注目の記事 PICK UP!

歯のホワイトニングとは

ホワイトニング_ビフォーアフター

口元が与える影響

口元が与える印象はとても大きく、年齢ごとに注意すべき点や、綺麗の基準や目的もさまざまです。20代の方は口元の印象アップで仕事によい影響を与えます。30代の方は綺麗を意識した歯科治療、歯周病予防やケアも忘れてはいけません。40代の方は審美歯科ではじめるエイジングケアによって、いつまでも若々しい口元。しかし、どの世代にも共通して言えるのが、美しい口元には、綺麗な白い歯が必須であるということです。歯を白くする方法には、自分の歯を使って白くするホワイトニングと、人工物を使って白くするセラミック治療の、大きく分けて二つあります。今回はホワイトニングについてご説明いたします。

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、髪の毛の染色でいうところのブリーチングに相当し、歯の中にしみこんでしまった着色を脱色するイメージの施術になります。メカニズムとしてホワイトニングの専用薬剤である過酸化水素が分解する際に発生する、ヒドロキシラジカルやヒドロペルオキシラジカルなどのフリーラジカルが、歯の着色有機質の二重結合部分を切断し、低分子化することにより起こる「無色化」により、歯の明度を上げることで白くする方法です。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院内で歯科医師もしくは歯科衛生士が行うオフィスホワイトニングと患者様のご自宅で行うホームホワイトニング、またその中間のアシステッドホワイトニング、神経のない歯に対して行うウォーキングブリーチなどがあります。

効果が高い、一回で効果が出るのはオフィスホワイトニングですが、施術中知覚過敏のような痛みが出やすいです。短期間で歯の色をできるだけ白くしたいかた向けですが、費用も一番高額になります。

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングよりも費用が抑えられますが、オフィスホワイトニングより効果は低いです。痛みに敏感な方や舌側まで白くしたい方に向いています。また、オフィスホワイトニングと併用して、白くした歯の維持に使用される方も多いです。

オフィスホワイトニングの治療方法

通常、オフィスホワイトニングには15~38%の過酸化水素製剤、ホームホワイトニングには5~38%の過酸化尿素製剤が使用されます。オフィスホワイトニングでは、この薬剤にハロゲンライト、プラズマアークライト、レーザー、LEDなどを当てて、過酸化水素の分解を促進します。この薬剤は、歯科医師のいるクリニックでしか取り扱うことができません。最近では光触媒を使用しない、ライトや光不要のホワイトニング薬剤もあります。このほかに、自身で行なうセルフホワイトニングも新しいホワイトニングとして注目されています。 セルフホワイトニング専門の店舗やエステサロンや美容サロンにセルフホワイトニングの併設施設も増えていますね。

医療ホワイトニングとセルフホワイトニングの違い

クリニックで受けられるホワイトニングとセルフホワイトニングとの一番大きな違いとして、薬剤の違いがあります。たとえばその一つとしてポリリン酸ホワイトニングがあります。ポリリン酸ホワイトニングは歯の表面についたステイン(茶渋やたばこのヤニなど)に近づくと、汚れを浮かせて剥がし、表面をきれいにすると同時に歯の表面のコーティングをすることで歯質を強化したり、ステインの再付着を防止する働きを持ちます。またポリリン酸が虫歯菌や歯周病菌にも有効なため、虫歯予防や歯周病予防にも効果があるといわれています。過酸化水素に比べ痛みも出にくいというメリットがありますが、髪の毛でいうトリートメントに相当するため、ブリーチに相当する過酸化水素に比べ白くする効果はあまり期待できないといえます。

オフィスホワイトニングができない方

  • 過酸化水素を分解できない場合(無カタラーゼ症)
  • 紫外線アレルギーの方(ライトを使用しないホワイトニングの場合は問題ありません)
  • ハンドクリーム・リップクリーム・歯磨き粉にアレルギーのある方(オフィスホワイトニング時、それに近い歯科材料で防護や清掃を行うため)
  • 妊娠中・妊娠の可能性がある方、授乳中の方(問題がおきたことはないですが、絶対に大丈夫であるというエビデンスがないため)
  • 矯正器具がついている方
  • 大きな痛みを伴う虫歯、歯周病がある方

オフィスホワイトニングで起こりうるリスク

  • ホワイトニング中または治療後の数日間は知覚過敏、歯茎のひりひり感が起こることがありますが、一時的なもので後遺症になることはありません。
  • ホワイトニングは歯の漂白であり、表面に色を塗るものではないため、生きている天然の歯にしか効果がありません。つまり人工的なかぶせ物や詰め物は白くなりません。
  • 歯にヒビがある、欠けている、虫歯がある、削れているところは痛みが出やすく、神経治療が必要になる場合があります。
  • どのくらい白くなるかを予想したり、色の指定はできません。黄色、オレンジ系統の歯のかたは白くなりやすいといわれています。そのため歯をどこまで白くしたいのかを事前のカウンセリングで的確に受診するクリニックに伝える必要があります。
  • グレー、青、テトラサイクリン歯とよばれる歯に横線のはいっている方、金属の溶解によって変色した歯、神経を取ってしまった歯には効果がほとんどありません。

