キシリトールが虫歯予防に適している理由

キシリトールガムを食べる画像

日頃から、キシリトールガムを噛んでいる人は多いのではないでしょうか。また、歯医者さんの受付でよく売られている歯医者専用のキシリトールガムのボトルなどを見て、「あれは何なのだろう?」と不思議に思う方もいるかもしれません。そもそも、「どうして歯医者さんでお菓子が売っているの?」と疑問に思いますよね。

実は、キシリトールは虫歯予防に適しているのです。その理由をご紹介します。

キシリトールとは?

近年、よくキシリトールという言葉を耳にするようになりました。しかし、このキシリトールのことは、意外と深くは知られていないものです。キシリトールとは糖アルコールの甘味料ことで、白樺やトウモロコシなどの芯を加工して作ります。甘味料といっても、糖分はゼロです。このことから、白砂糖に代わる糖分として、有効活用されています。実際、糖尿病の人にもいいといわれているのです。

そんなキシリトールは、ご存知の通り、ガムやキャンディー、チョコレートなどのお菓子類に、糖分として使われています。

なぜキシリトールが虫歯予防に効果があるの?

実はこのキシリトール、ただの太りにくい甘味料というだけでなく、なんと虫歯予防に効果があるといわれているのです。その理由を、2つみていきましょう。

口の中で「酸」を作らない!

キシリトールは、糖分がゼロと紹介しました。通常、糖分を含む食べ物を食べた後放置していると、虫歯菌のミュータンス菌が酸を作り出します。そして、その酸が歯を溶かすことで、虫歯になっていきます。しかし、キシリトールは、口の中に入っても虫歯菌が酸を作り出さないため、虫歯にはならないのです。また、キシリトールは、口の中の酸の中和を促す、優れた働きをもっています。さらに、唾液の分泌を促す効果もあるため、より虫歯になりにくい口の中を作り出すことができるのです。

再石灰化を促進

驚くべきことに、キシリトールは、一度溶けてしまった歯が元に戻る「再石灰化」を促進します。虫歯の原因はプラークという細菌のかたまりが、歯にこびりつくことからはじまります。そして歯を溶かすのですが、キシリトールは、このプラークをつきにくくする働きもあるのです。さらに、プラークをはがれやすくする効果もあるため、まさに虫歯予防のための甘味料といってもいいくらいです。

キシリトール製品にはどんなものがあるの?

このキシリトール、実は、予防歯科先進国のスウェーデンでは、食後にキシリトールを摂取する習慣があるそうです。このキシリトールは、日本ではどのような製品で売られているのでしょうか。

最もポピュラーなのが、キシリトールガムです。ガムは、噛むだけで、唾液を多く分泌させます。唾液を多く分泌すれば、口の中が虫歯になりにくくなります。そこで、キシリトールガムは、歯科医院でもよく推奨されています。

スーパーやコンビニなどで市販もされていますが、選ぶときには、キシリトールの配合量を気にしましょう。市販のものは、キシリトールの量が55%など少ない含有量になっていることが多いですが、歯科医院で売られているものは、たいていキシリトール100%のものです。虫歯予防のためにキシリトールガムを利用するのであれば、100%のものを選びましょう。

その他、キシリトール配合タブレット(キャンディー)、チョコレートタイプなどがあり、高齢者や子供でも食べやすくなっています。

キシリトールガムの摂取方法

キシリトールガムは、基本的にいつ摂ってもいいですが、ご飯を食べた毎食後と寝る前、つまり、歯磨きの前に噛むといいといわれています。歯磨きの後で噛んでもいいでしょう。

噛む時間は5~10分程度です。いくら噛んでも、糖分が虫歯にならない糖分なので安心です。また、味がなくなっても噛み続けることでより虫歯予防につながるといわれています。また、できるだけ長期間、毎日摂取し続けるのをおすすめします。習慣化すると、より虫歯リスクを減らせるからです。

およそ、3ヶ月ほど毎日噛み続けると、口の中の有害菌が減ることで、虫歯リスクが減るといわれています。

キシリトールのまとめ

キシリトールは、一見、甘くてお菓子に含まれているので、なんだか虫歯になりそうなイメージがありますが、むしろ虫歯予防に役立つ糖分だったのです。虫歯は、虫歯菌が酸を作り出すことが原因ですが、その酸が作られないどころか、虫歯になりにくい口腔環境にしてくれるのは魅力的です。

もし、虫歯が気になるのであれば、気軽にはじめられるキシリトールガムはおすすめです。何しろガムはおいしいので、続けやすいところがあります。はじめれば、もはやキシリトールガムなしではいられなくなることもあるでしょう。ぜひキシリトールガムで、虫歯予防にはげみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯磨き

    食後すぐの歯磨きはあり?なし?いつ磨けばいいの?

  2. 歯間ブラシ

    ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

  3. 外国人女性

    発音・発声を歯科矯正で改善できるの?

  4. デンタルリンス

    液体歯磨きとデンタルリンス(洗口剤)の違い

  5. 口腔内の痛み

    口内炎の原因と治療法

  6. 歯周病チェックの画像

    歯周病予防とその症状について

  7. 歯科医院で買える「虫歯にならないグミ」

  8. テトラサイクリン歯 2016/7/28

    テトラサイクリン歯ってなに?どんな治療法があるの?

  9. 口の乾き

    口の中乾いてない?ドライマウスの原因と予防について

特集記事

  1. ボロボロな歯
  2. 笑顔の女性
  3. きれいな歯並び_20160523
  4. 歯科医師が爪楊枝(つまようじ)を使わない理由
  5. 笑顔の女性

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯ぎしり・食いしばり
  2. 歯茎の黒ずみを解消!ガムピーリングってどんな治療?

当サイトおすすめの記事

  1. マウスピース矯正中の画像 世界400万人以上の実績!インビザラインのメリット…
  2. 歯科医師_日本人_女性_20160522 歯医者が絶対やらない歯のこと
  3. 白い歯のビフォーアフター 黄ばんだ歯にならないための予防法とは
  4. 口を開ける女性 たった5秒でできる簡単口臭チェックツール!
  5. 小児_ワイヤー矯正 子供の歯列矯正について
PAGE TOP