注目の記事 PICK UP!

歯のブリッジ治療について

歯のブリッジ治療

虫歯や歯周病などで歯を失ったとき、その歯を補う方法にはいくつかの治療方法があります。その代表的な方法が、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント(人工歯)」です。どれも失った歯をより自然な歯列にするために、人工的に補うものですが、それぞれ特性が異なります。また、欠けた歯や残っている歯の状態によっても適応できるものが変わってきます。

今回は、これらの治療方法の中でも、「ブリッジ」についてご紹介します。もし、いま歯を補う方法としてブリッジを検討しているのであれば、まずはブリッジの特徴を正確に理解してから治療に臨むことをおすすめします。

歯のブリッジとは?

歯のブリッジ

歯のブリッジとは、失った歯の両脇にある歯と歯に橋渡しをする形で、歯を補う方法です。

両脇にある歯には、「クラウン」という冠をかぶせることで橋をつくります。そして欠損した歯の部分には、人工的に作った歯を着けることになります。

これと似ているものに、入れ歯があります。しかし、入れ歯は、金属などの金具を歯に引っ掛けて歯を固定し、それを自由に取り外せるようにしたものです。

ブリッジは一度装着すれば、通常、歯科医院でしか取り外すことはできません。よって毎日の歯磨きも装着したまま行うことになります。

また、ブリッジの治療費は、素材によって保険診療になるのか、自費診療になるのかが異なってきます。ただし、保険診療になる素材を扱っている場合でも、保険診療は行っておらず、自費診療のみで行われている歯科医院もあります。

ブリッジにするときに歯を削る必要はあるの?

ブリッジの一番の特徴といえば、両脇にある歯にクラウンをかぶせて、橋渡しをすることです。歯を補うためにはしっかりと固定しなければいけませんから、クラウンをかぶせるときにも慎重に行われます。

そこで、両脇の歯を削って、クラウンをかぶせたときにしっかりと固定されるように調整する工程を踏みます。この両脇の土台になる歯のことを「支台歯(しだいし)」と呼びます。

ブリッジの治療は痛いの?

ブリッジの治療中や治療後には、痛みはあるのでしょうか。

ブリッジの治療中は、支台歯となる歯を削る必要があるため、麻酔をして大きく削る際には痛みを多少、感じることがあるといわれています。また、麻酔が切れた後も、多少の痛みを感じることがあるようです。

また、ブリッジ治療後も、歯の中心にある神経近くまで削った場合、痛みや染みる症状が出ることがあります。いわゆる「知覚過敏」です。

ブリッジの治療中・治療後の痛みは、ほとんどの場合、歯を削ることによって起こってくる自然な痛みです。歯は堅いですが、削ることは歯にとって大きな負担になります。それに伴う痛みは、ある程度は仕方がないことといえます。

通常、麻酔をして削ることになるため、耐え難いほどの痛みではありません。

インプラントと入れ歯との違いは?

ブリッジは、歯を補うための方法の一つだとお伝えしました。その他にも、インプラントや入れ歯という方法もあります。それぞれ、どんな点が違うのか、まずは表で簡単に確認しておきましょう。

ブリッジ インプラント 入れ歯
保険適用 あり なし あり
費用 保険適用範囲なら安価。見た目をよくしたいなら自由診療。ケースによって変わる。 自由診療かつ最先端治療のため高額治療。 保険適用範囲なら安価。見た目をよくしたいなら自由診療。ケースによって変わる。
咀嚼能力 自然 自然 保険の入れ歯は低いが自由診療の入れ歯は質が上がる
味覚 天然歯と同等 天然歯と同等 熱・味を感じにくい
審美性 銀歯は劣るが、セラミックなどの素材によっては天然歯と同等 天然歯と同等 金属のバネは劣るが、素材によっては天然歯と同等
違和感 少ない ほとんどない 多少ある
他の歯への負担 支台歯に負担がある 負担なし バネをかける歯に負担がある
治療期間 数回の通院で済む 数か月~1年 数回の通院で済む
外科手術 不要 必要 不要
寿命 約7~8年 10年以上 約4~5年
歯を支える骨が痩せるかどうか 痩せていく 痩せにくい 痩せていく

保険診療と自費診療のブリッジの違いは?

ブリッジを保険診療と自費診療で行う場合の大きな違いとして、素材の違いがあります。

具体的にどのような特徴があるのか確認しておきましょう。

保険診療 自費診療
素材 金属 レジン ジルコニアセラミック メタルボンド 混合金・プラチナ
色の変化 長年使うと黒ずむことはある 着色・変色しやすい ない ない 変色の可能性はある
審美性 劣る 多少劣る 天然歯に近い透明感がある 少し金属が見えるが、歯の部分は自然 劣る
耐久性 高い 低い 高い 高い 高い

ブリッジ治療のメリットとデメリット

次に、ブリッジ治療のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

咀嚼能力、味覚共に天然歯と同等

ブリッジは入れ歯と比べて天然歯と同等の自然な咀嚼の能力を取り戻すことができ、さらに味覚も普通に得られます。違和感もなく、支障なく普通の日常生活を送ることが可能です。