オフィスホワイトニング後の注意点

ホワイトニング直後は色むらがあり、色の安定に2週間程度かかります。結婚式や面接など大事な予定があるときは、2週間以上前に余裕をもって施術を受けましょう。48時間は色が入りやすい状態になっていますので、歯磨きをしっかり行い、色の濃い飲み物、酸性・油ものはさけるなど、食事に注意が必要です。

ホワイトニング後に避けたい食事例

  • ポリフェノールを多く含む食材(赤ワイン、大豆、ぶどう、ココアんなど)
  • お茶(コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラなど)
  • 色の濃い食品(カレー、ケチャップ、醤油、ソース、ホウレンソウなど)
  • そのほか、着色料を使用した食品

ホワイトニング後おすすめの食事例

白い食べ物や色の薄い食べ物がおすすめです。例えば、牛乳、白味噌汁、水、白ワイン、ごはん、パン、カルボナーラ、ホワイトソース、白菜、白身魚、うどん、しらす、大根などです。ただし、白かったり、無色透明でも、炭酸、油は注意が必要です。

ホームホワイトニング使用方法

  1. フッ素無配合歯磨き粉または、歯磨き粉を使用せずに歯ブラシやフロスなどで歯面間のプラークや食べかすなどを除去してください。
  2. ホワイトニングを行いたい部位を選び、ジェルを塗布してください。このとき出しすぎに注意してください。目安は1歯につき、1~2mmほどです。ジェルがトレーからあふれ出ると歯茎が刺激をうけて白くただれることがあります。傷口にオキシドールをぬると泡立って白くなるのと同じ状態ですのでご安心ください。数日で治りますが、痛みを伴う場合はホワイトニングを中断してください。
  3. 歯面の唾液や水分をティッシュなどで拭ってからトレーを装着してください。
  4. 時間経過後、トレーをはずし清潔な指または歯ブラシで余分なジェルを除去してからよくうがいを行ってください。
  5. フッ素配合の歯磨き粉を使用し、歯磨きを行ってください。

ホームホワイトニング装着時間と使用期間

15%は1日4~6時間まで、35%は1日30分までを、1週間から最高でも2週間の期間行ってください。その後、まだ色が気になる場合には2週間期間を開けてから繰り返し同じように行ってください。期間内に痛みや知覚過敏がある場合は、症状が改善されるまで使用を中止してください。

ホームホワイトニング用トレーのお手入れ方法

  • 流水下で歯ブラシなどを使用しジェルを洗い流した後、水分を切って陰干ししてください。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やポリデントを使用してください。
  • お手入れ後は紛失や破損を防ぐため、専用のケースにしまうようにしてください。
  • トレーは熱で変形してしまいます。お湯や熱湯では洗わないでください。
  • 乾かしすぎにも注意してください。ひび割れなどの劣化の原因となります。

ホームホワイトニング中または終えた後に注意すること

  • トレー装着後、30分程度ご飲食はお控えください。
  • ホワイトニング期間中は着色しやすい飲食、喫煙はお控えください。
  • ホワイトニング期間終了後はフッ素のはいった歯磨き粉を使用し、歯質の強化や再着色の抑制を行ってください。
  • 定期的に歯科医師の検診を受け、施術内容は指示を守ってください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日本人_女性_ 考える

    セラミック矯正治療の流れと治療後について

  2. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  3. セラミックの差し歯

    差し歯をセラミックにしたらメンテナンスが必要になるの?

  4. ホワイトニング照射_20160522

    ホワイトニングをすると歯が脆くなる!?

  5. 歯科検診

    歯の定期健診に行かないと起きるリスク

  6. ホームホワイトニングとは

  7. 歯型_模型

    セラミック矯正治療の流れと治療期間

  8. マウスピース装着シーン

    ホームホワイトニングでもLEDライトを照射でホワイトニング効果アップ!

  9. 外国人_ビューティー_笑顔

    理想的な歯並びとは

特集記事

  1. マウスピース矯正中の画像
  2. ホワイトニング照射_20160522
  3. 歯科検診
  4. 歯科ユニット
  5. 親知らず

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 歯並び 大人の歯列矯正について
  2. 歯が痛い女性 意外と知らない虫歯と歯周病の事実
  3. 審美歯科の教科書ロゴ 上下顎前突(じょうかがくぜんとつ) | 歯並びの症…
  4. 歯科医師_日本人_女性_20160522 歯医者が絶対やらない歯のこと
  5. デンタルリンス 液体歯磨きとデンタルリンス(洗口剤)の違い
PAGE TOP