注目の記事 PICK UP!

インプラント治療とは

虫歯や歯周病、事故などが原因で歯を失ったときに、その失った歯の代わりとなる人工の歯を入れる必要があります。その人工の歯で代表的ものにインプラント、ブリッジ、入れ歯があります。その中で違和感が少なく、自分の歯のように咬むことができるものがインプラントです。

インプラントは骨にチタンなどでできたネジのような人工歯根を埋め込み、これを土台にして人工の歯を入れるため、ブリッジや入れ歯と比較し、隣接する歯を削ることがなく、みた目が自然なため審美性に優れます。

また、骨とインプラントがしっかり結合することで、咬んだときに骨に刺激が伝わるため、自分の歯と同じように咬むことが可能です。

インプラントについては長年様々な研究がされ、治療も進歩し、精度の高い治療が受けられるようになりました。そのため、歯を少数歯失った場合でも、全部失ってしまった場合でもインプラント治療を受けることが可能になってきました。

今回はこのインプラントについて説明したいと思います。

インプラントの構造

インプラントは3つのパーツで構成されています。

インプラントの構造

インプラント体:顎の骨の中に埋め込む人工歯根

上部構造:歯冠に代わる人工の歯

アバットメント:人工歯(上部構造を支えたり、連結する土台)

インプラント治療の方法

インプラント治療には1回法と2回法があります。

インプラント埋入時にインプラント体を顎骨に埋入後、インプラント体の上部にキャップを装着し、インプラントと骨がしっかり結合するまで待ちます。

そのキャップ部分を歯肉の中に埋め込んだ状態で待ち、結合後、改めて歯肉を開き、そのキャップを歯肉上に出す方法を2回法といい、インプラント治療ではこちらが主流になります。

また、この歯肉からキャップを出す方法を二次手術といいます。この二次手術を行わず、インプラント埋入時にキャップをすでに歯肉から出した状態でインプラントと骨の結合を待つ方法を1回法といいます。

この1回法と2回法にはメリット、デメリットがあり、2回法の場合はインプラントとキャップが歯肉の下にあるため、口腔内細菌による感染のリスクを低くすることができます。また、1回法は2次手術がないため、歯科麻酔をする回数を減らすことができます。

インプラント治療の流れ

診査、診断および治療計画

インプラント埋入を行う前に必ず行う必要があるのが、診査や検査です。まず、問診、口腔内診査、パノラマX線撮影、CT撮影を行い、インプラント治療が可能か診断し、治療計画を立てます。

インプラント体の埋入手術

顎の骨にインプラント体を埋入する手術を行います。埋入部位に局所麻酔を行い手術を行うため、埋入時の痛みはありません。

※インプラント埋入後、インプラントと骨が結合するまで待ちます。

上顎の場合は6か月、下顎の場合は3か月になりますが、現在様々な種類のインプラントがあり、インプラントの種類、骨質によって期間は異なります。

2次手術(2回法の場合のみ)

歯茎に局所麻酔を行い、歯茎を切開し、キャップを取り出し、人工歯の土台となるアバットメントをインプラント体に装着

型取り

上部構造の製作のためにインプラントも含めた、お口全体の型取りをします。

上部構造の装着

歯冠の形をした人工歯の上部構造を装着します。

メンテナンス

インプラント治療は上部構造が装着されて終了ではありません。

インプラントも天然の歯と同じように、歯垢や歯石が付着すると歯周病になります。また、装着した直後はインプラント部を気にかけているため、あまり強く咬まないことがありますが、慣れてくるにつれて咬む力も増していくため、咬み合わせが強くなります。その力が強すぎてしまうと、インプラントを支えている骨が吸収されてしまうことがあります。

このように歯周病にならないために、インプラントも天然の歯と同様に定期的な口腔ケアや咬合のチェックをするためのメンテナンス(定期検診)が必要不可欠となり、とても重要になります。

インプラント治療のメリット

インプラント治療のメリット

審美性に優れている

見た目は天然の歯と同じような仕上がりになり、審美的に優れます。

隣接歯を削らないため負担がない

ブリッジは隣接する歯を削り、その歯を支台として歯の欠損部を補うため、隣接する歯へ負担がかかります。

また、入れ歯も同じように入れ歯を支える歯に金具がかかるため、少量ですが金具がかかる部分は歯を削り、入れ歯を隣接歯が支えるため、欠損部の周りの歯に負担がかかります。しかしインプラントの場合、隣接歯は削る必要がなく、隣接歯に負担をかけることがない一番優しい治療です。

咬む力を80%回復でよく噛める

インプラント治療は咬む力は骨に伝達されるため、咬んでいる感覚がわかります。また、インプラントは天然の歯の80%近くまで、咬む力を回復することができると言われています。

今までの自分の歯と同じように咬むことができるため、食物をしっかりかみ砕くことができ、消化することができます。

他の治療法と比べ違和感が少ない

お口の中はとても敏感で、ほこりや髪の毛が口に入ってもわかるくらい繊細です。

ブリッジの欠損部はポンティックといいますが、長期間使っていると年齢ととに歯茎がさがり、隙間ができポンティックの下に食物が挟まったり、汚れがたまり違和感を感じることがあります。

また、入れ歯は人工歯やプラスチックの床の部分がどうしても天然の歯より大きくなってしまうため、歯茎と床の段差や大きさに違和感を感じることが多くなります。

しかし、インプラントは天然の歯とほとんど形が変わらないため、ブリッジや入れ歯と比較し違和感が少ないです。

入れ歯と比べ話やすい

入れ歯の場合はどうしても天然の歯と比較して大きくなってしまうため、入れ歯をいれてから慣れるまで時間がかかることがあります。また、入れ歯があっていない場合は、入れ歯が外れやすくなり、話すとき常に注意して話さなければならないことがありますが、インプラントは外れる心配もなく、また、大きさも天然歯と変わらないため会話を問題なくすることができます。

インプラント治療のデメリット

インプラント治療のデメリット

治療期間が長い

インプラント治療にはしっかり検査を行い、診査、治療計画を立てることが重要となるため、検査に時間を要することがあります。

また、インプラント埋入後に、インプラント体と骨が結合するまでに3~6か月かかります。そのため、歯を失ってすぐ咬みたいなどの強い希望がある場合、難しい治療です。

保険適応外となる

インプラント治療は特別な場合(口腔癌の再建治療など)を除いて保険適応外になります。

また、インプラント治療には高価な材料や特別な医療機器が使用されるため、治療が高額になってしまいます。しかし、インプラント治療は高額治療に認められているため、確定申告の際に申請すれば医療費控除を受けることができます。

診断によって適応外になることがある

糖尿病や高血圧、血液疾患などの全身疾患の場合は医科の担当医と相談し、手術の際に危険を伴うと判断されたときや、口腔内の清掃状態が悪くコントロールができない方は、インプラント治療が適応外となることがあります。

インプラント治療についてまとめ

インプラント治療は日々進歩しておりますが、費用も高額な上に、治療の難易度も高く治療期間が長期になるため、治療にあたる歯科医師の技術力はもちろん、相性も重要になってきます。

インプラント治療をする際には、安易に費用が安いといっただけで選ばず、必ず複数の歯科医師の話を聞き、最も信頼の置ける歯科医院で治療をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯の健診の画像

    歯を失った時の再建方法とは

  2. 困った顔の女性の画像

    歯を1本失った時に起きるリスクとその治療法

特集記事

  1. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  2. 歯の模型と人
  3. セラミックの差し歯
  4. 審美歯科の教科書ロゴ
  5. きれいな歯並び_20160523

記事一覧

PAGE TOP