注目の記事 PICK UP!

セラミック矯正治療の流れと治療期間

歯型_模型

歯科治療のゴール

歯の矯正と聞くと、まず思いつくのが年単位に及ぶ治療機関ではないでしょうか。そこで気持ちが挫折してしまう方も少なくないかもしれません。これはおおむね、ワイヤー矯正のことをさすことが多いですね。私が考える歯科治療のゴールは、ご自身の求めるものが達成されるかどうかにかかってくると思っています。

したがって

どんな治療にも良い点と悪い点がありますので、それをきちんと理解したうえであれば、短期間で治療結果が得られるということは、決断の大切な要素になりうると考えます。治療期間に焦点をあてた場合、治療期間が短い矯正治療があるのは事実です。それがセラミック矯正です。

セラミック矯正とは

セラミック矯正は、必ず歯を削る治療です。場合によっては神経をとる治療もありえます。歯を削って神経をとると、将来歯がだめになるのではないかというご不安を抱える方がいらっしゃると思いますが、セラミックをしてもしなくても歯のお手入れが不足すると虫歯や歯周病になるように、セラミックをかぶせた歯もきちんとケアしてあげることで長く使うことができます。特別な事故などに合わない限り、セラミックが壊れるリスクは10年の間に10%以下と言われています。

セラミック矯正治療の流れと期間

セラミック治療の流れをご説明しましょう。お口の状態やご希望の仕上がりによって個人差はあります。

  1. ベースとなる神経治療が必要な方や虫歯がある方は初回に治療をします。
  2. 初回治療の炎症反応や痛みが落ち着く約2週間を待ち仮の歯にします。
  3. 2週間ほど仮歯を使っていただき、壊れたり痛みが出たりしないか、歯茎の状態は安定しているかなどの確認、しゃべり方や口元の変化になれる期間を設けてから型取りになります。
  4. 型取りして作成された模型をつかってセラミスト(歯科技工士)がセラミックを作成します。約2週間ほどの期間をいただいて丁寧に作成し、出来上がったものをはめ込みます。
  5. 仮歯の時と同様に、2週間ほど使用していただき、色、痛みの有無、噛み合わせに問題がないかなどを確認の上、治療は終了となります。

以後は、定期健診となりますので、虫歯治療後と同様に、数か月に1回プロケアを受け、定期チェックを行いましょう。つまりセラミックが入るまでの流れは①~④の各2週間ですから、合計で8週間。
最短で2ヶ月ほどで治療を終了することができます。

セラミック矯正の詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 外国人_ビューティー_笑顔

    理想的な歯並びとは

  2. 空隙歯列(くうげきしれつ)-すきっ歯_20160701

    空隙歯列(くうげきしれつ) – すきっ歯 | 歯並びの症例

  3. インレー_ビフォーアフター

    インレーとは?コンポジットレジンとは?

  4. 八重歯_20160701

    叢生(そうせい) – 八重歯・鬼っ歯 | 歯並びの症例

  5. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701

    反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ) – 受け口 | 歯並びの症例

  6. セラミックの差し歯

    差し歯をセラミックにしたらメンテナンスが必要になるの?

  7. 開咬(かいこう)-オープンバイト_20160701

    開咬(かいこう) – オープンバイト | 歯並びの症例

  8. ホワイトニング照射_20160522

    ホワイトニングをすると歯が脆くなる!?

  9. 歯並び

    大人の歯列矯正について

特集記事

  1. 外国人_女性_20160523
  2. 失った歯
  3. 歯並びがきれいな女性の画像
  4. きれいな歯並び_20160523
  5. セラミッククラウン

記事一覧

PAGE TOP