注目の記事 PICK UP!

周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?

周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?

歯並びを人から指摘されているけれど、お金がかかるし面倒だからと諦めていませんか?しかし、最近は矯正中でも審美的に美しい矯正装置もあり、大人でも矯正しやすくなってきています。

また、歯科矯正を受けてみたいけれど、どんな風にするのかよく知らないから不安という方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回は、大人の歯科矯正の基本についてご紹介します。

大人のよくある歯並びの悩み

大人のよくある歯並びの悩み

歯がガタガタ、出っ歯が邪魔して口が閉じにくい、歯と歯が重なっているなど、出っ歯、すきっ歯、八重歯、受け口などの悩みはよくあります。

このような悩みがある中、子供の時から歯並びが悪かったけれど、直すチャンスに恵まれなかったという方や、大人になって家族や他人から指摘されて、やっぱり治したいという人は多いものです。

歯科矯正といえば、子どもが成長期の歯に対して行うイメージがありますが、大人でも矯正治療を受けることはできます。

見た目をよくするためだけでなく、噛み合わせを治すことも多くの大人が行っています。噛み合わせが悪いことを不正咬合(ふせいこうごう)と呼びます。

不正咬合は、ただものが食べにくいだけでなく、頭痛や肩こり、腰痛などの原因となることがあるため、注意が必要です。この不正咬合を矯正して治すという目的も、大人の歯科矯正では重要なポイントです。

大人矯正と子供矯正はどう違う?

大人矯正と子供矯正はどう違う?

大人になってからも歯科矯正を行い、綺麗な歯並びを手に入れた方もたくさんいます。この大人の矯正治療は、子供の矯正治療とどのように異なるのでしょうか。その違いをいくつか見ていきましょう。

歯科矯正の仕組みの違い

基本的に、矯正装置をつけて矯正をするのは共通していますが、子どもの場合、成長過程にあるため、骨格の位置のズレなどを調整することで、歯の矯正するのが基本になります。

一方、大人の場合、すでに歯を支えている骨「歯槽骨(しそうこつ)」などの成長は終わっているため、骨の成長による矯正ではなく、歯槽骨の新陳代謝機能を利用した歯の矯正を行います。

矯正期間の違い

大人矯正は、子供矯正と比べて、長くなる傾向があります。すでに歯の骨や歯並びができあがっているところを矯正するため、移動に時間を要するからです。

歯科矯正への意欲の違い

子どもの矯正治療は、主に両親などが子供の将来のためを思って矯正することがほとんどです。

小さな子供はそれほど口周りのことを気にすることが少ないものです。よって、大人が主導して、矯正させるという形になることが多くなります。そのため、子供は歯の矯正に対して意欲的ではなく、固定式の矯正装置は良いものの、自分で取り外せるタイプだと、なかなか着けたがらないこともあり、思うように矯正が進まないこともあります。

その点、大人は自分の意思で歯科矯正を受けることを決断し、目的を持って歯の矯正を行い、矯正費用は自己負担なため、矯正治療への意欲は子供と比べて高いことが多いです。

大人の歯科矯正のメリット

大人の歯科矯正のメリット

次に、大人が歯科矯正を行うと、どのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

美しい歯並びになることでの精神的な安定

歯列矯正のメリットは、何より、見た目が美しくなることです。

出っ歯や八重歯は愛嬌がありますが、本人からしてみれば口が閉じにくかったり、歯磨きがしにくかったり、人から指摘されたりと、困ることも多いものです。その長年の悩みが解消されるのは大きなメリットといえます。思いっきり歯を出して笑えるようになったと喜ぶ人も多いです。

治療計画が立てやすい

大人の矯正治療は、子どもと比べて成長過程に行うものではないため、予測が立てやすく、治療計画が立てやすいことがあります。

噛み合わせの改善で不調が改善も期待できる

噛み合わせが悪いと、頭痛や肩こりの原因になることもあるとお伝えしましたが、噛み合わせを改善すれば、こうした症状が改善されるかもしれません。

歯磨きがしやすくなるため、虫歯・歯周病予防につながる

歯並びがガタガタしていると、どうしても歯ブラシのブラッシングが行き届かない場所が増えるため、歯磨きの難易度が上がります。プラークが残りやすいため、虫歯や歯周病リスクも高まります。

歯並びを改善することは、間接的に虫歯・歯周病予防につながります。

大人の矯正装置ってどんなもの?

大人の矯正装置ってどんなもの?

大人の矯正装置は、従来のブラケットとワイヤー固定式やマウスピース式などのほか、大人が矯正治療を日常生活に支障なく、見た目も気にしないで済むための矯正装置が出ています。

例えば、歯の裏側に矯正装置をつける裏側矯正、透明で目立たない上に、取り外せるマウスピース矯正などがあります。

実際に矯正治療を受ける際には、自分が矯正したい歯列を矯正できるもので、自分が最も取り扱いやすいと思う矯正治療を選びましょう。

歯科矯正治療の流れ

次に、歯科矯正の流れを簡単にご紹介します。治療を受ける計画を立てる際の参考にしてみてください。

  1. カウンセリング
  2. 精密検査・診断(写真撮影・レントゲン撮影など)
  3. 治療計画・期間・装置・費用などの説明
  4. 歯のクリーニング
  5. 矯正装置の装着(約1~3年)
  6. 定期通院
  7. 歯科矯正後の保定装置の作成・装着(目安として矯正期間と同じ期間)

大人矯正のまとめ

矯正治療は、子供だけでなく、多くの大人も行っています。今では、大人が矯正治療を受けやすい装置や体制が整っているところも多いため、まずは矯正治療専門にしている矯正歯科へ問い合わせて、相談してみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯並び

    大人の歯列矯正について

  2. 口元を隠す

    歯科矯正中に起こる口臭の原因と予防法について

  3. 歯科検診

    歯の定期健診に行かないと起きるリスク

  4. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  5. ワイヤー矯正

    ワイヤー矯正の歴史

  6. マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

    マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

  7. 歯_コーヒー_20160629

    アメリカと日本の歯に対する意識の違い

  8. 日本人_女性_ 考える

    セラミック矯正治療の流れと治療後について

  9. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

    歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?

特集記事

  1. 歯のブリッジ治療
  2. 歯科ユニット
  3. 歯科ユニット
  4. 笑顔の女性
  5. 歯科検診

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 歯科_ハート キスをすると虫歯や歯周病がうつる!?
  2. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜん…
  3. エステティックデンチャーの画像 エステティックデンチャーとは
  4. 笑顔の女性 歯科矯正における審美歯科医師の技術力を見極める症例…
  5. 歯_コーヒー_20160629 アメリカと日本の歯に対する意識の違い
PAGE TOP