セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの違い

セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの

みなさんは、普段、歯の白さをどれくらい意識していますか? 実は歯の白さは、第一印象を大きく左右するといわれているのです。「私は相手の歯の白さまで見ていない!」と思うかもしれません。でも、もし相手が思いっきり笑ったときに、相手の歯が黄色くくすんでいたら、「あれ…?」と思ってしまいませんか。

真っ白な歯は清潔できちんとした印象を与え、ビジネスシーンにも、人付き合いにも良い影響を与えてくれます。

そこで今、トレンドになっているのが「セルフホワイトニング」です。歯科医院で行われるホワイトニングとどう違うのでしょうか。早速確認していきましょう!

セルフホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、歯を白くすることをいいます。ホワイトニング剤などを使用して歯に染み込んだ色を白色にして見栄えをよくします。

ホワイトニングには、主にオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、セルフホワイトニングがあります。

  セルフホワイトニング オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
場所 専門店、サロン、歯科医院など 歯科医院 自宅
料金 1回1,000~5,000円程度 1回数万円程度 2週間分で数万円程度
痛み 痛みはほとんどない 多少知覚過敏のようなズキズキとした痛みを感じることがある 痛みはほとんどない場合が多い
薬剤 ポリリン酸・メタリン酸・酸化チタン・重曹など 過酸化水素  過酸化尿素

オフィスホワイトニングは歯科医院で行われるものですが、ホームホワイトニングは歯科医院で処方された薬剤とマウスピースを使用して、自宅で毎日続けて行うものです。ホームホワイトニングでは、使用するホワイトニング剤が歯科医院で使用するものとは異なります。

そして最近、新しく注目されているのが、セルフホワイトニングです。歯科医院へ通院することは不要で、街の専門店やサロンなどで気軽に受けられます。ただ、使用するホワイトニング剤が異なっています。専門店やサロンでは医薬品は使用できないため、酸化チタン、重曹、ポリリン酸、メタリン酸などが使われます。これらは歯を漂白するものではなく、歯の表面の汚れを取る程度のものです。

セルフホワイトニングができる場所

セルフホワイトニングができる場所

セルフホワイトニングは、現状、次の場所で行うことができます。

セルフホワイトニング専門店

よく街の一角に店舗を構えており、お出かけ前・通りすがりなどにサッと立ち寄って、スタッフの説明を受け、手順にしたがって自分自身でセルフホワイトニングを行えます。

エステティックサロン

一般的なエステティックサロンで、セルフホワイトニングのメニューが用意されていることもあります。

歯科医院

歯科医院の中には、オフィスホワイトニングなどとは別に、患者が自分で行うセルフホワイトニングのメニューが用意されていることもあります。

歯科医院のホワイトニングとの違い

セルフホワイトニングと歯科医院で行われているオフィスホワイトニングやホームホワイトニングは、どう違うのでしょうか。

大きな違いは、使っているホワイトニング剤と照射するライトです。

歯科医院では、主に過酸化水素と過酸化尿素を使用します。オフィスホワイトニングの場合、主に過酸化水素を含む薬剤を一歯ずつ丁寧に塗布していきます。そして、すべて塗り終えた後、専用のレーザーの光を当てて薬を活性化させます。これにより漂白効果を得ることができます。

また、ホームホワイトニングでは、歯科医院で処方された薬剤を自宅に持ち帰り、マウスピース状のトレーに入れて、そのまま歯に一定時間装着します。自宅で毎日続けることで、だんだん漂白されていきます。

セルフホワイトニングは、薬剤を自分で塗布して、その後、LEDライトなどの光を照射してホワイトニング効果を得るものです。自分で行う点については、ホームホワイトニングと似ていますが、光を当てるという点で異なります。

使っている薬剤や歯科医師などの専門家による指導などがないため、セルフホワイトニングは比較的安価受けることができます。

歯科医院のクリーニングとの違い

セルフホワイトニングは、歯科医院で行われているクリーニングとはどのように違うのでしょうか。歯科医院のクリーニングは、虫歯や歯周病菌の原因となる、歯石・歯垢を取り除くものです。よって、ホワイトニングとは基本的に目的が大きく異なります。

確かにクリーニングを行うと、歯の表面が白くなることがありますが、これは漂白による効果ではありません。

セルフホワイトニングの効果は?

セルフホワイトニングの効果

セルフホワイトニングに興味がわき、実施してみようと思った方は、その効果が気になることでしょう。実際、どれほどの効果があるのでしょうか。

よくいわれるのが「生まれ持った歯の白さを取り戻せる」というものです。歯科医院でのホワイトニングは、歯を漂白するため、場合によっては生まれつきの歯の白さよりも白くなることもあります。その点、医薬品を使用できない一般的な専門店やサロンのセルフホワイトニングの薬剤では、歯科医院と比べれば効果がそれほど期待できません。ただ、体験談などを見ていると、確かに黄ばんでいた歯が白くなっているケースもあるため、効果がゼロではないのも事実です。

個人差がありますが、1回の照射で2~4トーンほどアップするといわれています。

セルフホワイトニングに痛みがあるって本当?

セルフホワイトニングは、痛みを感じることはないといわれています。ホワイトニングというと、薬剤が歯に染みるといった悩みをよく耳にします。その点、セルフホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院のものよりか弱いものなので、染みることはないと考えていいでしょう。

また、歯科医院のオフィスホワイトニングでは強い光を照射することで、ズキズキとした痛み感じるということもあるようです。その点、光を照射するといっても弱い光であるセルフホワイトニングなら、痛みを感じることはないでしょう。

セルフホワイトニングの施術時間は?

