歯がしみる!知覚過敏の原因って?

知覚過敏の原因

冷たいものを食べると歯がしみることがありませんか? もしかしたら、「知覚過敏(ちかくかびん)」かもしれません。よくテレビなどで耳にするこの知覚過敏、果たしてどんな原因で起こるものなのでしょうか。

知覚過敏ってどんな症状?

知覚過敏ってどんな症状?

知覚過敏とは、歯の表面から歯の内部にある神経に対して、さまざまな刺激が伝わり、痛みを感じるものです。また、虫歯ではなく、歯の神経の炎症などもない状態にあるのに、痛みを感じるのが知覚過敏です。

知覚過敏で痛みを感じるとき、さまざまなきっかけがあります。例えば、冷たい水や熱いお湯を口に入れたとき、甘いものを食べたとき、歯磨きの最中、冷たい空気や風によっても痛みを感じます。

知覚過敏の痛みは、数秒から1分程度で、持続するものではありません。また、刺激が加わったときにだけ痛むのが特徴で、それ以外のときには痛みを感じることはありません。

知覚過敏で痛みを感じるメカニズム

知覚過敏で痛みを感じるメカニズム

この知覚過敏では、なぜ痛みが起こるのでしょうか。

そもそも、歯が痛むのは、歯の内部にある歯の神経に刺激が伝わるためです。歯の表面には「エナメル質」という硬い層があり、その内部に柔らかい「象牙質(ぞうげしつ)」という層があります。そして象牙質の内部に「歯髄(しずい)」という神経が入っています。

歯がしみて痛いという場合、この象牙質に何らかの刺激が加わっていることになります。象牙質に何かものが触れたり、冷たいものや熱いものが触れたりするだけで、神経にその刺激が伝わり、痛みを感じるしくみだからです。

通常は、エナメル質で覆われているため、歯に刺激があっても痛みは感じません。ただ、極端に冷たいものなどだと、エナメル質越しでも神経に刺激が伝わり、痛みを感じることはあります。

一般的に、知覚過敏というと、象牙質が何らかの原因で露出することで、神経に刺激が伝わりやすくなり、歯に痛みを感じる症状をいいます。

知覚過敏の原因を教えて!

知覚過敏の原因

では、なぜ知覚過敏の痛みの原因である「象牙質の露出」が起こるのでしょうか。その主な原因をみていきましょう。

歯周病などで歯肉が下がっている

歯肉が下がると、その下がったところ、つまり、歯の付け根部分から象牙質が露出します。歯肉が下がるのは、加齢とともに起こることがあるほか、歯周病、強い力で噛みしめることなどでも起こることがあります。

歯周病になると、歯垢の中に棲んでいる歯周病菌などの細菌が出す毒素で、歯を支える歯槽骨という骨が溶かされてしまうため、その骨にかぶさっている歯肉が退縮してしまいます。すると歯が長く伸びたように見えることがあります。このような状態になると、歯の根が露出するため、知覚過敏が起こりやすくなります。

また、日頃から歯ぎしりや食いしばりなどで強く歯を噛みしめる癖があると、歯槽骨が溶かされることがあります。これによって歯肉が下がることもあります。

歯が損傷している・溶けている

強く噛みしめる癖や歯ぎしりなどで歯にヒビが入ったり、何かの衝撃で歯が折れたり、長年歯を使っていることで歯の表面が擦り減ったりと、物理的に刺激が加わることで、歯が損傷することがあります。この歯の損傷によって、歯の表面を覆うエナメル質が擦り減ってしまうことで、象牙質が露出することがあります。

また、酸性の食べ物や飲み物を長時間口の中に入れ続けた結果、歯のエナメル質が溶けることがあります。これは「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼ばれるものです。

酸蝕歯になると、炭酸飲料や酢、柑橘系のフルーツであるグレープフルーツやレモンなどの酸性の強いものを毎日摂取したり、口の中に長い間含んでいたりすることで、歯が溶かされてしまいます。これも象牙質が露出して知覚過敏が起こる原因の一つです。

虫歯治療で歯を削った後

歯科医院で虫歯の治療を受けた後、歯がしみることがあります。これは、虫歯治療において、歯を削ったときなどに起こります。エナメル質が削られることで、象牙質が露出し、歯がちょっとした刺激だけでも痛みを感じやすくなることがあるのです。

また、虫歯治療では、歯を削ったり、麻酔をかけたり、銀歯などをつけたりして、歯に刺激が加わります。このように、さまざまな刺激を受けた治療後は、歯の神経がいつもより過敏になっているため、治療後しばらく歯がしみやすくなることはあります。

歯石を除去した後

歯周病予防や歯周病治療の際に、歯と歯肉のすき間にたまっている歯石を除去した後も、象牙質が露出するため、知覚過敏が起こりやすいときです。

ホワイトニング剤の刺激

歯を白くするホワイトニングの際には、通常、ホワイトニング剤を使用しますが、場合によってはこのホワイトニングの薬剤によって知覚過敏が生じることがあるといわれています。

主に、すでに何らかの原因で象牙質が露出しているところに、ホワイトニング剤が触れることで刺激を感じるというものです。場合によっては、象牙質が露出していなくとも、歯に薬剤が染み込むことで知覚過敏が起こることもあります。また、直接薬剤が歯に触れなくとも、化学反応で刺激を感じることもあります。

知覚過敏が起こったらどうすればいい?

