注目の記事 PICK UP!

ワイヤー矯正について

外国人_女性_ワイヤー矯正

ワイヤー矯正の装置について

ワイヤー矯正とはマルチブラケット装置のことを言います。マルチブラケット装置を使った治療はブラケットと呼ばれる四角い小さな装置を1本の歯に付き1つ、特殊な接着剤で装着します。そこにワイヤーを通して少しずつ歯を並べていく矯正治療になります。

ブラケットとワイヤーとは

ブラケットは歯の種類によって理想とする傾きが違うため、個々の歯に異なった種類のブラケットを接着します。ブラケットは金属製のものとプラスチック、セラミック製のものがあります。金属製のものはシルバー色になるので目立つ欠点はありますが、壊れにくいという利点もあります。そのため、前歯にはプラスチック製などの目立ちにくいものを使い、奥歯には耐久性が優れた金属製のものを使う場合が多いと思われます。

そして、マルチブラケット装置で使うワイヤーは太さや素材、強さなどが違うもので多くの種類があります。その中から矯正医が今の歯並びに適したワイヤーを選択し装着します。このワイヤーにも金属色のものと白いものがあります。この2つに力や機能の面では大きな差はありませんが、白いものの方が目立たないので見た目を気にされる方には適していると思います。ただし、白いワイヤーは金属色のワイヤーに白いコーティングをしているものになるため、コーティングがはがれてしまうと普通の金属色のワイヤーになってしまいます。そのため、丁寧なブラッシングをしてコーティングをはがさないように注意する必要があります。そして、ワイヤーは細やかな歯の移動や回転などを行うために曲げたり、バネやゴムなどの補助器具を装着したりもします。このように、矯正器具は金属成分を含んだ材料を多く使っているので、金属アレルギーの患者様は最初に主治医に伝える必要があります。

マルチブラケット装置の装着方法

マルチブラケット装置は、表側につけるタイプのものと裏側につけるタイプのものがあります。表側につけるタイプのものはメリットとして、ほとんどの不正咬合(ふせいこうごう)に適応できる事、細やかで正確な歯の移動が可能である事、装置の周りについた汚れを目で確認できて清掃しやすい事などが挙げられます。デメリットとしては装置が目立つことが挙げられます。

そして裏側につけるタイプのものはメリットとして目立たない事、唇に引っかかることがない事などが挙げられます。デメリットとしては、喋ったり食べたりする時に装置に舌が引っかかる事、清掃しにくい事、不正咬合の種類によっては使えない場合がある事、細かい歯の移動が困難である事などが挙げられます。
これらをふまえた上でどのタイプの装置で治療するか患者様と相談の上決めていきます。

ワイヤー矯正の治療の流れ

ワイヤー矯正の治療の流れはまず、患者様の気になっている内容や希望をお聞きして、レントゲンや模型でわかった内容をもとに、治療計画を立てます。そして、歯に必要な装置を装着し、装置の調整をしていきます。そして最終的に歯が並んだら、器具を外すのですが、外してそのままにしておきますと、「後戻り」といって歯が元あった位置にもどってきてしまいますのでリテーナーという保定装置をしていただきます。

ワイヤー矯正の治療期間

ワイヤー矯正治療の期間は歯を抜いて治療するか、歯を抜かないで治療するか、不正咬合の難易度によってかなり差が出てまいります。平均すると約2~3年になりますが、患者様によってかなり違いますので担当医とご相談下さい。そして、通院の頻度は歯を動かしている期間は1~2か月に1回、保定装置を使用している期間は初めのうちは2~3か月に1回で、歯並びが安定してきたと判断されれば6か月~1年に1回の通院でよくなります。

矯正治療は年単位の長期の治療です。なぜ、こんなにも長い期間がかかるのか疑問に思われる方は多いと思います。できるだけ短い期間で終わらせたいのは多くの患者様の希望とするところだと思います。ですが、歯を強い力で早く動かすのは“歯根吸収”という歯の根の短縮を起こします。これが起こると、健康な歯・歯ぐきであるのにも関わらず根が短いことによって歯がグラグラしてきたり、最悪の場合抜けてしまうこともあります。そして1度歯根の短縮を起こすと元には戻りません。そのため、歯には適正な力をかけてゆっくり動かす必要があるのです。

ワイヤー矯正の治療中の痛み

大人の矯正は子供の矯正に対し、成長が止まってからの治療になるため、それなりに歯が動く痛みがある場合があります。ただし、常に1日中痛いわけではなく、ワイヤーを装着した時やワイヤーなどの調整をした後の2~3日の食事中にものを噛んだ時に痛いと感じる場合が多いです。そのため、痛い時は無理せずにやわらかい食事を召し上がっていただき、場合によっては痛み止めを処方することも可能です。また、歯が動く痛みの他に器具が頬などの粘膜に当たって痛む場合があります。これは、食事や歯ブラシによって、または歯が移動したことによってワイヤーや金具の位置が変化して起こってくる痛みです。 こうした場合はお渡しするワックス(装置につける粘膜を保護するもの)で当たらないようにしていただくか、歯科医院まで来院して頂いて痛くないように処置をいたします。

ワイヤー矯正と一言でいっても前述したようにその中で多くの選択肢があります。患者様の不正咬合の状態やご希望など全体をしっかり精査し、患者様が安心して治療を受けられるクリニックをお選び頂くことが大切だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  2. 小児_ワイヤー矯正

    子供の歯列矯正について

  3. 左右非対称のかみ合わせ 2016/7/28

    左右非対称な噛み合わせ | 歯並びの症例

  4. 外国人_ビューティー_笑顔002

    セラミック矯正について

  5. 歯科ユニット

    歯科矯正する時の矯正歯科医院と歯科医師の選び方

  6. 歯を失った状態_20160628

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

  7. 笑顔の女性

    歯科矯正における審美歯科医師の技術力を見極める症例写真の見方とは

  8. 外国人_女性_ビューティー_20160629

    大人からはじめる歯科矯正

  9. ワイヤー矯正_20160621

    ワイヤー矯正の歴史

特集記事

  1. ワイヤー矯正_20160621
  2. きれいな歯並び_20160523
  3. 小児_ワイヤー矯正
  4. ホワイトニング照射_20160522
  5. 歯磨きで血が出てしまう_20160621

記事一覧

PAGE TOP