セルフホワイトニングは、多くの場合30分程度で終わります。エステティックサロンの場合、初回はカウンセリングを行うため、トータルで1時間ほどかかることがあるようですが、実際のホワイトニング時間は30分ほどです。

セルフホワイトニングの施術の間隔はどれぐらいが最適なの?

セルフホワイトニングの施術の間隔

セルフホワイトニングの頻度は明確に決まっていません。多くの場合、はじめは数回にわたって通い、ある程度理想的な白い歯になるまで続けるようです。その後、また着色汚れが気になる頃に、月に1~2回というペースで通って、白い歯をキープするというのが一般的のようです。

セルフホワイトニングは何回する必要があるの?

セルフホワイトニングは、特に回数は決まっていません。また、はじめの歯の色に応じて決まってくるものです。たった1回で歯の色が理想的な白さになる人もいれば、3~4回行ってようやく白くなってくる人もいます。週1回、3~4回通うと歯に付着した汚れが落ちて白くなるといわれています。

セルフホワイトニングのメリット

これまで見てきた通り、セルフホワイトニングはさまざまなメリットがあります。そのメリットをまとめてみましょう。

安価で気軽に実施できる

セルフホワイトニングは、5千円前後で受けられる気軽なホワイトニングです。効果の点で歯科医院のホワイトニングよりは劣りますが、安価に済ませたい、まずはホワイトニングを試してみたいという場合におすすめです。

また、セルフホワイトニングは、一度オフィスホワイトニングやホームホワイトニングを受けた後、定期メンテナンスとして利用している人もいるようです。気軽に続けられるセルフホワイトニングと歯科医院のホワイトニングとを併用するというのは賢い利用方法といえます。

痛みがない

セルフホワイトニングで使用する過酸化水素などの薬剤ではないため、染みることや痛みが出ることはありません。ただ、その分、ホワイトニングの効果が落ちる点も念頭に置いておきましょう。

施術後もすぐに食事ができる

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングの場合、施術直後はとくに色素の影響を受けやすいため、できるだけ色素が強い食品は避ける必要があります。

また、48時間くらいにわたって、歯の中で白く反応していきます。よって、2日ほどは食事に注意しなければなりません。その点、セルフホワイトニングは、終わった直後からとくに制限なく食事が可能です。

セルフホワイトニングの注意点

セルフホワイトニングの注意点

ここまで見てきて、おそらく、一度は、セルフホワイトニングやってみたい!と思った方も多いのではないでしょうか。そこで、セルフホワイトニングを実際に受ける際に注意しておきたいことをご紹介します。

セルフ式であることを知っておく

セルフホワイトニングは、その名の通り、すべて自分で行います。歯科医院のように椅子に座って口を開けていれば終わりというものではありません。歯を磨き、薬剤を塗って、光を浴びる工程をすべて自分で行います。もちろん、スタッフさんがやり方を教えてくれますが、自分で行うという点を覚えておきましょう。

効果は歯科医院のホワイトニングに劣る

セルフホワイトニングは、先ほど紹介した通り、歯の漂白をするものではありません。自然な白さを手に入れられるメリットはありますが、それが理想的とは限りません。本当にホワイトニング効果を得たい場合には、歯科医院で受けたほうが早いということもあります。

自分が行いたいホワイトニングの効果をよく考えて、適当なものを選びたいですね。

セルフホワイトニングまとめ

セルフホワイトニングは、手軽に受けられるホワイトニングです。薬剤を歯に塗り、光を照射するところまで自分で行うもの。安価で街の専門店やサロンで手軽に受けられるので、まだホワイトニングを受けたことがない人におすすめです。

すでに歯科医院のホワイトニングを受けたことがある人も、歯の白さを継続させるために、セルフホワイトニングを併用するというのもいいでしょう。

うまく使い分けて、歯の理想的な白さをキープしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯並び

    ポリリン酸配合のホワイトニングする歯磨き粉

  2. マウスピース装着シーン

    ホームホワイトニングでもLEDライトを照射でホワイトニング効果アップ!

  3. 外国人_女性

    歯のホワイトニングで失敗しないコツ

  4. オフィスホワイトニング

    オフィスホワイトニングってどんな治療?

  5. ホームホワイトニングとは

  6. ホワイトニング_ビフォーアフター

    歯のホワイトニングとは

  7. 白い歯のビフォーアフター

    黄ばんだ歯にならないための予防法とは

  8. ブライダル_外国人_女性

    結婚式前に必ずやっておきたい歯の集中ケア

  9. 自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

    自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

特集記事

  1. 小児_ワイヤー矯正
  2. 親知らず
  3. 入れ歯
  4. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  5. 歯並びが綺麗な女性

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  2. 親知らず
  3. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  4. 歯のブリッジ治療
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. 歯ぎしり・食いしばり
  7. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  8. 入れ歯の種類とメンテナンス方法
  9. 歯茎の黒ずみを解消!ガムピーリングってどんな治療?

当サイトおすすめの記事

  1. 日本人女性_歯みがき フッ素コート歯磨きジェル「ジェルコートF」で虫歯・…
  2. 外国人女性 発音・発声を歯科矯正で改善できるの?
  3. エステティックデンチャーの画像 エステティックデンチャーとは
  4. 外国人_女性 歯のホワイトニングで失敗しないコツ
  5. 歯間ブラシの正しい選び方と使い方
PAGE TOP