづらいため、歯を削る量が若干少ないという点と、保険が適応になりますので、費用が抑えられるというメリットがあります。しかし色が銀色で審美性に欠ける点、継続して使っていくと歪んで変形したり二次虫歯になるリスク、また金属アレルギーの方には使用できません。

自費治療の場合はセラミックインレーとなります。セラミックはお茶碗と同じ材質のため、壊れるリスクがあるという点と、壊れないようにするために削る歯の量が若干多くなります。しかし歯の色の選択肢が多く、歯と同じ色を選択することができるようになるため審美性が向上します。また銀歯とは違い、金属アレルギーの心配がなく、アレルギーのリスクも減るというメリットがあります。

アンレーとは

アンレーとは、インレーがもう少し大きくなったもので、咬む面を大きく覆う形になります。メリットデメリットはインレーとほぼ同じです。

クラウンとは

最後にクラウン(冠)のご紹介です。クラウンとは、歯の全周を覆う形の、俗にいう差し歯のことです。被せる材質によって様々な違いがあります。保険治療の場合、メタルやプラスチックを使用し、自費治療の場合セラミックやゴールドを使用します。

保険治療で選べるメタルは薄くても壊れにくく費用が抑えられるが、金属アレルギーと歯茎が黒くなるリスクがあります。プラスチックは壊れやすく変色しやすいが、費用が安価で保険治療でも歯の色が選べるが、選べる色の種類は少ないなどのメリットとデメリットがあります。

自費治療で選べるゴールドはメタルよりも柔らかく、咬み合わせる歯を傷つけない、アレルギーが起こりにくく、歯を削る量が少なく壊れにくいが、金色なので審美性が低下するなどのメリットとデメリットがあります。
セラミックは歯を削る量が若干増えるが変色しない、アレルギーを起こすリスクが低く、歯の色の選択肢が多く、透明感もあり壊れにくいというメリットとデメリットがあります。

物事には必ず、良い点と悪い点があります。きちんと理解し、デメリットをこえるメリットが納得できるよう、ご自分にあった治療方法、材質が選べるよう、歯医者さんにもしっかりと質問をして、納得した治療を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  2. オフィスホワイトニング

    オフィスホワイトニングってどんな治療?

  3. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  4. 日本人_女性_ 考える

    セラミック矯正治療の流れと治療後について

  5. セラミックインレーの画像

    セラミックインレーによる歯の詰め物治療について

  6. 歯型_模型

    セラミック矯正治療の流れと治療期間

  7. オールセラミック

    オールセラミックとは?

  8. セラミックの差し歯

    差し歯をセラミックにしたらメンテナンスが必要になるの?

  9. 自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

    自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

特集記事

  1. 歯磨きで血が出てしまう
  2. セラミッククラウン
  3. 歯科検診
  4. 歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方
  5. 歯が痛い_外国人_女性_20160523

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 外国人女性 奥歯の奥まで届くワンタフトブラシとは
  2. 歯が痛い_外国人_女性_20160523 歯並びを悪くする悪習慣とは?
  3. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜん…
  4. 開咬(かいこう)-オープンバイト 開咬(かいこう) – オープンバイト …
  5. 歯科検診 歯の定期健診に行かないと起きるリスク
PAGE TOP