もし知覚過敏が起こったら、その原因を知りたいところですが、自分ではなかなか判断はつきにくいでしょう。おすすめはできるだけ早めに歯科医院に行くことです。原因も突き止めてくれますし、何らかの対処もしてくれるからです。

知覚過敏の治療方法

知覚過敏の治療方法

知覚過敏の治療方法を簡単にご紹介しておきます。

露出した象牙質部分を保護する

もし歯肉が下がる、歯の破損などにより、象牙質がむきだしになっているのであれば、上から塗り薬を塗って保護したり、コンポジットレジンという詰め物で隙間を埋めたりする方法がとられることがあります。

レーザー治療で神経につながる孔(あな)を塞ぐ

レーザーの熱と光によって、刺激のもととなる象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)をふさぐことで、知覚過敏の痛みを緩和することもできます。レーザーによる知覚過敏症の治療をすると、歯の表面に薄い膜ができ、孔(あな)を塞ぎ、知覚過敏の症状を抑えることができます。

歯磨きを徹底して歯の再石灰化を促進させる

溶けた歯は、再石灰化を促すことで修復することができます。再石灰化は、主に唾液によって行われるものです。歯のエナメル質が溶けた部分に、唾液に含まれるカルシウムやリンが再度つくことで、再石灰化がうながされ、象牙質の露出に対処できます。

歯の石灰化は、唾液によって自然と促進されますが、大事なのは、できるかぎり、歯が溶けない口内環境を保つことです。歯磨きのたびに、歯を溶かす細菌の塊であるプラークを、しっかり取り除くようにすることが肝心です。

硝酸カリウム入りの歯磨き剤で磨く

痛みを感じるときは、歯の神経が活性化している状態にあります。その歯の神経の興奮を抑えるために、カリウムイオンを利用する方法があります。それは、歯磨き粉に硝酸カリウムを混ぜて磨くことです。市販の知覚過敏向け歯磨き粉にも、硝酸カリウムが入っていることがあるため、確認してみましょう。

知覚過敏を予防するには

これまで、知覚過敏の原因や治療方法を簡単にご紹介しましたが、予防の基本は、毎日の歯磨きにあります。歯を溶かさないよう、毎食後、寝る前に必ず歯磨きを行うなど、日ごろのケアを徹底しましょう。

知覚過敏の原因についてまとめ

知覚過敏は、さまざまなことがきっかけで起こるものです。まずは知覚過敏のメカニズムを理解しておきたいところです。

もし今、あなたが知覚過敏と疑われる症状が出ているのであれば、早めに歯科医院を訪ねたほうかいいでしょう。原因はさまざまで、自分で特定するのはむずかしいからです。また、予防の基本である毎日のブラッシングもしっかり行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯科医師_日本人_女性_20160522

    歯医者が絶対やらない歯のこと

  2. きれいな歯並び_20160523

    歯ぎしりの原因と治療方法

  3. 歯石の画像

    歯周病や虫歯の原因である歯石ができる仕組みと予防法

  4. 開咬(かいこう)-オープンバイト

    開咬(かいこう) – オープンバイト | 歯並びの症例

  5. 歯のクリーニング(PMTC)の画像

    歯周病予防に必須の歯垢・歯石の除去から最新治療まで

  6. 笑顔の女性

    セラミックの差し歯は黄ばむの?

  7. 虫歯の症例写真

    虫歯を放置すると命の危機になるかも!?

  8. 審美歯科の教科書ロゴ

    上下顎前突(じょうかがくぜんとつ) | 歯並びの症例

  9. 口腔内の痛み

    口内炎の原因と治療法

特集記事

  1. 歯並びが綺麗な女性
  2. ボロボロな歯
  3. オーラルケアの正しい基礎知識
  4. 歯科検診
  5. 口元を隠す

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯ぎしり・食いしばり
  2. 歯茎の黒ずみを解消!ガムピーリングってどんな治療?

当サイトおすすめの記事

  1. きれいな歯並び_20160523 歯ぎしりの原因と治療方法
  2. 外国人女性 奥歯の奥まで届くワンタフトブラシとは
  3. 石川 由果(いしかわ ゆか)歯科医師
  4. 悪い歯並び 悪い歯並びが及ぼすリスクとは?
  5. 失った歯 もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?
PAGE TOP