歯周病予防とその症状について

歯周病チェックの画像

口臭の原因にもなったり、進行すると歯茎から出血したり、歯がグラグラと揺れだしたり、最終的には歯を失う原因にもなる歯周病。

近年では糖尿病や感染性心内膜炎など全身への影響も大きく取り上げられていますね。また、発症は早い方だと10代からの報告もあるぐらいです。年齢が上がるにつれその罹患率は増えていき、最も多いとされるのは40代、50代といわれています。

決してご高齢方だけがなる病ではなく、誰にでもかかる可能性の高い身近な病、それが歯周病なのです。虫歯のように水がしみるなど痛みの症状も少なく、気づいた時には手遅れということも多いのです。ご自身で気づきにくい歯周病はどのように気づき、対処すればよいのでしょうか。今回はいまでは虫歯より多いとされる歯周病についてのお話しです。

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病は読んで字のごとく、歯の周りの組織の病です。歯の周りにある組織とは、歯茎や、歯周靭帯とよばれるコラーゲン、骨などがあります。これらが歯周病菌とよばれる細菌によって侵され、壊れていくのが歯周病です。その結果、歯茎からの出血や骨のやせ、歯が抜ける、口臭がするなどの症状がでてきます。

歯周病の初期症状の歯肉炎とは?

歯周病の初期症状の歯肉炎とは?

歯周病の進行の程度としては、まず歯茎の炎症が起こります。これは歯肉炎とよばれる状態で、やや歯茎が赤らんでいるだけの状態です。妊娠中や思春期などのホルモンバランスが崩れた時にも起こるといわれています。

歯肉炎の場合、正しくケアし、体の調整が整えば治ります。この歯肉炎の状態となると、歯肉がやや腫れて歯周ポケットが大きくなります。それにより通常よりも歯垢や歯石が溜まりやすい環境となるため、通常よりも細かいブラッシングやデンタルフロス、歯間ブラシといったプラークコントロールが大切になってきます。

必要に応じて、歯科医院での歯のクリーニングを受ける必要があることもありますが、たった一回の歯のクリーニングよりも、毎日コツコツ続ける歯ブラシのほうがより重要となります。こうしてやわらかい歯垢をブラッシングで毎日落とし、歯石という最近の塊は歯科医院で専用器具を使って取ってもらうと歯茎の状態はかなり回復し、歯肉炎の場合治癒することができます。

歯肉炎を放置するとどうなる?

歯肉炎を放置して進行してしまうと、歯周病となります。炎症反応がずっと続いているといずれ骨を溶かし、歯が揺れだします。こうなってしまうと、セルフケアだけではどうにもなりません。もちろん、日々のブラッシングは必要ですが、加えて歯科医院で麻酔をして深い歯周ポケットの歯石を取り、外科的に歯茎を切開したり、歯をワイヤーで固定するなど治療方法も刺激が大きくなっていきます。

歯周病が悪化すると起こる症状

歯周病が悪化してしまうとどうなるのでしょうか。どんどん歯肉が赤紫色になって腫れ、歯と歯の間の歯周ポケットがどんどん広がっていき、歯がガタガタしてきます。さらに進むと歯が退縮してしまい、歯の長さが伸びたように見えてきます。これらは、歯周病菌が出す毒素によって、歯を支える骨「歯槽骨(しそうこつ)」がどんどん溶かされていくために起こる症状です。そして膿が出てきて、口臭もどんどんきつくなっていきます。そして最終的には、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病が全身に影響を及ぼすことも

歯周病が進行すると、ただ口の中だけの問題ではなく、全身に影響が及ぶこともあります。

心臓疾患・脳血管疾患

歯周病は、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患、脳血管の詰まる脳梗塞などの原因になることもあるといわれています。

一見、歯周病は心臓や血管とはかかわりがないように思えますが、歯周病の原因菌などの刺激によって、動脈硬化になりやすくなると考えられています。血管内にプラークができてしまうと、血液の通りも悪くなります。やがてプラークがはがれて血の塊が詰まる可能性もあります。

場合によっては、心臓や頸動脈から血の塊やプラークが飛んできて、脳血管が詰まる恐れがあります。もともと、医師などから血管が詰まりやすいと言われている人は、歯周病予防は特に徹底することがおすすめです。

糖尿病

糖尿病の人は、歯肉炎や歯周病にかかることが多いといわれています。そして歯周病の人は糖尿病が悪化しやすいということも分かっています。つまり、歯周病と糖尿病は相互に密接にかかわっているのです。すでに糖尿病、もしくは糖尿病予備軍の場合には十分に気を付けなければなりません。また、すでに歯肉炎・歯周病の場合には糖尿病リスクも高まっています。

原因としては、歯周病菌が血管内に侵入して全身に回り、やがて歯周病菌が死んだとしても、その死骸がもつ毒素が血糖値に悪影響を及ぼすことなどが考えられています。

歯周病の予防法は?

歯周病の予防法は?

