入れ歯の種類とメンテナンス方法

入れ歯の種類とメンテナンス方法

入れ歯と聞くと、お年寄りのイメージがありますが、実はそうとも限らないのです。虫歯や歯周病、事故などで大事な歯や歯肉などが失われたときに、代わりに人工の歯やさまざまな素材の装置で補うものが入れ歯です。

とくに今は、審美性の高い入れ歯や、噛みやすい入れ歯など改良され、良いものが多くあります。今回は、この入れ歯について詳しくみていきましょう。

入れ歯って何のために入れるの?

入れ歯は、正式には「義歯(ぎし)」と呼ばれるもので、失った歯の代わりに入れます。歯を失うのは加齢によるものばかりではなく、虫歯や歯周病、事故による破損なども含まれます。よって、高齢者だけでなく、若い人も入れ歯を利用することもあります。

入れ歯を入れる目的は、歯がない、もしくは歯の形態がよくないという見た目を改善すること。そして口腔内の機能を回復することです。歯は、食事をするときに使いますが、実はおしゃべりをするときにも使います。きちんとした発音で、正確に発声するためには、歯が抜けた状態ではむずかしいのです。

また、歯が抜けた状態を放っておくと、周りの歯にも悪影響を及ぼし、全体的に歯並びが悪くなってしまう恐れもあります。

入れ歯、つまり義歯を入れることは、健康的かつ、水準の高い社会生活を送るために必要不可欠であるといえます。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯と総入れ歯

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。

部分入れ歯について

一部だけ、歯の欠けている部分を補うために入れる入れ歯です。周りの歯に、金属のバネを引っ掛けて固定して取り付けるのが一般的です。床という歯肉のようなところに人工歯が取り付けられています。

総入れ歯について

文字通り、歯すべてを補うための装置です。自分の歯が一本も残っていない場合に適用されます。

入れ歯の素材の種類

入れ歯には、さまざまな素材があります。主に次のようなものが一般的です。

レジン床義歯とは?

レジン床義歯

レジンとは、合成樹脂・プラスチックのことで、よく歯科治療で詰め物などに使われる素材です。最も一般的な入れ歯に使われる素材です。

特徴としては、修理がしやすいメリットがあるものの、汚れやニオイがつきやすく、さらに壊れやすいという難点があります。また、食事でものを口に入れたときに、温度を伝導する力が鈍いことから、熱い・冷たいが感じにくいところがあります。

壊れやすい難点をカバーするために、床という固定する部分を厚く設計する必要があるため、違和感を生じることがあります。

エステティックデンチャー(ノンメタルクラスプデンチャー)とは?

エステティックデンチャー(ノンメタルクラスプデンチャー)

とても自然な見た目の入れ歯です。入れ歯というと、通常、金属の留め具である「クラスプ」がついているのが一般的ですが、このエステティックデンチャーはこのクラスプ不使用の審美性に優れているメリットがあります。金属は、笑ったり口を大きく開いたりしたときに目立つため、見た目を気にする方からは敬遠されていました。

このエステティックデンチャーは、その金属のクラスプを特殊なプラスチックにすることで目立ちにくくしたものです。また、素材は、樹脂で薄く、柔軟性に優れており、口の動きにフィットしやすいメリットもあります。また、耐久性にも優れており、壊れにくさもあります。エステティックデンチャーは、自然な入れ歯を実現します。

金属床義歯とは?

金属床義歯

金属床義歯とは、レジン床義歯の、床部分の素材をプラスチックから金属に変えたものです。レジン床は厚いため、金属にすることで3分の1~4分の1にまで薄くすることが可能です。よって、装着時に違和感が少ないのが特徴です。ニオイがつきにくいのもメリットです。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯は、保険診療で行える場合と、自費診療の必要がある場合とがあります。

保険診療で行えるのはレジン床義歯で、自費診療になるのがエステティックデンチャー(ノンメタルクラスプデンチャー)と金属床義歯です。

審美性や適合を考える場合、自費診療のほうが勝ります。エステティックデンチャーは装着部分に金属を使わないものであり、金属床義歯は床を薄くできるため、適合しやすいところがあります。

入れ歯は歯科医院での定期的なメンテナンスが必要?

入れ歯は、作ったきり終わりではなく、定期的に歯科医院でメンテナンスをする必要があります。とくに入れ歯は、装着している歯やその周辺に違和感が出たり、歯肉や歯の骨がやせ細ったりすることもあります。また、入れ歯の人工歯の部分がすり減ることもあります。

このように、入れ歯は部分入れ歯であっても総入れ歯であっても、定期的にメンテナンスを受け、口の中全体の様子を専門家に見てもらうことが大切です。

入れ歯のお手入れ方法と製品

入れ歯のお手入れ方法と製品

ところで、入れ歯にした場合、その入れ歯はどんな風にお手入れをすればいいのでしょうか。

入れ歯は、食事が終わるごとに外して、入れ歯専用のブラシを使い、流水でブラッシングをします。

また、寝る前には基本的に入れ歯は外して寝ます。同じくブラシで洗い、入れ歯専用の洗浄剤に浸して一晩置きます。これにより、付着した雑菌を除菌することができます。翌朝、よく流水で洗浄剤を流したら、また装着して一日をスタートします。

こうした入れ歯のお手入れには、次のような市販の製品がありますので、ぜひ探してみてください。

  • 入れ歯用歯ブラシ
  • 入れ歯用洗浄剤

入れ歯のメリットとデメリット

虫歯や歯周病、事故などで歯を欠損した場合、入れ歯だけでなく、ブリッジやインプラントなどの他の方法もあります。それらと比べて、入れ歯にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。確認しておきましょう。

メリット

  • 比較的安価にできる
  • 歯を削らずに済む
  • 取り外して洗うことができるので目で見てしっかりケアできる
  • 入れ歯部分は歯周病にならない

デメリット

  • 取り外して洗う手間がある
  • 外れやすい
  • 食べかすが隙間に入り込みやすい
  • 噛み合わせが悪くなったり、破損して作り直ししなければならないことが多い
  • クラスプが目立つことがある
  • レジン床義歯だと見た目の自然さが劣る

入れ歯の種類とメンテナンス方法のまとめ

入れ歯は、決して高齢者のものだけでなく、若い人にもさまざまな理由で取り入れられています。種類によって費用、審美性、適合などが変わってきますので、自分の歯と都合に合った最適なものを選びましょう。もちろん、ブリッジやインプラントなどの他の方法も含めて、検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 困った顔の女性の画像

    歯を1本失った時に起きるリスクとその治療法

  2. 失った歯

    もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

  3. 入れ歯

    入れ歯の痛みの原因と痛くない入れ歯の製作方法

  4. エステティックデンチャーの画像

    エステティックデンチャーとは

  5. 歯の健診の画像

    歯を失った時の再建方法とは

  6. 歯を失った状態

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

特集記事

  1. 銀歯
  2. オールセラミック
  3. 親知らず
  4. 歯のブリッジ治療
  5. ブライダル_外国人_女性

記事一覧

人気記事ランキング

  1. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  2. 歯ぎしり・食いしばり
  3. 歯茎の黒ずみを解消!ガムピーリングってどんな治療?

当サイトおすすめの記事

  1. 外国人_女性_ビューティー 大人からはじめる歯科矯正
  2. 親子 キス病って何?キスで歯周病や病気がうつる?!
  3. デンタルリンス 液体歯磨きとデンタルリンス(洗口剤)の違い
  4. 日本人女性_歯みがき フッ素コート歯磨きジェル「ジェルコートF」で虫歯・…
  5. 歯並び 大人の歯列矯正について
PAGE TOP