素材によって見た目も違和感が出ないようにすることが可能

セラミックなどの天然歯と見た目がほとんど変わらない素材を使うと、人からブリッジをしているとは気づかれづらいです。

治療期間が短い

インプラントと比べると、ブリッジ治療は非常に治療期間が短いです。3回程度の通院で済むこともあります。

外科手術は不要

ブリッジ治療は、抜けた歯の両脇の歯を削って台をつくり、ブリッジをかけるだけの治療です。大がかりな外科手術は必要ありません。

デメリット

歯を削らなければならない

ブリッジは、支台歯の表面部分であるエナメル質を削る必要があります。土台としてしっかりブリッジを固定させる必要があるためです。しかし、エナメル質は歯の表面で歯を守る役割を果たしています。エナメル質を削ってしまうと、その下にある象牙質と呼ばれる柔らかい層が露出するため、虫歯になりやすくなります。このことから、ブリッジにすると、支台歯が虫歯になるケースが多くあるといわれています。

歯に負担がかかる

歯を削ることそのものが、歯への大きな負担になります。その上、長い間、橋の土台として活躍する支台歯は、当然、負担をかけることになります。歯の寿命を考える場合、この負担は決して見過ごすことはできません。

適応が限られる

ブリッジは、歯を複数失った場合は適応されません。ブリッジがかけられないからです。失った歯の本数が少ない場合はブリッジができる可能性が高くなります。ただし、部位によっては適応できないこともあります。

歯の清掃が多少むずかしくなる

入れ歯と異なり、自分で取り外すことができないので、そのまま通常の歯と同じように歯を磨くことになります。また、ブリッジ部分は形状が複雑なので、歯ブラシだけでなく歯間ブラシやデンタルフロスなどを上手に併用する必要があります。

ブリッジ治療の良くある質問

ブリッジ治療の良くある質問

これまでブリッジ治療についてみてきましたが、まだまだ細かい疑問点や不安もあるでしょう。そこで、歯のブリッジ治療についての疑問を解消していきましょう。

ブリッジ治療は前歯もできるの?

ブリッジ治療は、前歯でも行うことができます。ただし、前歯はよく人に見られる部位なので、もともとの歯の色が、ブリッジにした歯の色と異なれば、見た目に違和感がでてきます。また、時間が経つにつれて黄ばんだり、黒ずんだりする素材を選んでしまうと、どうしても目立ってしまいます。定期的にメンテナンスや作り直しを行うことを想定して素材を選ぶ必要があります。

ブリッジ治療は奥歯もできるの?

奥歯もブリッジ治療は可能です。また、一番奥の歯がない場合は延長ブリッジという方法で治療が可能になる場合もあります。また、4本以上欠損している場合もブリッジはできません。

金属のブリッジは目立つ?

やはり銀歯などの金属のブリッジは目立ってしまいます。保険診療では前歯は白いレジンというプラスチックの素材を使用するため、多少目立たなくなります。しかし、長い期間に渡って使っていると食べ物によって着色し、黄ばんできます。

また、奥歯については銀歯が使われます。

金属のブリッジやレジンの色の変化などの見た目が気になる場合には、自費診療のセラミックやメタルボンドなどの審美性の高いものを選ぶことで解決します。

ブリッジができない人っているの?

ブリッジができない人はいます。例えば、次のケースがあります。

  • 支台歯となる歯がグラグラしている場合
  • 支台歯となる歯が虫歯になっている場合
  • 歯がない部分が4本以上ある場合

これ以外にも、人によって口の中の状況は異なるため、ブリッジ治療ができるかどうかは、担当の歯科医師の診断になります。ブリッジ治療ができなくても、入れ歯やインプラントという残された方法をうまく利用して行うのが一般的です。歯科医師とよく相談して最適な治療法を見つけましょう。

歯が抜けたままにしておくとなぜよくないの?

「奥歯が1本抜けたくらいで、ブリッジや入れ歯などをする必要はあるの?」と疑問に思う人もいるようです。しかし、実は歯を抜けたままにしておくと、歯をすべて失い、総入れ歯になる可能性や、全身の健康が損なわれてしまう可能性もあるのです。

歯を1本でもない状態にしておくと、まず抜けた歯の隣の歯が傾いてくることがあります。そして歯全体の噛み合わせが悪くなるリスクが高まります。すると、顎関節症、肩こりなどが起こりやすくなります。噛み合わせが悪くなると、歯磨きしにくくなるため、プラークが取り切れず、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

また、抜けた歯の歯茎がやせ細ってきて、頬がこける、頬がたるむなど、外見も悪化する可能性があります。さらに発音もしにくくなるので、日常会話にも支障が出てくることもあります。

このように、歯が抜けたまま放置することは、何一ついいことはありません。噛み合わせが乱れないうちに、早めにブリッジや入れ歯、インプラントなどの治療方法で歯を補いましょう。

歯のブリッジ治療のまとめ

歯のブリッジ治療は、抜けた歯の両隣の歯を支柱として、橋をかけるように人工歯を取り付ける治療法です。歯を補う方法を迷っている場合には、そのメリットとデメリットをよく知り、ぜひ長期に渡って自分の歯の健康と日常生活のことも考えて検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯の健診の画像

    歯を失った時の再建方法とは

  2. 困った顔の女性の画像

    歯を1本失った時に起きるリスクとその治療法

特集記事

  1. 入れ歯
  2. 歯が痛い_外国人_女性_20160523
  3. 口元を隠す
  4. ホワイトニング照射_20160522
  5. セラミッククラウン

記事一覧

PAGE TOP