親知らずのリスクと治療法

親知らず

親知らずとは?

親知らずは、正確には第三大臼歯、もしくは智歯といって、永久歯のなかで通常生えている一番奥の歯である第二大臼歯、別名12歳臼歯の後ろに生える歯のことをいいます。

昔は人が硬いものを食べ、顎が発達していたため、この第三大臼歯もしっかりと生えていることが多く、虫歯にならなければ噛む力のある歯として問題なく使用されていました。

しかし、現代では食べ物が柔らかくて、栄養価の高いものが増え、咀嚼自体が弱くなり、顎も発達せず、親知らずが生える場所がなく埋まっている方も多いことでしょう。

人によっては完全に退化してしまい、存在すらしていない方もいらっしゃいます。

親知らずは悪者?

そんなことはありません、前述したように真っ直ぐ生えていれば、噛む力を担う役割を果たし、虫歯や歯周病にならなければ無理して抜くこともないでしょう。また、元々ないからといって、病気というわけでもなく、それによって食事ができないということはありません。

問題になるのは、一番奥であるがゆえに、歯磨きがうまくできず、虫歯や歯周病になってしまった親知らずと、虫歯や歯周病にはなっていないが、真っ直ぐ生えていない親知らずです。

親知らずの治療方法は?

歯科ユニットに座る女性

親知らずが虫歯になると、通常の虫歯治療が行えないことが多いのです。

歯科医院で使用する機械が虫歯まで届かなかったり、治療中のつばよけが困難なため防湿がしづらく詰め物がとれやすいこともあります。また、歯肉に半分近く埋まっていることも多いため、少し触れただけで出血することもあります。

こうした治療の難しさから、何度も通院回数や期間、治療費用をつかって治療するというよりも、抜歯してその手前の12歳臼歯(第二大臼歯)を磨きやすくし保存する法を選択することも多いのです。

虫歯にはなっていないけれど傾いている親知らずが与える影響は、手前の歯の列を押すことで前歯の歯並びがずれてきてしまうことや、手前の12歳臼歯(第二大臼歯)との間が磨きづらく、歯肉炎や歯周病のリスクをあげてしまうことです。

この場合、傾きを直したいところですが、矯正などの方法でも、骨の厚い奥歯部分は歯を動かしにくく、治療方法としては抜歯を選択することになるでしょう。

親知らずの抜歯のリスク

抜歯

さて、ここで抜歯と簡単に言いましたが、親知らずの場合、抜歯自体にも注意点があります。まず、物理的に奥になるため、見えにくく抜歯自体も難航しやすくなります。

さらに、親知らずの周囲には太くて大切な下顎神経と動脈が走っています。そのため、抜歯の際のリスクとして、それらの血管や神経に触れる可能性もゼロではありません。

これらに触れてしまうと、大出血や、止血ができなかったり、顎の感覚の麻痺がしばらく、もしくはずっと残ることがあります。

親知らずの抜歯となりましたら、CTなどの設備があり、万一の事態でも救急対応のできる口腔外科での抜歯をおすすめします。

抜歯に伴う痛み、出血、腫れについて

歯の痛み

続いて、抜歯前、抜歯中、抜歯後の痛みについてです。

親知らずが痛い、抜歯が本当に辛かったという声をよくききますが、実際ほかの歯の抜歯にくらべ親知らずは腫れ、出血、痛みのリスクが高くなります。

抜歯前はブラッシングがしにくいため、虫歯や歯肉炎が起きていることが多く、腫れ、出血、痛みを伴います。

抜歯時に炎症が起きてしまっていると、麻酔が効きにくいため、痛みがあり出血、腫れも出やすいです。また、近くに大きな動脈があるため、治療のリスクが高いです。

抜歯後は、親知らずが骨の厚い奥に埋まっているため、機械で骨を少なからず削って抜歯することがあります。これは骨折のメカニズムに近いため、術後大きく腫れて痛みがでやすいです。

このように、親知らずはなにもなくともリスクがある中、さらに炎症反応が起きていると抜歯の辛さも増します。

妊娠前に親知らずの抜歯がおすすめ

女性に関しては、妊娠・授乳をしていると炎症を引かせる抗生物質や、痛みを和らげる痛み止めの服用もできず、さらに麻酔も使えないことで、抜歯もできないという状況に陥ることもあります。

そのため、できるだけ妊娠前に、下顎神経や動脈との距離や親知らずの傾き具合、清掃状態などをよく歯科医師と話し合い、事前に抜歯ができる場合は抜いておいたほうがいいこともあります。

親知らずについてのまとめ

虫歯や歯周病になった親知らずをそのままにしておくと、細菌や炎症が顎や血管から全身に回り、重篤な合併症を引き起こす可能性おゼロではありません。しかし、コントロールができていれば、親知らずは悪者ではないのです。

一度、歯科医院で親知らずの状態や磨き方チェックをしてもらい、見えない方はレントゲンで確認や、歯磨きの仕方をおさらいしてもいいでしょう。

そのうえで、ケアの仕方や、適切な抜歯のタイミング、放置しても大丈夫なのかどうかなど、相談しておくと最悪の事態を避けることができますし安心ですね。何事も悪化する前に、正しく知り、いざというときに備えることが大切です。

また、親しらずの抜歯は保険が効きますので、1本数千円での抜歯が可能です。ただし、口腔外科などで鎮静麻酔下で行う抜歯の場合は、保険が効かないこともありますので、治療を受ける歯科医院にご確認ください。

「痛みへの恐怖心を和らげたい」「仕事を休めないから4本全部まとめて抜きたい!」という場合には、鎮静麻酔と入院を併用して一気に傷みなく、安全に抜くことも口腔外科なら可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 笑顔の女性の画像

    口臭の原因と予防について

  2. 口腔内の痛み

    口内炎の原因と治療法

  3. 歯科_ハート

    キスをすると虫歯や歯周病がうつる!?

  4. 虫歯の症例写真

    虫歯を放置すると命の危機になるかも!?

  5. 歯科医師_日本人_女性_20160522

    歯医者が絶対やらない歯のこと

  6. 反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)】 - 受け口・しゃくれ_20160701

    反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ) – 受け口 | 歯並びの症例

  7. オーラルケアの正しい基礎知識

    オーラルケアの正しい基礎知識

  8. テトラサイクリン歯 2016/7/28

    テトラサイクリン歯ってなに?どんな治療法があるの?

  9. 外国人女性

    発音・発声を歯科矯正で改善できるの?

特集記事

  1. 歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方
  2. ブライダル_外国人_女性
  3. セラミックインレーの画像
  4. セラミック歯
  5. 歯並びが綺麗な女性の画像

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  2. 親知らず
  3. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  4. 歯のブリッジ治療
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. 歯ぎしり・食いしばり
  7. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  8. 入れ歯の種類とメンテナンス方法
  9. 歯茎の黒ずみを解消!ガムピーリングってどんな治療?

当サイトおすすめの記事

  1. 銀歯 歯科医師が銀歯を入れない4つの理由
  2. 口の乾き 口の中乾いてない?ドライマウスの原因と予防について…
  3. 歯科ユニット 歯科治療における保険診療と自費診療の違い
  4. 審美歯科の教科書ロゴ 上下顎前突(じょうかがくぜんとつ) | 歯並びの症…
  5. 女性の小顔画像 小顔になる歯科治療について
PAGE TOP