歯周病は、歯が最終的になくなってしまうほか、全身疾患にも密接に関係しています。誰もが他人事ではありません。恐ろしい事態にならないためにも、いまのうちから予防しておきましょう。

歯周病は大きく分けて2通りの予防法があります。

歯科医院に定期的に通う

歯周病を早めに気づくには、歯科医院に定期的に通うのが一番です。定期的に歯周ポケットの深さを測ったり、骨の減り方をレントゲンで確認したりして、専門家のアドバイスを受けましょう。

問題がなかったとしても、その場で専門家によるブラッシング指導が受けられますし、手薄になりがちなところを指摘してもらうこともできます。また、歯のクリーニングを同時に行ってもらうことで、自宅ケアの大きな助けになるでしょう。

自分でオーラルケアを行う

歯周病予防の基本は、毎日の自分で行うオーラルケアです。毎食後と寝る前の歯ブラシによるブラッシングを基本とし、マウスウォッシュ、デンタルフロス、歯間ブラシなどの清掃補助道具を併用しましょう。

歯ブラシを使用したオーラルケア

自分がもっとも使いやすいものを選びましょう。大きすぎず、硬さは普通が基本です。ただし、歯肉が炎症している場合にはやわらかめを選んでもいいでしょう。

磨き方のポイントは、「一歯ずつ丁寧に磨く」ことを意識すること。そして、「歯の間のプラークを取り除く」ことを意識しながら磨くと歯周病予防のブラッシングになります。

プラークは、細菌の塊で、ネバネバしています。歯の表面は普通に磨けば落ちますが、プラークは歯と歯の間や、歯と歯肉の間に入りやすいため、磨き残しやすいです。大雑把に磨くと隙間のプラークが落とせないので、丁寧に細かく磨くようにしましょう。

マウスウォッシュ・デンタルフロス・歯間ブラシを使用したオーラルケア

隙間に入り込んだプラークは、歯ブラシだけでは落としきれません。そこで必ずデンタルフロスや歯間ブラシを使用して、隙間のプラークを除去するのをおすすめします。

歯間ブラシは歯と歯の隙間が広く空いている場合に便利です。隙間がそれほど広い場合にはデンタルフロスを使いましょう。

マウスウォッシュは口の中を清潔に保ち、予防するのに役立ちます。ただし、マウスウォッシュだけではプラークは取ることはできないので注意しましょう。

外出先でどうしても長時間歯磨きができない場合は、デンタルガムやタブレットを噛むなど、口の中から唾液が出るよう促してあげるのもよい方法です。

生活習慣も大きな影響を受ける歯周病は、タバコやアルコールの過剰摂取を控えたり、甘いものの摂取は代用甘味料を選んだりするなどの工夫もおすすめです。不規則な食習慣は、口の中に食べカスが残りやすくなったりもします。歯並びが悪いと歯ぎしりや食いしばりによって歯周組織に影響しますので、歯並びを治す、もしくはマウスピースなどを就寝時に装着するのもいいでしょう。

歯周病はどんな治療をするの?

もし歯周病になってしまったら、どんな治療を行うのでしょうか。段階ごとに異なってきますので、確認しておきましょう。

軽度の症状の場合

歯周ポケットが広がり始め、出血が起こっている段階です。スケーリングという専用の器具で歯周ポケットなどに詰まった歯石を取り除きます。

中等度の症状の場合

歯周ポケットが深くなる・歯肉が腫れる・膿が出る段階です。スケーリングと共に、ルートプレーニングという歯周ポケットの奥深くにまで潜んでいる歯石を除去する方法で歯石を取り除きます。

重度の症状の場合

歯がぐらつきはじめ、膿も大量に出て口臭もきつくなる段階です。スケーリングやルートプレーニングでは歯石を落としきれない場合、外科手術を行うこともあります。歯肉を切開して、歯の根にこびりついた歯石を除去します。

※この治療方法はあくまで一例です。歯科医師の診断の元、ご自身の症状に応じて適切な治療が行われます。

歯周病予防のまとめ

いかがでしたか?進行すると歯を失うなど気づいた時には遅かったり、麻酔や外科処置が必要にったりする歯周病。痛みはなくともお口に関心を持ち、定期的に変化をチェックする。そして何より毎日のセルフケアで予防することがもっとも大切です。歯は食事、発音、審美面で欠かすことのできない大切な器官です。ぜひ自分の歯は自分で守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オーラルケアの正しい基礎知識

    オーラルケアの正しい基礎知識

  2. 口腔内の痛み

    口内炎の原因と治療法

  3. 歯のクリーニング(PMTC)の画像

    歯周病予防に必須の歯垢・歯石の除去から最新治療まで

  4. 矮小歯

    矮小歯(わいしょうし)とは

  5. デンタルフロスを使う女性の画像

    デンタルフロスの効果と使い方

  6. 親知らず

    親知らずのリスクと治療法

  7. 左右非対称のかみ合わせ 2016/7/28

    左右非対称な噛み合わせ | 歯並びの症例

  8. 外国人女性

    発音・発声を歯科矯正で改善できるの?

  9. 歯ブラシ

    審美歯科医師がすすめる歯ブラシ「ルシェロ」

特集記事

  1. 外国人_ビューティー_笑顔
  2. マウスピース矯正中の画像
  3. ブライダル_外国人_女性
  4. 歯のブリッジ治療
  5. 歯の模型と人

記事一覧

人気記事ランキング

  1. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  2. 歯ぎしり・食いしばり
  3. 歯茎の黒ずみを解消!ガムピーリングってどんな治療?

当サイトおすすめの記事

  1. 口を隠す女性 舌ブラシでできる口臭予防
  2. オフィスホワイトニング オフィスホワイトニングってどんな治療?
  3. 井本(いもと)歯科医師
  4. 過蓋咬合(かがいこうごう) 過蓋咬合(かがいこうごう) | 歯並びの症例
  5. 虫歯の症例写真 虫歯を放置すると命の危機になるかも!?
PAGE TOP