注目の記事 PICK UP!

インビザライン(マウスピース矯正)について

マウスピース装着

マウスピースを使用した矯正治療

歯並びを治す方法は、ワイヤーを使用したワイヤー矯正、セラミックなどの被せものを使用したセラミック矯正、透明のマウスピースを使用したトレー型矯正など様々です。その中のマウスピース矯正についてご紹介します。マウスピース矯正には、メーカーによってさまざまな特徴があります。そのなかでも世界で最も普及しているインビザラインというマウスピース矯正について詳しくご説明していきましょう。

インビザラインとは

インビザラインとはinvisible(見えない)という単語の派生からみてもわかるように、透明のトレーを使用して、ばれずに、みえずに歯並びを治す治療方法です。従来のワイヤー矯正のように金属も使用しないため、金属アレルギーの方にも使用できます。他のマウスピース矯正との大きな違いは、デジタルシュミレーションができるという特徴があり、0.1mm単位でシミュレーションすることができます。また食事中も外す必要がありません。歯並びで悩んでいる患者様にとってより良い治療方法のひとつです。

マウスピース矯正の歴史と実績

マウスピース矯正とは日本全国で300万人の治療実績があります(2015年3月)。またアメリカ矯正歯科医師の85%が導入していおり、アメリカでは約5万人、日本では4,000人の歯科医師が導入しています。1998年アメリカではじまり、8年後2016年日本に導入されました。

ワイヤー矯正の歴史がとても古いため、どうしても新しい治療と思いがちですが、マウスピース矯正は1926年にスタートし、89年という歴史をもっています。ちなみにインプラントの歴史は1957年ブローネマルクが出した58年の歴史と比較すると、その長さがわかると思います。歴史があるということはとても大切で、大学の研究機関や学会などでインビザライン治療に関する多数の研究や臨床報告がなされており、日々進化している矯正装置です。

インビザラインと他のマウスピース矯正装置との違い

もう一つのマウスピース矯正であるアソアライナーとインビザラインとを比較すると、型取り材料で型をとるアソアライナーは、どうしても歪が出やすく適合性が落ちます。また、歯茎ラインを覆ったタイプのトレーになるため、審美的にも、清掃性も落ちやすく、使用中も違和感が出やすいです。

インビザラインは3Dスキャナーを使用するため人の手が入らず正確であり、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)などの最先端技術を融合させることによって、誤差のない正確なマウスピース型矯正装置を製作することができます。

インビザラインの装置について

トレー部分の境目が歯茎と一致しており、厚さは0.5mmと薄く0.25~0.1mm単位で動かすことが可能です。動かす量が生体の歯根膜という組織の厚みと近いため歯を動かしたときに感じる痛みが少ない治療と言われています。トレーは3層構造から構成されているスマートトラック(特許)という構造をとるため、微細な調整が可能となります。

お子様または歯周病などで悩まれている方でも使用することができる装置で、ワイヤー矯正のような装置がつかないため、お掃除もしやすく、虫歯や歯周病になりにくいといわれています。当然ながら使用中トレーをはめ続けていますので、強すぎる噛み合わせから歯を守る役割もはたし、顎関節症の症状を緩和する効果もあります。

インビザラインの治療の流れと治療期間

まずはじめに治療前に歯型を採ります。型取りは通常の歯医者さんで行うタイプと、3Dスキャナーを使用し、口の中を専用カメラで撮影し、再現するタイプの2種類があります。その歯型からコンピュータを使って歯の移動を三次元的にシミュレーションしていきます。

コンピュータ上で歯を少しずつ移動させた各状態の歯並びと一致するマウスピース「インビザライン・アライナー」を製作します。そのアライナーを1日20時間以上装着し、10日~2週間ごとに次のアライナーに交換することで、歯が少しずつ矯正されてきれいな歯並びになります。トータル治療期間は個人差がありますが、おおよそ半年~2年ほどとさまざまです。

一般的なマウスピース矯正では毎月歯型を取ってマウスピースの製作をしますが、インビザラインは治療前に、治療終了時までに必要なすべてのマウスピースを製作するため、歯型取りの回数が他のマウスピース矯正より少なくなります。通院回数も少なく、忙しい方に最適なマウスピース矯正法といえます。

インビザラインの治療方法

インビザライン矯正治療では、「クリンチェック」と呼ばれる3Dシミュレーションソフトを使用して、歯をどのように動かして歯並びをきれいにしていくか診断します。最終的な歯並びの状態や治療期間、費用、抜歯や歯の切削の有無など、適切な治療計画・治療シミュレーションを作成します。

虫歯や歯周病の治療、歯の抜歯などの初期治療が必要な場合は、歯の状態や治療計画によって、矯正精密検査の前に行う場合や、矯正治療中に行う場合があります。定期的な通院時に歯が順調に移動しているか、噛み合わせのチェックや、アライナーの調整を行います。治療計画に合わせて、歯の表面に歯と同じ色のアタッチメントを設置したり、歯の間にすき間を作っていきます。またこの時に、歯のクリーニングや虫歯の治療を行う場合もあります。

歯を動かす期間(動的矯正期間)が終了した後は、きれいに並んだ歯並びを維持させるために保定装置(リテーナー)を使用します。保定期間中は、歯並びや噛み合わせの状態に合わせて定期検診に来院し、状態の確認や歯のクリーニングを行います。(3か月~6か月に一度)

どのような治療にも、メリット、デメリットがありますので、しっかりと担当の歯科医師と相談し、納得がいくまで質問できるクリニックを選ぶことが、患者様ご自身にとっても大事なことといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ブライダル_外国人_女性_20160629

    結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

  2. 歯並びが綺麗な女性の画像

    アソアライナー(マウスピース矯正)について

  3. 外国人_ビューティー_笑顔002

    セラミック矯正について

  4. 子供_20160719

    子供でも簡単にできるマウスピース矯正とは

  5. 口元を隠す

    歯科矯正中に起こる口臭の原因と予防法について

  6. 外国人_女性_20160523

    セラミック矯正治療で何ができる?

  7. 八重歯_20160701

    叢生(そうせい) – 八重歯・鬼っ歯 | 歯並びの症例

  8. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  9. マウスピース矯正の画像

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

特集記事

  1. オールセラミック
  2. ホワイトニング照射_20160522
  3. 歯科ユニット
  4. 歯_コーヒー_20160629
  5. セラミック歯

記事一覧

PAGE TOP