注目の記事 PICK UP!

口内炎の原因と治療法

口腔内の痛み

疲れがたまっているときに、気が付いたらできている口内炎。
一体、なぜできるのでしょうか。
実は、虫歯や歯周病などが原因のこともあるのです。そこで今回は、口内炎の原因や治療法、予防法についてご紹介します。

口内炎の種類と原因

口内炎とは、口の中や、口の周辺に起こる粘膜の炎症のことをいいます。口内炎といっても一つではなく、医学的にはいくつかの種類に分けられています。

口内炎ができる場所

口内炎は口の中や口の周りにできる炎症の総称、もしくは口の中に炎症が起こる症状です。

  • 上唇と下唇が合わさる両端の部分に炎症が起こる。
  • 唇に炎症が起こる。
  • 歯肉に炎症が起こる。
  • 舌に炎症が起こる。

口内炎の原因による分類

アフタ性口内炎:疲労・免疫力の低下・ストレス・睡眠不足・栄養状態の不良、ホルモンバランスの乱れなどが原因。
カタル性口内炎:頬の内側を誤って噛んでしまった、矯正治療の器具、入れ歯などが接触したことで傷がつく、もしくは熱い食べ物を食べた刺激などから、細菌感染を起こすことが原因。特に免疫力が下がっている時にできやすい。
ウイルス性口内炎:ヘルペスウイルスやカンジダ菌などのウイルス感染が原因。
アレルギー性口内炎:食べ物、薬、金属などのアレルギー反応が原因。
ニコチン性口内炎:煙草を吸うことで口の中が熱い状態が続く、もしくは喫煙によるビタミン消費などが原因。

口内炎は虫歯・歯周病が原因のこともある!?

これらの数ある口内炎のうち、虫歯や歯周病が原因のこともあります。
例えば、下唇の裏側、舌などにできる口内炎は、口の中が歯周病菌などの細菌が多く繁殖し、汚れている場合に起こりやすくなります。
一度口内炎になると、物が食べづらくなるため、いつもより唾液が減る傾向があります。唾液には殺菌能力があるため、分泌が減るとより虫歯や歯周病リスクが高まってしまうのです。
また、もう一つ歯科治療との関わりからいえば、口の両脇にできる口角炎は、歯の噛み合わせが悪いことや、入れ歯などが原因のこともあります。口角から唾液がしみ出している状態が続くことで、口角が慢性的に炎症を起こしてしまうことがあるのです。

主な口内炎の症状

では、主な口内炎のアフタ性口内炎とカタル性口内炎の症状をそれぞれみていきましょう。

アフタ性口内炎の症状

「アフタ」とは、表面が白やクリーム色の膜で覆われていて、周りが赤く縁どられている状態のことをいいます。
アフタ性口内炎は、円形をしているものです。痛みがあり、一度に何個もできることもあります。最も多い口内炎といわれています。

カタル性口内炎の症状

一方、口の中の粘膜が赤く腫れるのがこのカタル性口内炎です。
アフタとの見た目の違いは、色や境界線がはっきりしないところにあります。「カタル」とは、ギリシャ語の「katarroos(下へ流れる)」という意味の単語からきているといわれており、粘膜に炎症が起き、粘膜分泌を起こす状態のことをいいます。場合によっては、水疱になることもあります。
また、物を食べているときに、特に刺激の強いものだとヒリヒリ痛みを伴うこともあるほか、口臭を伴ったり、口の中が熱くなったりすることもあります。

