注目の記事 PICK UP!

歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方

歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方

歯並びが気になっていて、歯列矯正をはじめたいけれど、実際にどんな風に行うのか? どれくらい期間がかかるのか? 大人の歯でもちゃんと矯正できるのか?など、歯列矯正の基本的なことを知りたいという人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、歯列矯正を始める前の基礎知識と矯正歯科の選び方をご紹介します。

歯列矯正ってどんなことをするの?

歯列矯正ってどんなことをするの?

歯列矯正とは、歯並びや噛み合わせが悪い場合に、矯正装置を用いて、歯をゆっくりと時間をかけて動かすことで、正しい歯列に矯正していく方法です。

検査の結果、歯列矯正が必要であると診断された後、治療計画を作成されます。その後、矯正装置を装着して、歯列矯正をスタート。およそ、1~3年ほど矯正装置を歯につけることで、歯を動かしていきます。およそ1ヶ月ごとなどにブラッシング指導やメンテナンスのために通院します。

この歯列矯正は、矯正装置で強い力を加えて動かすわけではありません。歯の骨の代謝を利用します。歯の骨は、新しく形成され、古いものが吸収されるというサイクルを刻んでいます。新しい骨が形成されたときに、矯正力を歯にかけることで、新しく作られる歯の骨が正しい位置になり、その結果、歯が正しい理想的な位置に移動するのです。

歯列矯正を始める前に知っておきたいこと

歯列矯正について、もっと具体的にみていきましょう。

歯列矯正ってどれくらいの期間がかかるの?

歯列矯正の期間

歯列矯正は、先ほどもご紹介した通り、歯の骨の代謝を利用するものなので、歯の骨が生まれて吸収するサイクルを経験するために、一定の期間が必要になります。

歯が動くスピードは、一か月に1ミリ程度なので、理想的な歯並びにするには、1~3年かかるのが一般的です。

歯列矯正の流れ

歯列矯正の流れは、一般的に次のような流れで行われます。

  1. カウンセリング
  2. 歯の検査・レントゲン撮影
  3. 治療計画・矯正費用の説明
  4. 歯列矯正の開始・矯正装置の装着(1~3年くらい)
  5. 3~6週間に1回程度の通院(ブラッシング指導・メンテナンス)
  6. 歯列矯正後に、後戻り防止のための保定装置の装着(目安として歯列矯正にかかった期間と同等の期間)
  7. 保定装置の装着後は歯科医院によりますが、半年間隔で後戻りの確認とクリーニングでの通院

矯正歯科や矯正する歯の状況によって内容・矯正期間は異なりますが、おおよそ、このような流れで行われます。

歯列矯正の費用相場は?

歯列矯正の費用相場

歯の歯列矯正の費用相場は、およそトータルで約80~100万円くらいが相場です。矯正装置は100万円前後するのが一般的です。

歯列矯正は、通常、健康保険が適用されません。健康保険が適用されるのは、基本的に、病気を治す目的である治療になります。

歯列矯正は、歯の見た目を美しくするためのもので、病気やケガではないために、保険適用外となるのです。よって、初診料、検査料、診断料などはすべて自己負担になります。ただし、一部、先天異常や額変型症など、保険が適用されるケースもあります。

矯正歯科選びが重要

矯正歯科選び

歯列矯正は、基本的に自由診療になるため、矯正歯科によって費用が変わってきます。また、扱っている矯正装置の種類や、矯正に必要なレントゲン代も無料なところもあれば、有料となるところもあります、そして定期検診代もまちまちで、矯正歯科によって大きく異なります。

よって、歯列矯正を受けたいといった場合には、矯正歯科を複数検討し、費用感も、矯正治療の面でも、自分に合った矯正歯科を選ぶことが賢明です。

矯正歯科を選ぶポイント

では、実際に歯列矯正を受けたいと思ったら、どのような基準で矯正歯科を選べばいいのでしょうか。いくつか、その選ぶポイントをご紹介します。必ず複数の矯正歯科に一度訪れて、話を聞きながら、これらのポイントに照らし合わせてみるといいでしょう。

歯科医師の臨床経験が豊富か?

歯科医師の臨床経験

自分が治したい歯列と同じような症例が過去にあり、実績があるところにしましょう。症例写真を多数公開していれば、仕上がりも見ることができます。過去事例があれば、治療方法や矯正期間、矯正費用の相場などを知ることができます。

矯正の経過の情報共有をしてくれるのか?

情報共有

歯列矯正は、ゆっくり行われるため、自分ではどれくらい変化があるのか分かりにくいものです。初診のときから、治療計画に至るまで、しっかりとその情報を共有してくれる歯科医師のいる矯正歯科を選びましょう。もちろん、治療前にかかる矯正期間と矯正費用をしっかり明示してくれるかどうかは重要な見極めポイントです。

緊急のときの対応をしっかりしてくれるか?

緊急対応

歯列矯正中は、何が起こるか分かりません。例えば、矯正装置が外れてしまい、口腔内が傷ついてしまうことも。そこで、緊急時にも迅速に対応してくれるかどうか、体制が整っているかどうかも重要です。診療日や診療時間なども確認しておくと良いでしょう。矯正歯科によっては年中無休のところもあります。

衛生管理は徹底されているか?

衛生管理

矯正歯科も医療機関です。器具の消毒や滅菌、掃除が行き渡っているかなど、衛生管理がきちんとされているかも、訪問時に必ずチェックしておきましょう。

歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方まとめ

歯列矯正が初めての場合、矯正費用の相場や期間、装置のことなど、基本的なことは一通り知っておきたいものです。また、矯正歯科を選ぶ際には、ぜひ複数の歯科医院に実際に訪れてみて、さまざまな角度から比較検討するのをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 外国人_女性_ワイヤー

    ワイヤー矯正について

  2. マウスピース矯正中の画像

    世界400万人以上の実績!インビザラインのメリットとデメリット

  3. 歯並びが綺麗な女性の画像

    アソアライナー(マウスピース矯正)について

  4. 歯科検診

    歯の定期健診に行かないと起きるリスク

  5. マウスピース矯正装置を装着する画像

    マウスピース矯正の種類っていくつあるの?

  6. 外国人_女性_20160523

    セラミック矯正治療で何ができる?

  7. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  8. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決

    歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決

  9. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701

    反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ) – 受け口 | 歯並びの症例

特集記事

  1. 歯の模型と人
  2. ホワイトニング照射_20160522
  3. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  4. 歯科検診
  5. セラミックの差し歯

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  6. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方 歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方
  2. 空隙歯列(くうげきしれつ)-すきっ歯_20160701 空隙歯列(くうげきしれつ) – すきっ…
  3. 過蓋咬合(かがいこうごう) 過蓋咬合(かがいこうごう) | 歯並びの症例
  4. 八重歯 叢生(そうせい) – 八重歯・鬼っ歯 …
  5. 白石 文(しらいし あや)歯科医師
PAGE TOP