口内炎の治療法

次に、主な口内炎のアフタ性口内炎とカタル性口内炎の治療法をそれぞれみていきましょう。

アフタ性口内炎の治療法

アフタ性口内炎の治療は、まず口の中を清潔にして、細菌が繁殖しないような環境づくりがポイントになります。
うがい薬の中でも、殺菌作用のあるもので口の中をゆすいだり、うがいをしたりするのがいいといわれています。あまり刺激の強い食べ物、例えば、硬い食べ物、熱いもの、酸性の食べ物などは粘膜に刺激が強いため、避けるようにします。
また、これ以上悪化させないためにも、口の中を乾燥させすぎないことも大切だといわれています。唾液は細菌に対する殺菌力と傷の修復能力があるため、唾液を減少させないようにすることも重要です。生活習慣やストレスが原因といわれることもあるため、生活面を規則正しくすること、睡眠をしっかりとることなども必要です。これらの対策を行っていれば、通常、一週間から10日ほどで治ります。
薬物療法を行う場合には、外用薬としてステロイド軟膏、アフタパッチやアフタシールなどのステロイド貼付錠を使用されることもあります。レーザー治療で痛みの緩和や治りが早くなる効果も期待できます。ただし、レーザー治療は保険の適用外となります。

カタル性口内炎の治療法

カタル性口内炎の場合も、基本の治療法はアフタ性口内炎と同じです。まずは口の中をうがい薬などで清潔に保つことを心がけます。刺激物を口になるべく入れないようにすることが大切です。薬としては、軟膏や殺菌錠、トローチなどが使われます。
矯正器具や入れ歯、噛み合わせなどが原因の場合には、歯医者で診てもらう必要があります。
こちらも免疫力が落ちている可能性があるため、安静を心がけ、生活習慣を正し、しっかりと睡眠・休養を取りましょう。

口内炎を予防するには?

主な口内炎のアフタ性口内炎とカタル性口内炎の予防法をそれぞれみていきましょう。

アフタ性口内炎の予防法

口腔内をいつも清潔にしていることが一番の予防策です。
毎日、食後や寝る前の歯磨きは徹底しましょう。また、アフタ性口内炎は、ストレスや疲れ、睡眠不足が原因のこともあるといわれています。よって、アフタ性口内炎になりやすい人は、日頃から睡眠をたっぷりとり、疲れをためないことも大切です。
ストレスをためないように、自分に合ったストレス解消策も実施しましょう。また、ビタミンB群は、アフタ性口内炎の予防に役立つといわれています。

カタル性口内炎の予防法

基本的にはアフタ性口内炎と同じですが、入れ歯や噛み合わせ、矯正装置が原因と考えられる場合、虫歯や歯周病がある場合には歯医者に相談しましょう。

口内炎の原因と治療法のまとめ

口内炎にはさまざまな種類があり、原因はそれぞれ異なります。まずは自分の口内炎の原因をおおまかに把握し、思い当たることがあれば対処しましょう。
また、もし口内炎が治らない、もしくは症状が大きい、気になる症状があるという場合には、すぐに歯科、耳鼻咽喉科、皮膚科などを受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯を失った状態

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

  2. 歯が痛い_外国人_女性_20160523

    歯並びを悪くする悪習慣とは?

  3. 矮小歯

    矮小歯(わいしょうし)とは

  4. 歯のクリーニング

    虫歯予防はただ磨くだけじゃダメ!正しい歯のケア方法とは?

  5. きれいな歯並び_20160523

    歯ぎしりの原因と治療方法

  6. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701

    反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ) – 受け口 | 歯並びの症例

  7. チョコレート 歯 南青山矯正歯科クリニック 2016/8/24

    歯医者が作った虫歯にならないチョコレート

  8. 口の乾き

    口の中乾いてない?ドライマウスの原因と予防について

  9. デンタルフロスを使う女性の画像

    デンタルフロスの効果と使い方

特集記事

  1. 歯並び
  2. セラミックインレーの画像
  3. 小児_ワイヤー矯正
  4. 歯_コーヒー_20160629
  5. 虫歯

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 外国人_ビューティー_笑顔 理想的な歯並びとは
  2. 歯並びが綺麗な女性 出っ歯と八重歯におすすめの歯科矯正は?
  3. 歯周病チェックの画像 歯周病予防とその症状について
  4. 歯科_ハート キスをすると虫歯や歯周病がうつる!?
  5. 歯間ブラシの正しい選び方と使い方
PAGE TOP